進まぬ計画

有難いことに旧八日市のレストランさんとの取引をさせて頂いたり各仏事関係や各団体の粗品などにどら焼きを使っていただき毎日頑張っています。自分自身の予定では9月半ばには掘立小屋でもよいから販売する場所を欲しいと思っていましてそれに合わせて商工会さんと打ち合わせしてはいるものの中々日々の仕事に追われてその計画が進んでいないのが現状です

dscn2238.jpg

還暦手前の爺さんがしようとするお店ですので投下する資金などほんと「しれている」のでこうした車庫を改装してなんとか安く上がらないかと思案したりもしています

dscn2239.jpg

実際オープンしたらみなさん「ここって店なんか?」と笑われるかも知れないですし、元々能登川には「こね」も「つて」もないので来客予想など全くつかないですが拝み倒して来て下さいと言ったら何人か来て下さるだろうと・・・のんきな寛珍の春の妄想です

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 17:32:59  コメント (0)