お盆の行事

毎年14日はお宮さんとお寺参りが恒例行事です

dscn4284.jpg

宮さんへの参拝の後お寺に行くのでお寺参りのセットも持ち歩いています。三期米戸言うのも支払う段取りしております。この「スリー・ポインテッド・ライス」ですが、昔はほんとに米をもってお寺に行っていたそうで、 現在でもお米を持って行かれる集落もあるそうです。

dscn4286.jpg

宮さんに参拝しそのお宮さんのお世話される方々への挨拶を終えた後の様子。昔から住む方々が「氏子総代(昔は区長が総代兼ねていた)より宮世話さんのほうが年上になる時代が来るとは思いもしなかった」との事です。

dscn4287.jpg

神社の後に向かったのはお寺

dscn4288.jpg

庫裡にあるお仏壇にお参りし

dscn4289.jpg 

住職をはじめ、各役員さん方にご挨拶し先ほどの三期米を納めたりしました

dscn4290.jpg

写真右側におられるのは住職の奥さん。業界(?)では「坊守」なんて呼ばれています。私が婿に来た時は「若奥さん」と呼ばれておられました。ご長男さんが結婚されたこともあり、その若奥さんは「しんぽち」さんの奥さんになられました。現在は3人のお子さんのおばあちゃんされている現住職の奥さんなんですが、呼び方で気になるのは住職のお母さまで皆さんどう呼ばれているのかなあと思っています。このお子さんのお母さんを若奥さんと言うならやっぱ住職のおくさんを「坊守さん」と呼び、住職のお母さまは「大奥さん」なんて言うのかな?まるで旅館の女将さん、大女将さんみたいないい方になりそうです 

dscn4295.jpg

甘入りの始まる手前の様子。20年ほどの間にお参りされる方 の人数が半分くらいになってしまいました。本山への登録上うちのお寺の檀家数は98(平成25年度)となっていますが実際は68でした。現在は60を切っているのあいゃないかな?

dscn4296.jpg

住職登場。

dscn4297.jpg

続いて歌舞伎の二代目襲名予定の人とかそのお子さんってな感じで登場。しんぽちさんは気さくな方で先日の「葉刈」の時もいろんなお話させていただきました。

dscn4299.jpg

その時期住職の何番目かのお子さん。元気いっぱいです。

dscn4301.jpg

最後は領解文を皆で声を出して終わりました。これをしているお寺は少なく、義母の実家の福堂町の住職もしておられました。他はあまり記憶ないですが、元々親戚のお寺と言ってもそこのお寺くらいしか知らないし、あとは私本人の知るお寺くらいです。家内の祖母他界の時そこのしんぽちさんもお参りの来られていたのですが、 袈裟着た人で中々の色の髪の人見たの初めてでした。んなことつぶやきながら昼から彦根の実家でのんびりしていました

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 8:59:23
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>