世間でもよく言われている

何気ない日常にもよく世間で言われたりしていることに出くわしたりします

dscn3546.jpg

前を走る車なんですが、最初は脱輪などしないように道路の真ん中をと思っていたんです

dscn3548.jpg

でもあまりにもふらふら走行するので思いっきり車間距離取りました。ごらんのように反対車線へ出る勢いでの走行

dscn3552.jpg

高齢者なのかそれともスマホなどをいじりながらなのかは分からないですが、速度も極端に遅くなったりし

dscn3551.jpg

今度は極端に左側へ。運転手がどういう方かは分からないですが、妙に怖かったです

dscn3543.jpg

大きな服のお店からくるいわゆる「ダイレクトメール」

dscn3545.jpg

企画が違いますな

dscn3555.jpg

きれいの塗装が仕上がりましたね

dscn3557.jpg

日本電気硝子の能登川のこの工場。正式名称「日本電気硝子(株)能登川事業場」なんですね。結構いつも見ている物の正式名称知らなかったりすることってたまにあるもんです。また、名称や社名もその時の流行りがあったりするもんです。30年ほど前技術系の会社に「〇〇テクノス」なんてのが流行ったり、運送会社に「〇〇ロジスティック」なんてのが流行ったりしました。私のお世話になっている方でIさんは昔在籍しておられた会社が「S林食品センター」と言う会社で社員3人の会社でしたが大きく見せようと「信頼のSSSマーク(頭文字をとった)」と言うのをうりに活躍しておられました。とにかくキャッチフレーズ好きな方で「SSSは信頼、新鮮、親切」とアピールしたり、文部省、厚生省(共に旧省庁名)認定とアピールしたりしておられました。なるほど学校給食は現文科省の管轄ですし、保育園などは厚労省の管轄だし、当時消防学校の給食にも出入りしておられたので総務省、自衛隊にも出入りしていた関係からか防衛庁(現防衛省)とどんな大きな会社なんだと思えるようなアピールの仕方しておられました。会社の名前もそうですが、勤めている方にすれば勤務先名こそがステータスのような方もいますよね。私の友人「へぶちゃん」も肩書好きで、やれ同級生の〇〇は〇〇会社の役員だ、とか自分の身内の〇〇は〇〇と言う役職についているという話ばかりしていました。おかげさんで個人商店主の私など彼からは恥ずかしいのかほとんど私の事を紹介してくれたためしがありません。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 21:29:04
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>