燃料切れでした

この間草刈りしていましたのですが小字「五の坪」「永代」をしたのに「殿衛」が出来ていなく、また日を改めてと思っています。理由は簡単、燃料がなかったためでした

dscn8898.jpg

田植機の燃料ばかり気にしていて土曜に草刈り始め途中で燃料が心細くなったのでやめたのが正直なところなんです

dscn8896.jpg

早速携行缶持って農協さんへ。

dscn8894.jpg

この手の給油機も懐かしくさえ感じます。

dscn8895.jpg

このインターホンで職員さんに来てもらい給油してもらいます。数年前までは彦根の知り合いが経営するガソリンスタンドにて給油していたのですがタンクの老朽化問題で事前に連絡もなく突然廃業し、ほんと困っていました。その時こうして農協さんがいわゆる「ガソリン難民」の私に手を差し伸べてくれたという経緯があります。ひところあちらこちらで廃業があり、当時町のガソリンスタンドが相次ぎ廃業するので年配の方々は難儀しておられました。ただ、自動車の燃費が著しくよくなり平成1桁時代1リッターで10Kmそこそこだった2000ccの車も今や15~20Kmくらいは走れる時代になり、ガソリンスタンド利用回数も極端に減ったためちょっと足伸ばしてセルフに行けば当分給油せずに済むようになったのでひところ流行った「ガソリン難民」ってな言い方は過去の話になりそうですね。しかし仕事も農業もとにかく燃料なければどうにもならないので今後私はやめることのない(廃業することのないだろう)農協さんにずっとお世話になることにしました。とにかく彦根のスタンドの突然廃業でほんと「凝りて」ますので・・・・

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 14:01:33
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>