いろんなお話が

商売の同友でもあり幼馴染でもあるまこちゃんの経営する「餃子省」へ納品し、そこで世間話などしていました

dscn4974.jpg

向かう道中に見たこのラーメン屋さん。看板を新しくされたようです

dscn4976.jpg

店の上に掲げてある看板は小さくなったような気がします

dscn4977.jpg

このお店も流行っていていつも通る時店内人がいっぱいです

dscn4978.jpg

この道を右折して彼(まこちゃん)の店に行くのですが、この道路を境に右側が東中学区で左側が西中学区です。町の境界、能登川では川で仕切ったりしていることがありますが、彦根では城下町だったことから道筋で分けられていました。

dscn4980.jpg

んで到着。またTVの取材かと思ったらたまたま食事に来ていただけだそうです

dscn4981.jpg

入り口に何やら書かれてあるので見ますと

dscn4982.jpg

いよいよ消費税率変更に伴うお客さんへのお知らせが張ってありました

dscn4984.jpg

やっとこさ仮メニューと書かれていなくなりました。「ついにだね」と言ったらメニューの価格表示のところの税の事を書く必要があったからだと聞いて納得

dscn4983.jpg

毎度のごとくお店で食事するというより友人の家で世間話をするといった感覚です。出身学校問わずいろんな人の話が聞けました。中学校のクラスメイトK山のじんちゃん8月に他界したとかおひろどんのおかあさんも8月に他界した、能登川のD工務店に勤めている同じ年の人が別の会社に移った、K出今の秀才まりゅーはブリジストンにいて多分重役だろう、南高校(当時の彦根の商業高校)出身で能登川に住むまこちゃんの同級生は能登川の人同士で結婚しI庭町にてTベリーファームを経営している、ぽんちょるはいつも嘘をまるで息をするようにつくので店に来た時「ええ加減なこと言うなよ」と言ったら「わしは嘘が嫌いや、ついたことない」とこれまでで最高の嘘をつきよったなどいろんな話していました

dscn4989.jpg

帰宅して確認や準備段取りしたのは日曜に行われる運動会での出店下見などしました。帰宅して先週同様積み込みなどするのですが、この時期になると農事関係なども重なり始め神経使う約1ヶ月です。

dscn4993.jpg

帰宅したら友人「おひろどん」が来年のカレンダーのサンプルを持って来てくれていました。先ほどもお話しましたよう彼のお母さんが8月に他界されましたが私としては哀悼の意を伝えたくらいにしました。こういったの、ちょい難しく7年前私の母が他界した時彼はそのこと知っていたが葬儀等にも来なかったので彼のお母さんの時に行くことを遠慮したのはバランスとった意味もあるんです。母の時近所の幼友達へぶちゃんなど知っていながら何の一言もなかったが、自分の母の時は「かんちゃん、悔やみにホールに来てもくれなかった」と言ったりである程度来てもらった、寄せていただくという釣り合いが大切とも思うんです。かといって付き合いの深さとかまで推測したりするつもりもなく、私の母が他界した時偶然同じ日に多賀のくにちゃんのお父さんも他界されたんですが、おひろどんはくにちゃんの方に寄せてもらったらしく、だからと言って彼らの方が親しいかと言うと何とも言えなかったりなんです。そういう意味で連中(お宮さんを世話する同世代の集まり)と文字通りお世話になった友人のお父さんお母さんにのみ親関係は葬儀に参列することにしました。親関係に関してですが、見たことも話したこともない人の葬式に行ってまで義理を果たすのもどうかと思います 。んなことつぶやきながら車に積み込んだりし始めますわ

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 4:12:30  コメント (0)