月末・台風直前のモノローグ

今日は大型の台風が来ると言う事で家の雨戸など点検しつつすぐ配達。夕方など一番きついと思うので午前中にそそくさと配達済ませました。帰宅して月末の請求書など作成しつつその合間にちょっくら投稿

img_0694.jpg

日夏にある喫茶店もマスターが看板を動かしておられました。10時過ぎと言う事で雨足こそはきつくなかったですが各お店の方々も今日の営業、半分諦めておられる様子で、得意先の飲食店さんも「今日はなにもせんとこ」ってなこと言い仕込すらせずにTVの台風情報みておられました

img_0696.jpg

野瀬町東の交差点付近。普段日曜の11時手前ですと結構混むのに今日はみての通り

img_0698.jpg

台風とは関係なしにこのお店は日曜日は定休日です。ちなみにコンビニとかがなかった頃、このお店は遅くまで開いていたので良く夜な夜なパンを買いに行ったことがあります。

img_0699.jpg

信号待ちをしていてふと横を見た時目に入ったのが奥の方にとめてある中々の旧車。車種とかは分からないですが、こういった大切に乗っておられる方って何事にもものを大切にされるってなイメージがあります。私の先輩にKさんと言う方がおられ、この方は昭和40年代のスカイライン2ドアを乗っていて、天気の良い日しか運転しないと言う方でした。Sレックス、T足、Dマフラーなどの装備でかっこよく乗りこなしておられます。それ以上の装備の説明は差し控えますがずいぶん前ちょこっとだけ運転させてもらいました。「こんなにステアリングって重いもんだったかな~」と思えるほどでした。当時はこれで当たり前のようにして運転していたんですがね

img_0700.jpg

12時過ぎでもこんな状態

img_0702.jpg

ぐるっとまわって愛知川でとある買い物。旧中山道との交差点で見た郵便ポスト。最初旧愛知川町内のそれこそ「御意見箱」かと思っていましたが当然郵便物を投函するポストです。

img_0703.jpg

民間の運送会社が郵便物を運んでいます。私は彦根駅の近くで生まれまして、幼い頃など電車とかが好きだったものですからよく彦根駅の近くから貨物車も含めてみていました。そんな中、〒マークの貨車が停車しているその間に駅員さんか郵便局員さんが短時間にその荷物を運び出していたのを覚えています。それががたいのいい人でまるでハンマー投げの選手のようにズタ袋を放り投げていたのを覚えています。幼い私は「郵便局員は力がないとできないのかな?」と思っていました。その後民営化されJR貨物なんて会社が出来ましたが同じJRだったら郵便物、新幹線でって思ってみたこともあります。関係者に聞くと実はその話を持って行った(JR東海とかJR西日本)そうですが駄目だったらしいんです。それが実現していたら大阪駅で投函した郵便物は2~3時間後に東京駅・・・こんな早い速達ないですもんね。

img_0704.jpg

愛知川の旧中山道と国道8号線が合流するところにある交差点。この会社は日曜なのでお休みですが台風に備えて飛びそうなものを片付けておられた後が見受けられます。

img_0705.jpg

この「ベビコン」って・・・小さなコンプレッサーのことなのかな?

img_0707.jpg

そして本日一番驚いたのがこれ・・・棒スーパーでのことですが、リアゲート明けて荷物積み込んでおられる男性。

img_0708.jpg

雨にあたるのが嫌なのは分かるが建物ぎりぎりまで近づけたためこの車の先にある自動ドアが開き雨風が店内に吹き込みこのお店大騒ぎ。この写真撮った直後他の買い物客客から何か言われていましたがいくらなんでもひどすぎますなあ~でも素知らぬ顔して自分の荷物が雨に濡れないかだけを心配しているようでした。この店・・・よくこういったお客さんがいて、店内常設の買い物かご持って帰る人が多くいます。この店、それでか今はレジを通った時清算済の専用かごに店員さんが入れ替えられます。また、運動会や催しの後など家庭用のごみをしこたまゴミ箱に入れに来る人など結構?マークの付く人が多くいます。多少はどこのお店でもいますがこのお店はちょい問題ですな、私はそういった意味でも「上品」なフレンドマート能登川店で買い物します。駅の前にあるフレンドマートと言う事で他のお店と違って服装も違います。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 17:13:53
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <code> <em> <i> <strike> <strong>