2学期と言うセリフ

仕事で一部学校給食への食材を納品している私は「学期」と言う言葉を今も使っています。学校に通っているお子さんをお持ちの方は今も生活の中で使われていることと思います。で、給食となると始業式しょっぱなからはなく、また12月も半ばからなかったりしますしで、実際のところ2学期って言ってもおおよそ土日があったり祭日があったりで給食の稼働日数は70日もないんです。そういった業務の上今回の台風などで休校になったら当然給食もなくスタンバイしていた食材の振り分けに四苦八苦したりします

dscn0334.jpg

今回の稲刈りも学校給食が始まる前に終えられたのでほっとしています。どちらかと言いますと今回の場合台風が来る前に刈れたことにほっとしているのが正直なところです

dscn0327.jpg

家の壁にいたカエル君も元気そうで何よりです

dscn0328.jpg

彦根の実家では窓が割れたとのこと聞き心配なので様子を見に行くことにしました。途中の彦根駅前近くの交差点付近

dscn0329.jpg

いつもこの犬の瀬戸物ののがありますが、この家の方は朝に出されて夕方にしまわれます。かれこれ30年ほど前からこれがこの家の方のルーティーンになっているのかな?

dscn0331.jpg

実家の窓、このように割れていて悲惨でした。

dscn0332.jpg

帰り別の用事で彦根百貨卸の中のとある会社に立ち寄ったと時見かけた同級生「とっきん」。何やら業者と打ち合わせしていたみたいです。彼とは小中学生の頃の同級生で卒業後もちょこまかと連絡取り合ったりしていました。こうした同級生の話で言いますと今年の11月に高校の同窓会があるらしく、スケジュール見たらなんとまたまたイベントと重なり残念です。昨年は麦の播種の時などに重なったりしましたし、商売していると中々一般の休みが私にとっての繁忙期なのでうまくスケジュールが調整しにくいものです。ぽつねんと彦根を離れて暮らしているとみんなどうしているかなあと思うこともありますが時期が来たらまたみんなに会いたいもんです

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 21:57:01
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>