調整日

と、書けばお米の刈り取り後の持って行く先での調整日かと思われますが、今日は仕事で使うどら焼きの機械や器具の掃除や点検をする日なので一日それに掛かりっきりでした。で、昨日経済連のことなどUPした後家内からネットを使いつつ全農のことなど教えてもらいました・・・でもあまり気がなかったのか今日すっかり忘れてしまっている寛珍。もう一度調べようとしたらその全農の中央、すなわち千代田区にあるあの本部役員の中で、今から数年前に撮られた役員の顔ぶれの中に叔父(義父の弟)さんが載っていて、よくよく考えてみりゃJAからみの一家なんだなあとつくづく思いました

dscn4632.jpg

このおじさん、当然この町(躰光寺)の生まれということでK﨑氏、K浦氏、N林氏、T氏、H氏などあの「濃い」連中さんの一員なんです。 私としては結婚式当日初めてお会いした時「この人・・・鶴見辰吾さんに似ているなあ~」と思ったのが第一印象でした

dscn4625.jpg

んなこと言いつつどら焼きの機械の清掃。まずはこの黒くなってしまっている天板(焼く部分)にこびりついたカーボンをとる作業

dscn4626.jpg

こうした「カーボンクリーナー」でこびりついたのをとります。天板にぬりぬりし

dscn4627.jpg

このように徐々に剥離され

dscn4628.jpg

新品のようにはいきませんが十分きれいになりました。また、各器具の洗浄も半日ほどかけての作業でした。こうした徹底したのを半年に一度は行っており(普段の器具使用後洗浄はもちろん行って衛生には気を使っています)かれこれ13年ほど行っているので25回から30回ほどは行っています。こうした機械類の平均寿命はそれこそその業界(?)で使われるものによりけりですね。うちに配達に来ていた人の乗る車はスバルの軽トラだったんですがなんと40万キロ走ってもへっちゃらだと聞きメーカーや使い方次第では結構長持ちするもんなんだなあ~と思ったりしました。最近自分の体に「ガタ」がき始めたのでもう少しこの体、長持ちさせるため仕事のやり方を今年度中に変る予定です。 

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 22:57:05
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>