昨日は風が強かった

よく滋賀では「比良の荒れじまい」なんて言いますがまさに春手前の良く風が吹く一日でした。昨日は大津の同友「ユースカイ」さんへ品を引き取りに行きつつのドライブでした。このユースカイさん、今年で34年目になる会社で私が商売する3年前に彦根の会社から独立された会社です。

dscn2522.jpg

大津に向かう途中の湖周道路の麦の圃場の様子。今年は雪と言う雪が降らず助かります。

dscn2524.jpg

昨日は天気がころころ変わる一日でした。まるで風が「ちり」を吹き飛ばしたんじゃないかと思うくらい遠くがよく見えます

dscn2525.jpg

守山の某所。この近くに近所の同年齢の方の実家があります。この辺りも昭和の時代から見れば様変わりしました。

dscn2528.jpg

このふたつのお店がいわば「同居」しているタイプも多く見かけるようになりました。フライドチキンとピザだと「相性」がよさそうですもんね

dscn2529.jpg

この川は「天神川」と言いまして、この写真の向こう側にとある工場がありまして、空調設備の工事に入ったことがありました。電気関係が全く分からなかった私は「2スケ3シン」なんて言われても何の事やら・・・工事は職人さんがされるのですが図面など見ていてもさっぱりの私はその工事の職人さんの親方に図面渡して「この通り願います」と言って他の現場回りしていました。場数って踏むもので最初SGPって何のことかわからなかったですが「配管用炭素鋼管」だと分かって来たし、VLPは消火用配管に向かないのはVLP、すなわち消化用のこの管は正式名称「硬質塩化ビニールライニング鋼管」は塩ビ管が鉄の菅の中に入っているから火事の時ビニールが解けて詰まるからだとか段々分かるようにもなりました。私がいた会社の凄いところは社長が先の見通しの鋭いところで昭和の時代に「フロンガスつかっていたりしたら21世紀には夏の温度が35度くらいになる」などと1983年当時から言っていたことや「地中埋設されている配管、アスベストなどが使われているから来世紀には問題になり掘り起こすこと出来なくなり配管を入れ替えしても今まで使っていたのはそのまま埋めることになるだろう」なんて言っておられたりとにかく30年後の社会環境まで見通しておられた凄さには今も尊敬してやみません。また「営業責任はとってもらうかもしれないが利益責任は社長である私の責任だ」などとアサヒビールの社長、樋口氏が社員総会で発せられる2年前から述べておられたりとにかくすごい社長でした。でも、仕事がきついので逃げました。今にして思えば今の仕事の方がきついしサラリーマンの時代のように逃げるわけにもゆかないですし逃げることすなわち万歳なので今にして思うと給料も良かったし休みこそは年(年ですよ!)6日しかなかったような会社でしたが続けていればそれなりに暮しは裕福だったのかもしれませんよね。 でも結論から言えば今の仕事の方が向いていると思っています

dscn2533.jpg

ライスバー・・・う~んどんなんだろう?

dscn2535.jpg

このお店、彦根の関電さん近くにもありましたね

dscn2538.jpg

新しくできたお店の看板なのかなと車を走らすと

dscn2544.jpg

新たにできたお店でした。京もつ鍋、イメージはあっさりうす味なのかな?

dscn2545.jpg

私としてはこうしたお店のもう少し小さなのがと思っています

dscn2548.jpg

いつもこの道路をお話するとき「国道161号線沿い」なんて言っていますが今は県道なんですね

dscn2541.jpg

んなこと言いつつ寄せていただいた「ユースカイ」さん。看板見ただけだと知らない人はおしゃれな自動車関係のお店と思われるかも知れませんね。この会社は創業当初大津市役所近くで営業されていてその後引っ越しを2回された後現在のこの場所にて活躍されています。

dscn2542.jpg

きちんと整理整頓された倉庫。会社の仕事に対する気持ちがよくわかります。20年前この会社を退職された方と10年ほど前まで交流がありまして、10年ほど前から音信不通になり「Y君今どうしているんだろう?」なんていつも思っていたりします。さりとて円満に退職しているとも聞いていないのでこの会社の社長さんたちに聞くわけにも行かず・・・今は「ネット」で大方の事(価格・使い勝手など)が分かる時代、ややもすれば「問屋無用論」までが出ている時代です。ある意味私は1980年代の問屋の古きよき時代を懐かしがってはいますが便利さや効率など考えると今の方がやりやすいと思っているのが正直なところなんです。でも、得意先に行ったときなど付き合いの長い私は板長や料理長の癖を知っているからネットにはない交渉が出来たりします。例えば頬のあたりを指でつんつんし始めたら買う意思があるとかメガネを拭き始めたら買う意思がないとか体を前後に揺らし始めたら「まとめて買うから安くしろ」の言葉一歩手前とか・・・ 同じく当時この会社の独立される前の会社にいた私の同僚K君は斜め45度上を向いている時は妙案を言うか愚痴を思い出して言うかの時など・・・でも行く先AIがその癖も見抜く時代になるのかとも思います。しまいにはAIが「美湖母湖さん儲からないのでええ加減に廃業しなさい」と言われたりして

dscn2566.jpg

こうしたスタンドも少なくなりましたね。

dscn2567.jpg

こうした観光などの船が活躍する時期ももうすぐですね。春の行楽シーズン、皆さんはどのようなご計画ですか?

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 18:00:10  
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>