歩いて農協まで

昨日は農協の直売所での研修会及び懇親会が4時からあり、お酒が出るのでいつもなら家内に車で送ってもらうのですが昨日は湖西方面への配達頼んでいた関係で歩いて行くことにしました

dscn6423.jpg

大同川沿いを歩いていました。この段になっているのは「ラバーダム」と言いまして簡単に言えばチューブが膨らんだりすぼんだりで水量調節する道具と言ってよいのか物なんです。このチューブを膨らますと写真にある水門から水が流れ、農業用水路にも活用できるというあんばいです。白い建物の中にそのチューブを膨らます機械が設置されてあり、私が農業関係の責任者(組合長)していた時、操作によく立ち寄りました

dscn6425.jpg

先日オープンした焼き肉屋さん。ちょうどうちもお世話になっておる問屋さんが納品されていたので立ち話などしていました。

dscn6426.jpg

この近くに立派な日本家屋があり、日本舞踊のお稽古する部屋などもあったと聞いています。こうした情緒ある建物がなくなり近代的なマンションなどが建ち並ぶ様子をK田さんはさみしがっておられました

dscn6428.jpg

ずんずん工事が進む隧道。ここに来てようやく工事もピッチが速くなったような気がします

dscn6429.jpg

元々「平成の間に開通するだろう」なんて言われていたこの工事、元号が変わるまでと予想していなかったのか工事期日の所・・・結局いつまでなんだろと首かしげそうになります

dscn6430.jpg

もうすぐ旧となる隧道、左側にお好み焼き屋さんと思われるお店があります。今はお弁当の配達などで頑張っておられるみたいです。

dscn6432.jpg

この隧道。昭和51年、すなわち1976年に竣工と言うことで44年前に出来たんですね。なるほど義父さんが高校に通っていた時代など踏切があったと言われました。

dscn6433.jpg 

その隧道抜けたあたりの様子

dscn6434.jpg

こうした飲食店街があり、近くを鉄道が通っていて夜などこの隧道で低い音が反射し、「ズズンズズン・・・ズズンズズン・・・」と響いたりし都会っぽく感じていました。

dscn6435.jpg

この辺りの景色も変わるんだろうなあ~

dscn6436.jpg

到着した農協

dscn6437.jpg

研修会場の2階へ

dscn6440.jpg

直売所の近況や野菜に関する研修が行なわれました

dscn6441.jpg

いろんな野菜の育て方など勉強しましたが自分自身スモークチキンで使うタマネギやにんにくくらいしか育てた(それも義父の手伝い程度)ことないので聞くお話が新鮮でした。むちゃくちゃ恥ずかしい話し、北海道などに咲いていて知床旅情という歌にも出てくる「ハマナス」・・・これがナス(ナス科)でなくバラ科だったと今頃気づきました。

dscn6442.jpg

これは直売所のスタッフさんが作られたお弁当。おいしいです

dscn6443.jpg

懇親会。今回Kいっっあんは参加されいませんでした。お酒が入りだいちゃんの叔父さん共とも話が弾んだり楽しく過ごしました。よくよく考えてみれば非野菜等製造者で参加しているのはだいちゃんの叔父さんと私だけでした。それがゆえ最初周りの人からまんじゅう屋さんが野菜などの作物の話し聞いてどうなる?という空気もありました。今は故人ですが3年前、K南町のとある方など6月は麦刈りで忙しいの・・おたくらには分からないでしょうと言われ返答に困ったこともありました。あの~私・・・住んでいる集落の組合長なんですがとお話ししたら「そうだったの~?」で、君は見かけない顔だがどこの百姓のせがれだ?と聞かれ婿ですと義父の話したら「それを早よ~言わな~」・・・そんなこといちいち言いながら酒飲むの・・おかしいと思っていましたがそれ以降大変お世話になりどら焼きもいっせつ買って下さっていました。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 4:31:41  
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>