降り続く雨

天気よいときはずっと続き、雨が降るとなったらこれでもかと言うほど降りますね

dscn0377.jpg

雨の関係で稲も大変になっています

 dscn0382.jpg

ここで作業しておられるのは近所の方でもありイベント等でも隣にて販売させてもらったりお世話になっています。この数日間「燻炭」を作っておらるのかもみ殻からの煙が出たりしています。変な話いつもこの型の作業風景見ながら通り過ぎる時「コンドルは飛んでゆく」の曲が頭をよぎります

dscn0378.jpg

得意先のバックドアからの納品。この時期お得意さんも野菜関係の高騰に困っておられます

dscn0379.jpg

新しくマッサージなどするお店が出来そうです。ここにはかつてラーメン屋さんなどが営業しておられまして、この付近にはあと5店舗ほど中華系のお店などがあります。特にラーメン屋さんでマスターたちとの話の中で寸胴を持ったりするのが辛いとよく聞きます。私も径が39㎝の寸胴を持っていますがでかいのは一気に調理できる分とにかく重い。ましてや私のお客さんで45㎝の径の寸胴で仕込んでおられる方など最近も腰を痛められたりこの業界(ラーメン屋さん)も体の具合との相談だと話しておられました。

dscn0380.jpg

この会社に幼馴染「こやし」が勤務していると聞いています。転勤だったらここにいないかもしれないのですが、この「こやし」とかのニックネームについてふと思ったことがありまして

dscn0381.jpg

遠巻きに取ったこの建物は小学校なのですが、現在小学校ではニックネームはあまりせず〇〇さんとか言うそうです。考えてみればこの「こやし」もたいがい小林か小山、小宮山などの名の人がつけられやすいですし、ちょっと太っていたら「ぶ~やん」とかになりますね。また、このニックネームも時代時代によって違ったりしまして、かず〇〇とかだったらかずっちょとか言われていた時期もあれば〇口さんならぐっさん、〇田さんならだっさん、〇島さんならじまさんって言ったりしていた時期もあったりします。私の頃は〇〇っちと言うのが多く、青〇君はあおっちなどと言っていました。中には名にも関係なく友人の中にクリスチャンなのに「にょらい」と言われていたのがいました。私の友人のがっさんなど名が変化し続けたのもいまして、最初すが〇君だったのがすがをひっくり返してがす〇、それが最初の二文字だけになって「がす」。それではいけないとさん付けしてがっさん。その後彼が体重100Kg超えたので0.1トンだからとんちゃん、そこから変化してとん珍、当時私と彼は「とんちんかん」などと言われていました。でも豚のとんと間違えられるのでと0.1トンを記念したことを強調する為1トン目を記念したんだよと知らせるためとんめさんになりました。ここまでくると何がきっかけでニックネームが生まれたのかさっぱりになりますね。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 16:42:03
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>