美湖母湖

びこぼこぶろぐ

何気ない土曜でしたが

今日は祭りの本宮ですがあいにくの空模様。昨日、ちょい車走らせ思ったりしたこと投稿します。んで、祭り関係はまだ行なわれていないので夕方もしくは明日にでも・・・

カラオケ屋さんも最近行かないですし、仕事が夜のお仕事もし始めてから(元々もそうなんですが)飲みにも行かない関係でそこで歌うこともしないんで、ここ数年マイク・・・握ったことないです

愛知川沿いにある住宅、この付近には友人「やまかん」のご実家もあったりで若い頃よく遊びに寄せて頂いていました。彼とは食品会社で一頃同じ社員していまして共に食品の勉強したことがありました。そう思うと35年ほど前が懐かしく思います

今、屋号が頭に残りそうなカメラ屋さんですが昭和時代からずっと地域の方に愛されているお店です。店長は顔立ちも精悍な暁輝雄さん(宮川左近ショーの三味線担当)のような男前でいらっしゃいました

友人「あきちゃん」のカメラ屋さんと新町の通り。この近くに住んでいた幼なじみ(現在別の場所に住んでいる)も多く、「まちゃ」とか今も交流ある幼友達がいます。この付近に住んでいた友人知人が家が狭いとかの理由もあるが引っ越した最大の理由は車置く場所がなかったこともあったと聞きました。当時でさえも「マイカー時代」と言われて久しいですが、彦根市の旧市内は駐車スペースにこのときから苦労していました

クラウンと言うと皆さんどういったこと思い出しますか。この写真の運送会社、車、パチンコ屋さんの屋号、昔県内某所にあった回転寿司、仲の良い男女が行くホテルなど。昭和50年代、彦根市内土木建設関係を中心にまるで3つのセットのように言われていたのが「クラウン・ロレックス・オールドパー」でした。しっかり稼いでいつかはクラウン、腕には高級なロレックス、そして政治家の田中角栄さんが愛飲していたオールドパーを自分もまねてと言う感覚で・・・それが後からのバブル時期になると愛人さんができたりし「マンション・猫・ベンツ」になりました。マンションは彼女に住んでもらう為、猫は会えないときに寂しいと思わないように、ベンツは彼女を迎えに行くときってな具合に・・・時代でしたわな

タイトル :
名前 : URL :

トラックバックURL