中々の離脱症状

今日で禁煙して4週間、約30日経ちますが禁煙も4回目になると離脱症状がひどく、かつてないほどの状況に困惑しています。この禁煙、1回目は新婚旅行でオーストラリアに10日間行った時向こうの国のたばこが高(確かひと箱1000円くらいした)い事と販売しているところがほとんどなかったことなどからいつの間にやら10日間吸わなく過ごし、できた禁煙をラッキーと喜んでいましたが帰国してすぐにスモーカーに・・・

dscn3563.jpg

2回目の話する前この写真に写っている車の運転手と久しぶりに会いいろんな話に花を咲かせました。彼もヘビースモーカーでしたが20年度ほど前病気し、医者から「タバコ吸ったら死にます」に近いこと言われ死にたくないから禁煙したそうなんです。私は大病こそはしていないですが子供が生まれた時副流煙の事を気にして最初家の中で吸わないようにし、その次家の倉庫で吸っていたのを敷地内で吸わないようにし、車の中で吸わないようにしと徐々に喫煙場所を狭めていったんです。しかしそれでも吸いたい気持ちが抑えられないのでレタスを乾かし巻いて火をつけて吸ったら軽い一酸化炭素中毒になり半日寝込んだことがあり、そんなあほなことするくらいだったらと禁煙と言うよりたばこの本数減らしただけで終わった失敗の2回目

dscn3565.jpg

3回目の禁煙はこの写真近くに住む友人が禁煙したので私も「共に戦いたい」と、この回はなんと2年間それも苦も無く吸わずに過ごせました。自分でも不思議なくらい3日目から「そういやタバコ吸っていたんだ」と感じるほどでした。しかし自分に近い人が他界したのととある役が当たったこと、仕事でトラブル抱えたことなどが重なりつい実家で弟が吸っているたばこに2年ぶりに手を出したことからヘビースモーカーに逆戻り。この反動と言うか代償は大きくなんと2箱近く吸うようになってしまいました。それからしばらくして1箱くらいになり(それでも多いですが) 朝の日課がコンビニでのたばこと缶コーヒー購入と言う生活が8年ほど続いていました

dscn3570.jpg

そうした意思の弱い私とは逆に友人知人、連中(お宮さんをお世話する同世代の集まり)の人たちも次から次へとたばこをやめてゆく状態。この写真の中で作業している人もすぱっと禁煙に成功したり、自分でどうしてもやめられない人は「禁煙外来」で成功したりと時代そのものが吸わないようになり、肩身の狭い日々が数年間続いていました。そんな中腰痛がきっかけで吸わなくなって4週間、とにかく何度も禁煙失敗している私は体の「ニコチンスキー(笑)」もありとあらゆる勧誘してきます。とにかく体がだるいし眠い、おまけに頭痛さえする始末。4週間もたっておかしいじゃないかとさえ思っています。こんな毎日がずっと続くのだろうか?今までこんな状況にならなかったのにと思っています。特に日に一度ほど表現で伝えたら体の中でむずがゆさが走り「アダモステ~」ってな感じになります。このアダモ・・40年ほど前のお笑い人気番組見た人くらいしか分からないと思いますが、とにかく体・・・変なんです

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 4:18:40  コメント (0)

この気温

昨日、今日と少し寒くさえ感じる土日でしたね

dscn3562.jpg

先週とある業者さんがいわゆる中華の素の業務用シリーズを紹介に来てくれました

dscn3561.jpg

最近は甘口の麻婆豆腐の素ってなのも業務用で流通しています。こうした調味料関係では味の素はいわゆる「ガリバー」です。

dscn3560.jpg

色んな会議がある関係で物流も少し混雑するとの連絡が来ました。で、この連絡くれた会社ですが、とある会社から分かれてできた会社でして、1985年夏に出来たので来年のオリンピックの時に35年になるんだなあ~そしてこの会社が出来たきっかけが1984年12月、某ホテル会議室で行われた忘年会を兼ねた会議での会議紛糾だったんだから時代もかなり昔のことになりますよね。当時の事を名古屋にある商社のW常務さんは「あれほどあの会議をきっかけに真っぷたつに分裂するとは・・・」と話しておられました。でも10年ほど前その真意を当事者に聞くことがあったんですが、別れて行った側の代表と元の会社の社長の奥さんがとても仲が悪かったそうなんです。とはいえあの分裂騒ぎがなければ今頃結構大きな問屋として滋賀県内で幅利かせていたはずです。歴史って皮肉なもので分裂した側の会社で当時社長の片腕と呼ばれていた人、独立後10年ほどして今度は独立した側の社長の奥さんと折り合いが悪くやめてしまったんですから何とも言えない話ですよね。また、分裂した側と元の会社の社長の奥さんは姉妹だったんだから・・・いったいこの「どろどろ感・・・」令和の時代には清算してほしいもんです

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:44:10  コメント (0)

世間でもよく言われている

何気ない日常にもよく世間で言われたりしていることに出くわしたりします

dscn3546.jpg

前を走る車なんですが、最初は脱輪などしないように道路の真ん中をと思っていたんです

dscn3548.jpg

でもあまりにもふらふら走行するので思いっきり車間距離取りました。ごらんのように反対車線へ出る勢いでの走行

dscn3552.jpg

高齢者なのかそれともスマホなどをいじりながらなのかは分からないですが、速度も極端に遅くなったりし

dscn3551.jpg

今度は極端に左側へ。運転手がどういう方かは分からないですが、妙に怖かったです

dscn3543.jpg

大きな服のお店からくるいわゆる「ダイレクトメール」

dscn3545.jpg

企画が違いますな

dscn3555.jpg

きれいの塗装が仕上がりましたね

dscn3557.jpg

日本電気硝子の能登川のこの工場。正式名称「日本電気硝子(株)能登川事業場」なんですね。結構いつも見ている物の正式名称知らなかったりすることってたまにあるもんです。また、名称や社名もその時の流行りがあったりするもんです。30年ほど前技術系の会社に「〇〇テクノス」なんてのが流行ったり、運送会社に「〇〇ロジスティック」なんてのが流行ったりしました。私のお世話になっている方でIさんは昔在籍しておられた会社が「S林食品センター」と言う会社で社員3人の会社でしたが大きく見せようと「信頼のSSSマーク(頭文字をとった)」と言うのをうりに活躍しておられました。とにかくキャッチフレーズ好きな方で「SSSは信頼、新鮮、親切」とアピールしたり、文部省、厚生省(共に旧省庁名)認定とアピールしたりしておられました。なるほど学校給食は現文科省の管轄ですし、保育園などは厚労省の管轄だし、当時消防学校の給食にも出入りしておられたので総務省、自衛隊にも出入りしていた関係からか防衛庁(現防衛省)とどんな大きな会社なんだと思えるようなアピールの仕方しておられました。会社の名前もそうですが、勤めている方にすれば勤務先名こそがステータスのような方もいますよね。私の友人「へぶちゃん」も肩書好きで、やれ同級生の〇〇は〇〇会社の役員だ、とか自分の身内の〇〇は〇〇と言う役職についているという話ばかりしていました。おかげさんで個人商店主の私など彼からは恥ずかしいのかほとんど私の事を紹介してくれたためしがありません。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 21:29:04  コメント (0)