ふれあいナイト2019

昨日はふれあいナイトと言う商工会主催の地域行事があり、商工会会員として出役、出店させて頂きました

dscn4421.jpg

会場が近いと積み込んでの移動も楽です

dscn4422.jpg

現地ではすでに お茶やジュース類などの販売準備がされていました

dscn4429.jpg

中学校の吹奏楽部の皆さんもスタンバイされていました。まだ大会役員さん方が多く見受けられます

dscn4427.jpg

「ドン」登場・・・と書いたら叱られるか・・・んで、この方の息子さんの嫁さんもその嫁さんのお父さん(実父)も来られましたし、 K氏の息子さんもチキン買って下さったりでした。

dscn4428.jpg

くるり180度向いたらおられたのは「能登川飲食業界の重鎮」。試作として焼きそば焼いてその調子など確認しておられます。その向かいにおられるのは新聞屋さん。 

dscn4430.jpg

話変わりますがこのキャノーラ油、メーカーの「理研農産」・・・久しぶりに見ました。前いた会社はこの製油メーカーから仕入れていまして、夏場などよく1貨車分(330缶)入庫し、積み下ろしに大汗かいていました。面白い会社で大きな倉庫など持っている割にはフォークリフトがない会社で購入されたのは私が退職してからずいぶん経ってからと聞きます。

dscn4432.jpg

お客さんも多く集まりかけいよいよ販売エンジン始動です

dscn4434.jpg

隣のブースでもてんてこ舞い。

dscn4441.jpg

さらに頑張って売り上げ伸ばそうと思った 7時過ぎ、思いっきり雨が降りこんな様子。

dscn4444.jpg

なんとか最後の抽選会までこぎつけ片付けの様子

dscn4445.jpg

とにかく雨が降った後なので毎年行っている後始末でも妙に疲れました

dscn4446.jpg

んでその後の反省会はここ

dscn4448.jpg

商業部の反省会という名のご苦労さん会。商売人同士なのでいろんな話に花が咲きました。メガネ屋さんの移転話、ドローンに関するいろんなお話など聞かせてウ頂きました。さて、今日は来る稲刈りに備えて草刈りです。今日も暑そうだなあ~

Filed under: 湖国・近江だより — admin 11:38:37  コメント (0)

ナイトの当日の午前

今日は5時から「ふれあいナイト」」というイベントがあり、私は商工会の中の模擬店担当として出店させていただきます。それに伴い午前中に各配達などしたりしていました

dscn4414.jpg

とある圃場では というかみなさん集まって楽しんでおられました。この写真の場所ではないのですが、とある団体さんのバーベキューパーティ用の食材をお届けに上がりました。本来の仕事ではないのですが食材買いに行くのが面倒だからという理由だけで使いっ走りをしました。でも変な言い方おいしい仕事でして、裕福な団体さんだからか「手間賃」としてかかった食材(商売なので利益乗せている)に加え20000円下さいます。その分ビール(サーバー・樽もセットで)を冷やして持ってくるなど30名分とは言うものの結構時間かかる仕事でした

dscn4418.jpg

帰宅途中に見た会場

dscn4417.jpg

予定地には他の方が入らないようにされています

dscn4419.jpg

各設営等作業、暑い日中ご苦労様です

dscn4420.jpg

このように5時からのイベントに合わせた段取りが進む中

dscn4407.jpg

このようなチラシが入っていたかと思います

dscn4408.jpg

我が美湖母湖のスモークチキンも今回は商工会としての出店です

dscn4409.jpg

んで道の駅で活躍しておられる「彦太郎」さんも来られます。彦太郎さんとは奥永源寺渓流の里以来です。彦根のご出身ということで彼の事は結構知っているつもりです。今日あったら「彦ハンの店の店長がよろしくと言っていたよ」と伝えようと思っています

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 13:41:36  コメント (0)

続き

昨日は来客の関係尾で投稿が中途半端になり、今その続きをUPしています。ちなみに明日は東近江能登川支所(旧能登川町役場)の駐車場で商工会の皆さんと共にチキンを販売していますのでどうぞお越しください

dscn4389.jpg

パン、菓子関係原材料などでおなじみの会社にとあるものを引き取りに寄せていただきました 。この前に止めてあるトラックの運送会社、センコーグループなんですがセンコーさんと言えば建材の運送会社というイメージあるため食品には「ピン」とこなかったです。で、このセンコーさんの会社にと勤めの方からの味付きメンマの問合せ、ずいぶん前にお話させていただきましたがどうでしただろう?

dscn4391.jpg

そうした大型の冷凍車もあればこのような軽トラの冷凍車もあります。よく食品業界におられ、仲良くさせてもらっている軍事おたくの方とこうした車種を船に例えたりしています。先ほどの2トン車は巡洋艦で、4トン車とかになると戦艦で、1トン車は駆逐艦、こうした軽は水雷艇もしくは現代ならばミサイル艇の様な小回りきく船ってな感じです。ちなみに他の区域に流通の面から設けた営業所とか支店は「空母」です。前いた会社は彦根にありまして、会社関係者で取締役の人と数年前会った時、彦根に大手が2つも支店などを作り、本社機能を移転させたのもありかなり落ち込んでおられました。いわばふたつの強国が空母を同時に展開しているようなものですからビビりまくりというのがよくわかります

dscn4390.jpg

その前いた会社から分裂した会社が大津にあり、昭和60年代にどこかの映画じゃないが「テリトリーなき戦い」が繰り広げられすごい時期がありました。そんな中なぜか大津側のY君とはいろんな話をしたりしていましてこの近くの飲食店で話し込んだりしたものです。あの映画の影響受けたわけじゃないが当時私は彦根の会社にて活躍しているM君と仲良かったので彦根と大津がいがみ合うのもどうかと思い幹部だった二人、一度会ってこのように食事してみないか?と聞いたら「彼とは飯食わん、やめて行った人に申し訳ないから」とか「テリトリー、守る側より奪いに行く側の方が強いんだよ」とか言われたし、別の日にはちょい弱気なこと話してくれ「彦根から大津に移籍したが最近つくづく卸のセールスが嫌になったよ・・しかし次の日に後輩スタッフの顔見ると昨日の弱気はどこへやら」又大津を辞める時彼は「もう〇-〇〇〇の人間と思わんでください、最後じゃから言いますが彦根も大津もやっとることはみな同じで身内(同族)さえよければ他人なんぞ人生が狂おうがお構いなしでいるうち人手不足になった時後悔するぞ」というのが今も記憶に残っています。あの頃から30年、彦根も大津も人手不足が現実となり、彦根では創業以来初の「有給休暇」を社員に取らせたと言われています。私の時代なんざ祖母が他界し葬式出した時ただの「欠勤」で忌引休暇は本人が死なないと出さないという恐ろしい決まりがあったくらいですから。 

dscn4394.jpg

そうして色んなこと話したりしていた時期はここに廃墟のビルがありました。解体工事でなく、国内初の爆破と言うことで注目集めました

dscn4396.jpg

しかし・・・ここも大津なんだよなあ~

dscn4400.jpg

こうした施設と言うか器具、入念なチェックされていました。今日も雨が激しく降りましたがこの雨を境に少しづつ秋が近づくのかな? 

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 13:08:09  コメント (0)