話題ない時は小ネタ?

目新しいことがあるわけでもないときはおおよそ思い出話などしたりしています寛珍です

dscn9287.jpg

観光協会会員でもある私は東近江や滋賀に関するパンフレットを玄関先などに置いたりし、来られたお客さん方に東近江のすばらしさなど紹介させていただいたりしています。で、そのパンフレットの中になぜか

dscn9288.jpg

農業で使う機械のパンフレットが紛れ込んでいました。それもお客さんから「地産地消の観点からですか?」との問い合わせ受けそうではないことの説明の方に時間かかってしまいました

dscn9303.jpg

仕入先から在庫に余ったからといただいたキムチの素。私はどうもこのキムチが苦手でどこかの得意先にでも差し上げようかと思っています。若いころ技工士している友人と大津方面に遊びに行ったことがありまして、その帰りにお母さんへと彼、キムチを買って帰ったことがあったんです。大津まで私の車で行ったので帰りの車内は私にとって異様なにおい。彼は幼いころから食べなれているのか元々家でもキムチをつけていた家庭なのかそういったのを匂いと言わず香りと言うのでとても私は辛かったことがありました。昔彼の家でご飯をいただいた事があったんですがそこで出たキムチが辛いので涙目になっているのに彼のおばあさんが「へっちゃらよ!」と言うのでどこがへっちゃらなんだと逃げ出したくなったことがありました。近年になりあの時のおばあさんの言葉はへっちゃらよでなくケッチャナヨだったらしく。韓国語でどおってことない、大丈夫だよ、元気出してってな励ましのような言葉だったのを後で知りました

dscn9281.jpg

とある畑です。先ほどの苦手の話で言いますと結構苦手な食べ物で普通の人からすればなぜ?と思うものもありますね。電力会社に勤めるH君はネギが嫌いだったり、Mと言う会社に勤めるのぶちゃんは椎茸が嫌いだったりします。また、お酒に関して飲まない方もおられますが友人へぶちゃんなどみんなの飲み会でノンアルコール頼み飲んでなぜか顔を赤らめて酔ってしまう不思議な「特技」の持ち主もいました。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 14:50:47
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>