小ネタぶつぶつ

食品関係の卸売りなどでは近年大手問屋さんは土日が当たり前のように休みでして、その土日こそ「競争」ないので私にとってちょろちょろ納品させていただく機会なのですがいろんな役などで土日がでやりやらなきゃいけないことがあるととても商売上辛いものがあります

dscn8822.jpg

こうした建物作ってお店すれば誰もいないときは休業と分かりやすくて良いなあ~と思っています。

dscn8857.jpg

田んぼで難儀しておられました。すぐにディーラーさんが来られましたが私もGWに営農での田植でやらかしてしまったのでお気持ちよくわかるつもりです。

dscn8858.jpg

親戚の「ひろっちゃん」もご夫婦で気張っておられました。

dscn8860.jpg

収入印紙など買いに彦根のこの郵便局へ。速達などもよく能登川郵便局から送るのですが能登川の郵便局、困ったことに速達にせよ普通にせよ何年かに一度届かなかったりすることがあり、一度問い合わせに行ったことがありました。答えは当方では責任負えないときもあると言われてから県内の得意先へは配達の時「じかに」持ってゆくことにしました。県外の時は仕方ないですが・・・

dscn8861.jpg

この付近としか言えないですが得意先、業者仲間、友人が住んでいまして、その友人「ふるかっつぁん」も空調などの仕事していまして嫁さんのおやっさんと二人で頑張っています。こうした商売の事なら嫁のおやっさんと共にってのも良いですが農業関係ではうんざりです。ちなみに彼は元々証券マンで25年ほど前嫁さんのお父さんの仕事を一緒にすべく大阪で修業し技術を身に着け今に至るのですがこの「一緒に・・・」と言うのが私には理解できないです。

dscn8865.jpg

ええかげん髪が無茶苦茶なので散髪に行きました。道中見た居酒屋さん、時刻は4時半頃でしたがお客さんがもう入っているのかな?

dscn8866.jpg

隧道抜けて駅東側へ、新しい隧道が完成したら

dscn8867.jpg

ここらの景色も変わるのかな~

dscn8869.jpg

八百屋さんがあったあたりもいろんなお店になったりしていました。「や台寿司」さんもそうですが、いろんな飲食店ができると能登川もにぎやかになって楽しくなると思います

dscn8870.jpg

まるで潜望鏡のような換気に関するものがにゅっと出ていますね。ずいぶん昔大阪に住んでいたころ長屋の二階に住んでいる友人から「夜になったら奇妙なうめき声が」と言われいお化けが嫌いな私でしたが勇気ふり絞って友人の家に泊まることにしたんです。夜中になるほど気持ち悪い声が、でも窓を開けたら昔のトイレの換気用のパイプから聞こえるんです。友人とこれで納得・・・下の階には若夫婦が住んでおられました

dscn8871.jpg

この文具屋さんの隣にある散髪屋さんに行きました。この付近はあまり景色が変わらないですね。この20年の間にいろんなお店が出来、飲食、薬、ホームセンター、レンタルビデオなど以前と違い能登川から出て行かずとも大方の物が買えるようになりました。能登川駅を中心に今後も発展すると思いますし、東近江唯一のJR、それも快速の止まる駅を有すると言う事が最大の魅力なんじゃないかな? 私の希望としては能登川駅を中心に放射線状に発展するといいなあと思っています 

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 17:59:27
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>