播種終了していてよかった

今日も朝から仕込みつつの独り言です。つきあって下さい

dscn5299.jpg

昨日、妙に得意先からの追加注文があちらこちらから入り、普段月曜定休のお客さんから「材料がなくなり仕込みたいから」との連絡が偶然なのか3つも重なりました。多分ですが10月は消費税率引き上げに伴い外食控えた方が11月のこの連休の好天で出かけられ、その出先で食されたからなのかと勝手に想像しています 。とはいえこの写真、八日市駅前ももう少し賑やかだといいんだがなあ~

dscn5258.jpg

食品衛生講習会が約2週間後にあります。今回特に学ばなきゃならないのがカンピロバクター、ノロウィルスを未然に防ぐための講習です。現代は衛生に関する意識が高いですが、昭和の時代は今ほどではなかったような気がします。彦根市内のとある飲食店などしょっちゅう貝で中毒出していたし、とある仕出し屋さんなど夜中にだし巻き卵作り熱を取るためできあがったのをそのまま厨房に放置して寝るってなのもいました。当然「出して」しまい停止3日間ってのがよくありました。しかし学校などで何らかがあっても真っ先に業者の品に問題があるのではとなり、現場での例えば「加熱不足」などは次に考えられるってな具合です。

 dscn5356.jpg

二五八祭り当日、五個荘のとある会社でもイベントを行なっておられました。毎年なのですがこの会社の催しと二五八が重なるので寄せて頂いたことないのですが、元はこの会社に勤めていた人から案内が来たことがこの催しを知るきっかけだったんです。その方は数年この会社に勤めて辞められたんですが、当時は「ガソリン、石油、ガス関連をうちで」と言ってこられていましたし、電化の見直し、水などしょっちゅう話をしてこられました。ガソリン石油ガスは農協さん、電化関連は太陽光も含め何も考えていない、水は今のところ何も考えていない(とはいえ婿に来てから一度も井戸水を直接飲んだことない・・・私は水が変わるとおなか壊すので)と断り続けていました。理由は簡単、その方は多分数年で又転職(よく転職される)だろうなと思っていたからでした。

dscn5295.jpg

昔、この近くにパン屋さんがありパンにははさむ具材や油関係を納品させて頂いていました。その中で「チョリソー」をご注文頂いたのがこの品を知るきっかけでした。当時彦根市内は鳥居本にあった日ハム彦根営業所に問合せ仕入れさせてもらい、販売し始めそれをきっかけに居酒屋さんなどにも卸すことになりました。当時「激辛ブーム」とあいまって結構売れました。このパン屋さんのおかげだと今も感謝しています。で、もっとびっくりしたのが当時お世話になった日ハムの方の息子さんがなんととある問屋さんに努めて私の担当してくれたことにすごく「縁」を感じました。日ハムの彦根、近江八幡営業所無くなり入手先を探さねばと彼に「君の会社チョリソーあるか?」と聞いたとき、チョリソー購入のいきさつを話していて「〇〇さんには大変お世話になった」と話したら彼「〇〇は私の父です」と言われあのときほど自分が年寄りになったなあ~この業界の古手だなあ~と感じたことはなかったです

dscn5360.jpg

昨日木枯らし1号が吹いたとのことです。いつもこの時期の夕暮れ時はさみしさが増します。少しづつ晩秋に近づくなあ~と感じます。今日今日朝4時から仕込みしていますがこの数日とにかく朝方の冷え込みはなかなかのものです。話変わりますが、体温計って昔の体温計のは37度の所に赤い線が引いてあったのご存じですか?保健所の方に聞いたのですが、あれって37度超えたら熱があると言う意味でなく、昭和の時代の日本人の平均体温だったそうです。そう思うと日本人の体温が微妙に低くなったような気がします。私達の小学校の頃の体温は36.2度とか36.4度だったりしますが、私の親や祖父世代は36.9度とかだったそうだし、その逆に私の子供の体温は35.9度とかだった記憶あるしで100年ほどの間に日本人の体温が1度ほど下がったことになるんじゃないかと勝手に結論つけています。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 5:11:17  コメント (0)