もう夏バテ?

暑い日が数日続いただけでばてている体力のない寛珍です

dscn4097.jpg

今日もこんなくらいの気温。

dscn4099.jpg

洗濯の物干し竿にクモが糸で何やら作っていました。虫がその巣に引っかかったら食べるのかなあ~でも虫が来なかったら「商売あがったり」なのかなあと思い一度網戸の虫よけを巣に吹き付けてみました。虫・・全然来ないのでクモ・・・さっさと違う場所に営業エリアを変えられました

dscn4101.jpg

八日市のノエビアの交差点付近にあったガソリンスタンド、やめられたんですね。ほんとこうしたガソリンスタンドも極端に少なくなりましたね。

dscn4089.jpg

恥ずかしい話煙草やめて2ヶ月経ったのにたまに「まだ吸いたい」と言う気持ちがあります。やめてしまっているのに禁煙外来で受診するわけにも行かないですしで妙なもんです。先日得意先で友人でもある彼が電子タバコ愛用していたのでどんなものなの?と聞いたんですがこれまたくせになるとたばこ吸っていたころ以上に出費がってな話していました

dscn4102.jpg

前を走る軽トラ、これが「コンテナ」だろうなあ~と分かるところ見ると私も百姓だなあ~と感じたりしています

dscn4106.jpg

ふらふらと走る車、こういう時は車間距離を思いっきりとって走りました

dscn4112.jpg

滋賀県内に本社を置く食品卸売会社では最大手のこの会社。社内に知る人も多くいろんな話をしたりします。先だってもとある飲食店で互いがプライベートで食事している時店内でばったり会い久しぶりにいろんな話に花を咲かせたりしていました。共通して互いが「そうだよねえ~」と言ったのは労働時間が長いということ。私のような個人商店でなく会社組織だと若い社員は労働時間が長かったり休みがなかったらすぐやめてしまうので、現在はいろんな面での福利厚生にも力を入れているとの事でした。労働時間を昭和の時代から大幅に減らす(昭和の時代には11時間労働だったのが現在は8.5~9時間)、有給休暇などふんだんに取り入れ、リフレッシュ休暇制度をも設けたとの事で、この業界、この制度などを取り入れている会社は情けないことに県内本社を置く会社では1~2社くらいなんです。隣の県の魚関係の問屋さんで大口切身の注文が来たからと業務終えた夕方6時頃から毎日夜中12時まで社員総出で加工し続けて腱鞘炎になりかけたと社長に訴えたら解雇されたりした会社もあったくらいなので(この会社、数年前に倒産した) 現在は働く方への環境配慮も変わったなあ~と話したりしていました。また、社長の家が飼うマルチーズと言う犬の「ふん」拾い当番がある会社、会社の跡取り社長が営業所に立ち寄ったら社員は感激する演技しなければならない会社などありました。この会社、まず社長が営業所に来ることは本社からの連絡で分かっているのですが、社長が突然来たという設定で若い女性社員さんはハンカチ目に当て感激(よ~やるわ)、営業所の所長たちは片手にメモ持って社長の話を真剣なまなざしで聞く、帰りは雨が降っているのに傘もささずに社員たちがお見送り、社長は「雨に濡れるから社屋に入りなさい」なんて言うが「もったいない言葉」とまた涙。どこかの国のような話ですがほんとなんです。滋賀県内某所に営業所があった平成時代の凄い光景・・・あほらしいことが平気で行われていた時代から様変わりしてある意味業界の水準が上がったような気がして嬉しかったです

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:50:30  コメント (0)