朝令暮改

とある取引先で朝話していたのと違うこと夕方に行っている人と付き合っている時があります。朝令暮改は大げさとしても方針をころころ変える人にはついてゆくのが精いっぱいだったりこちらから取引をお断りしたりすることがあります。市場関係者だと業界用語ではないんですが「ようおもりできませんわ」と言ったりされます

dscn3793.jpg

場所は申せないですがとある取引先(だったという方が良いかもしれない) でレストランチェーン店(県内数店舗展開)の滋賀ブロック長さんから3月、「本部一括購入になったので今年度(平成30年度)で取引を終了したい」との申し出があり、仕方なく残った先方用に在庫していた品を原価で買ってもらい、4月から関係ない間柄になったんです。が、しかし5月連休の時どうしても品が間に合わないとブロック長から何とか頼むからと言われ、再度納品したがGW明けからまた知らん顔(代金は頂きました)、「んじゃせめてもの間に合わせの業者として登録してほしい」と願ったがそれもかなわず。もう知るものかと思っていた数日前G20、大雨の関係(本部九州某県)でまたもやブロック長から連絡、本部との板挟みになっておられるのも分かるが私も困り果てていました。彼も私の存在は重宝だと話してくれているのですが本部はそう取らず「この人(私)と何かあるんじゃないですか?」すなわちマージンなどでつながっているなどの付き合いなんじゃないかと疑うんです。他の県内大手に乗り換えればよいものなんですが GWや日曜、早朝深夜を問わず納品してくれないですし、当り前ですが全てがケース単位。バラで受注し残りの在庫管理する業者って令和の現在いないですもん。でもこのブロック長の前の方は手際も良かったし本部になぜに私のような個人商店が必要かも伝えてくれっていたので人によってこんなに変わるんだなあ~と思いました。で、本部が疑っているのは別の視点からかとも思えました。そういや他の業者で不自然な空気感じたりします。そんなんの為・・えらいとばっちりですわ

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 10:21:34  コメント (0)