土曜小ネタ集

昨日コンテナハウス設置業者との打合せなどに追われた一日でした

dscn6719.jpg

このお店の店長さん昨年末にやめらました。いろんな事で(特殊商品の取り寄せなど)でお世話になりました

dscn6724.jpg

仕事柄冷凍車乗る人達と話すことも多いです。三菱の冷凍車は車体が他メーカーさんに比べ軽いとのことです。

dscn6772.jpg

これはよそさんの田んぼにて見かけた札です。このように田んぼにも住所があり、番地まであります。こういったことは百姓し始めた15年ほど前から知っていましたがそれ以外のこと知らない私は3年前農業の集落代表(農業組合長、旧名称改良組合長)したときむちゃくちゃ大恥かいていました。組合長会議で「水張り面積」という意味分からずJA組合長さんに何のことですかと会議で聞いて「えらいひとが躰光寺から組合長・・・選ばれたものだ」と思われついでに「8・1調査(はちいち調査)ってなんですか?」と聞いたとき「としおさん(義父)から何も聞かされてないの?」とドリフのいかりや長さんのセリフ「だめだこりゃ」が聞こえそうな雰囲気でした 

dscn6774.jpg

移動販売で食品などを売り歩くことを業界の一部では(主に関西などで)「ぶりうち」なんて言います。私も商売のスタートは冷凍食品を販売からでした。おおよそ5年ほど行なっていました。業務用食品を小分けすると皆さん珍しいのも手伝ってよく売れました。その時よく売れた品は、ヤヨイの「かぼちゃサンドフライ」、理研の「花ざいく」、創味の「シャンタン」 旭フーズの「たっぷりハニーコーン」、あさひの「もみのり(おにぎり海苔のような味付け海苔で刻んでいるのとは違う)」などでした。中でもOと言う会社の牛乳と合わせるだけの品はむちゃくちゃ売れました。前いた会社と同系列の会社から仕入れていた関係で品物の内容はよく知っていましたので、新たに売れそうな品を探す手間も省け「何が売れるだろうか」などの勉強せずに数年間過ごせました

dscn6776.jpg

とある仕出し屋さんのバックドアというか業者、店の方々の出入り口。お店と言ってもいろんなのがあり匂いなどもまちまちです。寿司屋さんや仕出し屋さんはいわゆるお酢や鰹だしの後のかつおのにおいなどがしますし、中華料理関係ではうまく表現できないが香油のにおい、洋食屋さんはいろんなソース(デミグラなど)のにおいがしたりします。最近、いわゆるチェーン展開しているお店に入ってもそういうにおいしなくなったなあと感じます。とあるお店を数店舗経営しておられるオーナーさんから聞いたことあるのですが、本部の厨房で作り上げた品を各店舗に運び暖めるなどするだけの「セントラルキッチン方式」が主流になり、各店で仕込まないからじゃないかなとのことでした。数店舗が各仕込みするとどうしても味がまちまちになる、もしくはそこのスタッフが独立したときそこのレシピそのものを自分の店で活かすのを防ぐためとも話されていました。実際彦根市内で店オープンされた方が前いた店のレシピ盗んだなどとけんかになりえらいめめた事ありました。独立した人の頭の中、体に覚え込ませたのは盗んだことではないので前のお店のオーナー、もの凄く悔しがり出入りする業者に「あそことはつきあうな」「つきあうんだったらうちとの取引はご遠慮願う」なんて言ったりされていました。 食品、卸にせよ外食にせよこの業界では良くあることです

dscn6777.jpg

この写真に写るドラッグストアやスーパー、そしてこの後ろには業務用食品量販店がありますが、共通点は岐阜県が本社なんです。岐阜は競争する(例えば価格競争)時など凄いバトルを展開し、共倒れ、もしくは道連れにするくらいの勢いで競争されます。それが故に岐阜の地方に行くとドラッグストアが多いです。岐阜の方でその中の店舗の店長さんに聞いたことがあるのですが、元々スパーがあったが競争し尽くし両者とも、もしくは数件採算に合わなくなり全部撤退し地元の方が困るからとドラッグストアがお野菜なども売り始めたと聞いています(以前テレビでもそのこと放映された)。商売上仕入れるときの値段などで。岐阜の方々のいわゆる駆け引き抜きの「直球勝負」、私大好きです。「これを〇〇円で如何ですか?この価格がうちの限界です」それを聞いた私の答えは値引きなどでなく買うか買わないかだけなんです。

dscn6779.jpg

先日の商工会の旅行でご一緒させて頂きました。気さくな方です

dscn6780.jpg

県内ではNo-1のこの銀行も数年かけて店舗閉鎖して行かれると聞きました。現行、令和の時代に半分くらいになってしまうんじゃないかな?

dscn6782.jpg

八日市駅前、又次のお店が出来るようです。

dscn6784.jpg

こうしたドライブスルー苦手でして、いつもマイクに向かって「あわわあわわ」と滑舌悪い注文しています。私、商売し今頃になってとんでもないことに気づいたんです。それは私って「人見知り」激しいんだと言うことに・・・今更ながら・・・でも人の話聞けるんだったら飲食店はそれでよしととあるお店をずっとしてこられた方から言われ妙な勇気がわいている寬珍です。「でも話し下手ではお客さんとの会話・・・」と心配して聞いたら「お前さん・・・酒飲みの一番のあては話し相手や」と言われました

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 7:31:18  
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>