マンネリを楽しむ?

31年目の商売から10日ほど経った今日、友人の「おひろどん」から毎年の電話がかかってきました

dscn0647.jpg

彼には商売始めてからずっと年末に配るカレンダーを頼んでいまして今回で30回頼んだことになります。元々年末にはカレンダーとお歳暮、年始に向けて年賀状と言ったのが冬のする事だったんですが、年賀状は得意先から「うちはいらない」と言われたりし、カレンダーとお歳暮にしました。年賀状のかわりに年始の挨拶に行ったとき名刺に「年始挨拶」なんて書いてあるはんこ押して挨拶したりしていました。そのうち名刺もダブルからいらないのと会っているのに名刺もなあ~と言われました。お歳暮についても学校給食でその学校の方から(ちょい変わったのがいて)「こうした物を送るなど癒着の始まりだ」となんと文科省本省に電話したのがいて商習慣の慣例にもかかわらず大事になったことがありそれもやめ、カレンダーのみになってしまいました。そのカレンダーも当時はジェームスディーンとかマリリンモンローだったんですが、これも学校から「反抗的な俳優が職員室に飾られているのも問題だ」「教育の場にお色気などもってのほかだ」と言うことでこの写真のカレンダーに落ち着いた次第なんです。それも最初はここまで大きくなかったんですが私と共に皆さんお客さんが老眼になり風景や絵などいらないから大きな文字の読みやすく、そして予定など書き込めるのが・・と言うことでこれになったんです。商売始めて最初の10年ほどは学校と保育園が中心でしたので考えてみればそうかもしれませんな

dscn0634.jpg

朝方配達に行くときに見かけた近所の方のトラクター作業の様子。天気と相談しながらの作業は私も先日作業していたのでよくわかります

dscn0633.jpg

今月末には麦の種を消毒します。昨年もそうでしたがこの農協さんの施設をお借りしてやっていました。結構時間かかり、昼過ぎまでかかりました。この麦関係、来月の今頃はおおよそ全行程終了していると思います。

dscn0635.jpg

昼から降り出した雨。この数日間高い気温だったら26度ほどあったのにその日の夕方には19度。体調がおかしくなりそうです。ましてや明日あたり鶏を燻そうとしていますが低い気温の時の作業は身にこたえます。気温低い夜に燻していた時知り合いが来られ、世間話し話に花が咲きすぎて「俺・・酒買って来るわ」と言いだしちびりちびりと燻しあがったチキンを「あて」に夜中まで過ごしたことがありました。彼、飲んでいてあまり気づいていないと思って「結構スモークのにおいが服につくよ」と言ったんだけど酔いが回っているせいか「そうかなあ~」・・・彼、深夜帰宅して嫁さんから「どこ行ってきたの?焼肉屋さんでも焼鳥屋さんでもないこの匂い・・・」と言われたそうで。でも気になるのは帰り際、奥さんにもよろしくと渡したチキンはどこに行ったんだろう?

dscn0637.jpg

奥やんが他界してかれこれ12年ほど経つと思います。秋になるとこうした帰らぬ友人のこと思い出したりします。他界した人との思い出は当然そこから時間が進まなく、まるで某焼酎メーカーのようなセリフが頭をよぎります。

dscn0643.jpg

得意先への納品終えての帰り道。この付近に以前ガソリンスタンドを営んでいた知り合いがいました。彼の嫁さんと私の妻は幼馴染と言うこともあり互いがまだ交際中はよく4人であちらこちらへ出かけたりしました。彼の嫁さん「み~ちゃん」の実家は垣見町で私達が結婚し、新婚旅行から帰ってお土産を彼女の家に持って行ったことがあったんです。彼女たちはまだ結婚していなくって垣見に住んでいましたので夫婦にて家にお邪魔したんですが彼女のおやっさん、うちの家が農家だと知っていたので「百姓したことあるか?」と聞かれ、「まったく」と言ったら「百姓は楽しいぞ~」と米つくりの魅力を延々と聞かされ、心の中で「そんなのする気なんてないよ」と思いつつにこにこ相づちを打っていました。昨年集落の百姓の責任者になり(農業組合長)、小字「国領」の垣見との境目などが分からずぼけ~っとしていたらたまたま草刈りしていたおやっさん、親切に色々と教えてくださりました。ついでが多く、「わしも国鉄出身やがY男君とこは国鉄一家や」とか「うち(垣見町内)の〇〇は元県職員で」とか「こっちのポンプ動かすとここから水が」などこってり教えてもらいました。でもあほな私は1年経ったらだれが元県職員だったのか、ポンプ動かすとどこに水が走るのか・・忘れてしまいました。 こうしたブログをやっていると自分でもマンネリだなあと思いますが日常の平凡な出来事や思い出話などで続けているネタなし寛珍、よほどの新しいこと行動に移さない限りは斬新な内容で報告することもないです。でもこれからの一年間の間になんぞ目新しい行動に移しますので懲りずに見て下さいね

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:22:53
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>