お寺の奉仕活動

うまく表現できないので奉仕活動と言う名にてUPしました。今日はお寺の草刈り作業がありました

dscn4638.jpg

集合時刻の8時、このように担当別の作業場所が書かれてあるのを確認しています

dscn4639.jpg

毎年のこととはいえ皆さん再度確認したりされています

dscn4641.jpg

私の担当場所は前回と同じ墓地

dscn4642.jpg

ちょっと 人数が少ないようにも思えます 。前回はK氏の息子さんとお話しながらの作業でした。

dscn4645.jpg

それだけに皆さん頑張っておられまして、いつもならよくお喋るされている方ですら無口になるくらい皆さん草取りに汗を流しておられました

dscn4644.jpg

休憩。一息つくと共にいろんな世間話などに花が咲いているようです

dscn4643.jpg

振り返ってカメラを向けるとそこには火鉢を灰皿にくつろぐ方もおられたり。10時頃に作業終えて帰宅しました

dscn4647.jpg

途帰宅途中の風景

dscn4646.jpg

最初この看板(?)、意味が分からず「三菱の紳士服」の宣伝かなと思っていました

dscn4648.jpg

この道路も私が婿に来た時は左側に川が流れていました。こうした工事のおかげで車もすれ違うことができるようになりました。まだまだこの躰光寺、人口も増え続けるので10年後いったいどうなっているのかとも思っています

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 11:32:14  コメント (0)

燻していると匂いが・・

スモークチキンの燻し工程ピークでして、今日もそうですが明日もお寺の奉仕作業後燻し続ける予定です。連続して一日中作業していると自分の身体も中々燻されたような匂いがしてしまいます

dscn4633.jpg

往生際が悪いのかこうして使い続けた鉛筆、中々捨てられないでいます。

dscn4635.jpg

今度の麦の種まきに向けてのトラクター作業の受け持ち場所はこの写真のあたりです。月末あたりからこうした播種(種まき)に向けた作業が行われます。

dscn4637.jpg

ちょこちょことしたものを買いにこのお店に。このお店の本部は愛知県なんです。で、最近岐阜に行くことがありまして、その時車を走らせていて思ったんですが軒並みスーパーが撤退、倒産、移転などしていてその代わりにドラッグストアーがこれでもかというほど立ち並んでいました。岐阜の親戚で義姉(家内の姉)の旦那に聞いたところ岐阜県ではとにかく競争が激しくつぶし合いをこえて共倒れになるほどの競争なんですとの事でした。卸関係でもいわゆる「帳合」というこの地域はこの問屋さんなんての無視した販売がざらです。私の仕入れ先が私の得意先に納品なんてのはざらで、「これだけ月間購入するから〇〇だけは遠慮してほしい」と願ってもそんなの無視、それどころかその〇〇という得意先を私が納品しているからと確認して「とりっぱぐれがないから」すなわち支払いの手堅いところだからとわざと行く始末。最近もあったので落ち込んでいます。でも泣き寝入りも悔しいので立派なお店で知名度上昇中の最近取引したお店に納品していると彼らの聞こえる範囲でしゃべろうかと思っています。ほんと立派なお店ですし売り上げもすごいんですがひとつ支払いがルーズなんです。こちらから何度も催促しないと振り込まない・・・資金に余裕のある問屋さんが行くべきと思っています

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:07:26  コメント (0)

調整日

と、書けばお米の刈り取り後の持って行く先での調整日かと思われますが、今日は仕事で使うどら焼きの機械や器具の掃除や点検をする日なので一日それに掛かりっきりでした。で、昨日経済連のことなどUPした後家内からネットを使いつつ全農のことなど教えてもらいました・・・でもあまり気がなかったのか今日すっかり忘れてしまっている寛珍。もう一度調べようとしたらその全農の中央、すなわち千代田区にあるあの本部役員の中で、今から数年前に撮られた役員の顔ぶれの中に叔父(義父の弟)さんが載っていて、よくよく考えてみりゃJAからみの一家なんだなあとつくづく思いました

dscn4632.jpg

このおじさん、当然この町(躰光寺)の生まれということでK﨑氏、K浦氏、N林氏、T氏、H氏などあの「濃い」連中さんの一員なんです。 私としては結婚式当日初めてお会いした時「この人・・・鶴見辰吾さんに似ているなあ~」と思ったのが第一印象でした

dscn4625.jpg

んなこと言いつつどら焼きの機械の清掃。まずはこの黒くなってしまっている天板(焼く部分)にこびりついたカーボンをとる作業

dscn4626.jpg

こうした「カーボンクリーナー」でこびりついたのをとります。天板にぬりぬりし

dscn4627.jpg

このように徐々に剥離され

dscn4628.jpg

新品のようにはいきませんが十分きれいになりました。また、各器具の洗浄も半日ほどかけての作業でした。こうした徹底したのを半年に一度は行っており(普段の器具使用後洗浄はもちろん行って衛生には気を使っています)かれこれ13年ほど行っているので25回から30回ほどは行っています。こうした機械類の平均寿命はそれこそその業界(?)で使われるものによりけりですね。うちに配達に来ていた人の乗る車はスバルの軽トラだったんですがなんと40万キロ走ってもへっちゃらだと聞きメーカーや使い方次第では結構長持ちするもんなんだなあ~と思ったりしました。最近自分の体に「ガタ」がき始めたのでもう少しこの体、長持ちさせるため仕事のやり方を今年度中に変る予定です。 

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 22:57:05  コメント (0)