暑い6月最初の

7月じゃないかと思うくらいの暑さですね

dscn9215.jpg

まるで「夏の日差し」のような今日です。

dscn9217.jpg

30年前に商売し始めたころの話しなのですが、前在籍していた会社でお世話になっていた方が、伝票処理とか請求書発行など大変だから手伝ってあげようかと言って下さり、仕入伝票整理、請求書作成などお願いしたことがあったんです。その方は年配の女性で「息子のようなものだから」などと言って下さりありがたく思っていました。ところがこの写真の中にある(写っていないですが)飲食店に前いた会社の人が見事に私より安い価格で納品し始めたんです。この写真の近くが実家なので住んでいた私としては近いからと言うこともあり7軒抱えていた得意先がこの1ヶ月でどんどんとられる始末。疑いはしたがその方も退職しているので情報流す動機もないしと悩んでいました。お世話になっており商売始めるときに相談に乗ってもらったIさんから「いっぺんにせの情報流したらどうや?」と言われ、 8つほど支払いに問題ある飲食店や総菜屋さん、弁当屋さんにさも納品したことにして請求書を書いてもらい、その8つは新規なので請求書は直接持って行くなどと嘘ついて(請求書はもちろんゴミ箱へ)3ヶ月ほど様子見ていたんです。その方は困った様子ないしおかしいなあ~と思っていたら元同僚に「〇〇さん、いわゆる不良債権のような得意先に首突っ込み会社の中でにっちもさっちも行かない」と聞いて意外な展開にびっくりしました。その請求書作成頼んだ人にこのこと話したら「実は独身同士(たがいに昔離婚)なのでボーイフレンド感覚でよく家にきてはいるがまさかあなたのリストを盗み見してるとは」との事。27歳の「わきの甘い」寛珍の人見る目の無い思い出です

 dscn9219.jpg

今度の麦刈り、運ぶの・・・こんなイメージかな?

dscn9220.jpg

芹川沿いのこの季節の緑はすがすがしく感じます

dscn9224.jpg

文字通り「アットホーム」な中華料理屋さんです。

dscn9226.jpg

今は住宅街になりましたがここら辺に紡績工場があり、働いておられる方々の給食物資を納品させていただいていました。彦根市内でもそうですし、能登川でも日清紡さんへ納品させていただいていました。その日清紡の給食の責任者Kさんには大変お世話になりました。で、その方町内にお住まいの方だったことに驚きました。数年前に亡くなられましたがいつも町内の行事で会うたびに当時の話で盛り上がっていました。

dscn9228.jpg

この建物は大学の寮でして、ここにもお世話になりました。今は別組織が運営しておられるので出入りしていませんが、琵琶湖沿いの景色のきれいな寮で昼に納品し、たまにぽけ~っと琵琶湖を眺めたりしていました。当時は個人商店でもがんばれば食堂に出入りできたりし、そうした出入りした実績があれば他に取引願に行っても「〇〇さん、〇〇さん・・・」と自分の取引先が多い事を言え、信用してくださりそれで出入りを許される時代でした。しかし当時は「名が欲しい」ためインゲン1袋しか納品したことないのに ビールメーカーの食堂にも出入りとか天ぷら油1缶しか納品したことなのに大手住宅機器メーカー食堂とも取引なんてざらでした。そんな事しているからおかげさんで少ない量を方々あちらこちらへ朝から晩までへたるまで配達していました。今思えばよくもまあ倒れず頑張れたものだなあ~と我ながら感心しています。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 17:40:45
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>