あちらちょこちょここちら・・・

前回の投稿では野洲方面へ配達していましたが、今回は方々のお寺関係等への納品でどら焼きを納品していました。どれくらい(個数)から配達するかと言った線引きはないのですが、卸売りなどの他の配達とタイミング合わせ県内もって寄せてもらっています。ただ、〇月〇日〇時頃と言った指定は勘弁していただいております。

dscn4933.jpg

鳥居本から米原方面へ向かう途中の道、最近はあまり通ることなくなりました

dscn4934.jpg

大谷吉継さんの首塚があったり歴史に出てくる人物ゆかりの地でもあります。ちなみにこの大谷さん、関ヶ原の戦いではどう見ても東軍が有利なのに「友情」だけで西軍についたことなどからそういう人柄からか、戦国武将の中でも人気ある方です。

dscn4935.jpg

町の名は忘れたのですがこの辺りは昭和50年代、長浜方面に行くときの主な道でバスも頻繁に通っていました。記憶間違いでなければこの辺り、高倉健さんが中日ドラゴンズの監督役した映画で健さん演じる監督の家がこの辺りにあった設定でロケに使われたと思います。ずいぶん前それを確かめようとレンタルビデオ屋さんで借りてきてやまかんとひでちゃん達とで確認したことありました。確かにこの近くでした。ちなみに真ん中で映る建物は以前散髪屋さんだった気がします

dscn4937.jpg

こうしたお店も昭和チックだなあ~

dscn4938.jpg

ひところ親戚の方が勤めていたこの飲料メーカー、この営業所ではないですが同級生「りっちゃん」も務めています。ちなみにその親戚と言うのは祖母(義父の母)の実家でその方と義父はいとこになります。亡くなられましたが近所におられ、気さくな方でした。今年度の自治会長さんの「連中(お宮さんを世話する同世代の集まり」さんで、私が婿に来た時「君はどの連中になるんだ?」と聞かれた思い出があります

dscn4939.jpg

私の前いた会社で共に働いていたきりちゃんがこのお弁当屋さんで働いていると聞いています。またこのお弁当屋さんのここに移転される前の社屋の時よくその前いた会社で食材を売りに訪問していました。当時確か2階に事務所があったように記憶しています。

dscn4943.jpg

この辺りも久々です。この近くは能登川のフレマにも入っておられるテイクアウトのお寿司屋さんの物流倉庫があったり、かつてお総菜屋さんがあったりしました。このお総菜屋さん、時の勢い凄く各スーパーのテナントにぽんぽんと出店しておられたので当時いた会社で担当していたN氏は遊んでいても成績が上がるためいつもパチンコしてさぼっておられました。向こうに見える工場、社員食堂はこの工場の突き当りの2階にあり、納品の時はエレベーターで運んでいました。

dscn4946.jpg

旧の8号線。普段交通量も少ないです。ちなみにこの辺のお寺は真宗大谷派(お東さん)が多く、他真宗仏光寺派(高田門徒の分流)などのお寺も多くあります。ちなみに本願寺、すなわち「西」のみにしか「浄土真宗」と名乗ってはいけないルールがあります。その本願寺も阿弥陀さんに帰依しようとする考えと今もおられる親鸞さんの末裔を奉(たてまつ)ろうとするのに分かれていたりとなんでも組織が大きくなるとこうなるもんですね。

dscn4953.jpg

ここらの風景はあまり変わらないです。この写真右のあたりにゲームセンターがあったりしました。

dscn4960.jpg

今となっては「これで主要国道?」と思えるくらいの狭さの8号線です。Oと言う会社の牛乳と混ぜるだけの品があり、前いた会社では「窓口」の方が取りまとめて下さり数多く届けていました。この近くにもたくさん「推進委員さん」と呼ばれる方がおられ、 びっくりするくらいの数を運んでいました。私が会社を辞める時、社内規定が変わり5年以上働かないと退職金は出さない。また、たとえ30年働こうが自ら退職の意思を告げたら支給額を半分(同期が退職時そうだった)に減らすという規定が出来、私は4年ほどしか働いていないことを理由に支払ってもらえませんでした。そして経理から「私(経理部長)はなあ~払ってやりとうても出来ないんだ」と都合のいいこと言われて腹が立ち、加えて「本来なら〇〇(支払いの悪い得意先)の売掛金も払ってほしいくらいだ」とN氏の担当だった得意先の未集金の責任まで押し付けようとしたことに世話になったからという、いわゆる「義理」と言う文字が崩れ去り、義理なき商売してやろうとその牛乳と混ぜるだけの品、岐阜のGと言う会社に連絡したりしこの近くのスーパーに破格の値段で卸してもらったうえ推進委員さんには私が前いた会社より安く納めてそのルートずたずたにしたことがありました。この販売による前いた会社の売り上げは100万円は軽くあったのですがゼロ近くにしたものですから前いた会社、Gと言う会社にかなりクレームつけたと当時Gにて滋賀担当していたE氏が話していました。

dscn4964.jpg

このラーメン屋さんがまだあちらこちらになかったころここにまで来て食べたことがあります。

dscn4966.jpg

このとんかつ屋さん。子供が小さなころよく行きました。妙な言い方ですがこの付近、人口の割にはマック、モス、ファミレスチェーン店、焼肉屋、ラーメン屋など数多くあります。

dscn4969.jpg

今は葬儀屋さんになった写真のビル、ホテルだったころこの近くの弁当屋の大将から「今度そこで食事会があり、招待状1枚余った(奥さんが急に行けなくなった)から一緒に行かないか?」と誘われたことがありました。ちなみに確か当時エレクトーン奏者(朝の番組で弾いている人)の音楽聞きながらの食事会だったような気がします。冬場で雪が降りそうな時期でしたし車なのでいくら北陸自動車道インター近くとは言え酒も飲めないうえ知らない人たちの中で聞いたことないエレクトーン聞きながらって・・と丁寧にお断りしました。今現在は葬儀屋さんと言うか「ホール」があちらこちらにあり、自宅での葬式される方少なくなりましたね。場所も名前も申せませんがとある葬儀屋さんにとある品を届けた時(当時お茶とかも取り扱っていた)裏にまわって倉庫に行く途中事務所で金縁メガネのパンチパーマの人と、角刈りで真夏なのに長袖着ている人がいてその日を境にお茶の取り扱いやめたことがありました。なんでも時代時代があるものです

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 5:12:16  コメント (0)