月初に稲刈り

元をただせば土曜日、雨が降るとの天気予報で稲刈りしなかったんです。そして日曜日の昼、自治会の行事が終わった直後からとにもかくにも稲を刈りまくったんです。小字「殿衛」「塚越」を気合入れて刈ったんですが夕方日没近くまでかかりタイムアウト。

dscn4513.jpg

昨日稲刈りしてしまおうということで残る圃場の稲刈りしました。月初の配達(特に学校給食などはすぐに始まるので)は家内に任せて義父さんと共にやいのやいのと圃場に向かいました

dscn4515.jpg

向かったのは小字「西浦」。道路隔てた隣の圃場ではM君がすでに刈り終えていました。

dscn4516.jpg

んで稲刈りしていて辺り見回したら昨日稲刈りしていたのは私だけだったような気がします。月初の商売人にとって忙しい時期に稲刈り作業しているとなんだか「現役引退した爺さん」みたいな気がしてしまいます

dscn4518.jpg

そして最後に行ったの小さな3畝のたんぼ。いよいよ開発が進みこの圃場の稲刈りも今回で最後になるのだと思うと寂しい気持ちになります。この不動産開発業者、最初道路の行き止まりに木を植えたりして開発はここまでと言う意思を表すなんて言っていましたが結局そういったことせず。また、うちとしては売却反対していたので簡単に言ったら縦の圃場を横向けにするということで同意せざろう得なかったんです。この写真手前の所有者も売却するしそのまたて前の畑も・・・囲まれてしまったら田んぼなんてできゃしませんもんね。

Filed under: 農業 — admin 8:11:49
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>