昨日燻した後

昨日燻し作業終え、夕方5時半頃に彦根のパッケージプラザに行きました

dscn4240.jpg

近江八幡のパッケージプラザに行く予定だったんですが八幡は6時に閉まるので能登川で5時半だったことから 間に合わないかもしれないと思っての彦根でした。昨日は彦根の「ゆかたまつり」でゆかた来た人々が銀座方面へ歩いてゆくのを見かけました。

dscn4242.jpg

夕飯のおかずでも買って帰ろうと琵琶湖方面へ車を走らせました。この道もよく通る道なんですが、通称「 昭和新道」なんて言いまして出来た当時は彦根で一番広くて近代的な道路だったそうです。右向こうに見える中華料理屋さん、家族的に運営されていています。

dscn4245.jpg

この近くに設備屋に勤めていたころお世話になったゼネコンのY課長さん(当時)がが住んでおられ、お世話になりました。またこの道をUターンしたら食品卸売会社があり、設備屋から 転職して約4年ほど在籍していました。ひところホンダCB400Rと言うバイクに乗っていて、夏場などこの道を琵琶湖に向かいそこから琵琶湖沿いを走りちょい映画「トップガン」なんてなのを意識しながら走ったりしていました。特に 夕暮れ時に走っているとその映画の中でも流れていた歌「テイク・ア・バースアウェイ」とぴったり合っていて自分自身好きなシーンだなんてひとり浸っていました

dscn4246.jpg

到着したのがベイシア。ここには昔繊維工場がありましたし、屋根瓦など製造する工房も数多くありました。この近くには滋賀大学があり経済学部の学生さんが数多くいましたしいます。そのベイシアでばったり会った人がいましてちょい立ち話なんてしていました。この近くに住む人で城西小学校→西中→東高校→滋賀大と学生時代過ごした方がいたんですが彼曰く「22歳まで半径2Km以内で全て済ませた」と笑っていました。で、その後都銀の大阪府内にある支店に勤務し最近定年するまでの38年間ずっと県外で、これからの老後はいつ死ぬかわからんがまた半径2Kmくらいをうろついて過ごすわなんて言っていました 。私の友人知人も定年が迫り、都会で働いていた人たちもどうするのかなあと思っています。ずいぶん昔このブログで彦根の昔の景色をUPしたら都心部にお住いの方から懐かしいとコメントいただいたことがありました。いわゆる「望郷の・・・」なんて気持ちになる年ごろなのかもしれませんね

Filed under: 湖国・近江だより — admin 4:10:32  コメント (0)