自治会慰安旅行

昨日は私の住む自治会の前年度役員の慰安旅行があり参加させていただきました。私は2年前農業関係の役員しており、その役の特別委員を昨年していた関係で今回も昨年に続き参加致しました

dscn2738.jpg

今年こそはおとなしくバスの中ほどに座ろうとしたら「ここですがな」と後ろの方に座ることに。座れば最後早速ビールだのが出てきて・・・困るのはトイレ休憩に何度も行かなければならなくなるので控えたかったんですが結局何本も飲んでしまいました

dscn2740.jpg

前年度自治会長さんの挨拶。好天に恵まれた昨日、「今日は時間の許す限りお楽しみください」のお言葉に役を終えられたこともあってかご自身も声が弾んでいるようにも感じました

dscn2742.jpg

向かう福井県の途中の北陸自動車道賤ケ岳サービスエリアでの休憩。つい気になるのはこの写真右側での販売風景。今年からこういった販売、今まで年間10回(2日連続のイベント含めると14日)ほど行っていましたが8回に減らそうかと思っています。減らすイベントとして昨年ほとんどお客さんが来なかった永源寺での車関係のイベントと猛暑での米原のイベントなど情けなかったり猛暑で倒れそうになったりでしたので・・・

dscn2743.jpg

乗り込む私たちのバス。かっこよい車なども数台見た昨日でした。また、私たちのバスの隣では「大森町農業組合」さんのバスも停車していました。うちの前年度組合長さんと「私たちのバスに乗り遅れたらあっちのバスに乗ろうか?」などと冗談言ったりしていました。乗り込んで「やれ土改(土地改良の略)がどうのこうの」「市辺の農済に行って・・・」などと話していたら「この人たちってうちの集落だったかなあ~と勘違いされ、紛れ込めるんじゃないかって・・・んなわけないよなあ~

dscn2745.jpg

到着したお昼の食事場所。昨年度の役員さん二人が予約されていた人数などの確認にフロントへ

dscn2744.jpg

お昼の食事までのくつろいでおられる風景。お風呂に入ったりされる方がおられたり、昨年の行事などでの苦労話、面白かったエピソードなど話されたりしていました

dscn2746.jpg

このお食事する施設から見る三方五湖。若いころからよくこの辺はドライブしたりしていました。1980年代はもう少し賑やかだったようにも思えますが今の方が渋滞なくドライブできるのである意味静かでよいです。

dscn2748.jpg

所謂宴会場所へ

dscn2749.jpg

食事も多く出てきましておいしかったです

dscn2750.jpg

バスに続いてのご挨拶をいただき

dscn2751.jpg

乾杯の挨拶をいただいた後は

dscn2754.jpg

楽しい食事でした。

dscn2753.jpg

普段お話することない方々との会話も弾み

dscn2752.jpg

お酒もすすみ

dscn2756.jpg

歌も楽しく聞かせていただいたりでした

dscn2757.jpg

連中(お宮さんを世話する同世代の集まり)さんもくつろぎながらのお話、新旧役員さんのお話、何をお話されていたのかな?

dscn2758.jpg

全体写真を撮る直前の様子。

dscn2759.jpg

こうしてゆっくり景色見ながらのは気楽ですし楽しいです。途中廃業されたガソリンスタンドを見かけたりしましたが、今の様なナビも何もなかった時代、燃費の悪い車に乗ったものなら絶えずガソリンスタンドで給油しておかないと次どこで給油できるか心配したりしていました。私の友人で岡山のO君はマツダのサバンナRX-3のサイドポートチューンと言うチューニングを施して走っていたんですが、大山付近でガス欠起しえらい難儀した話を聞いてから私も当時は絶えず給油をしながら走るようにしていました。彼、本当はその後「13Bペリフェラルチューン」を施す予定でしたが、そのことがあってからスピードより燃費だとスポーツタイプの車から「ファミリア」に乗り換えました。まだ肌寒い季節に山の中で誰も来なかったから車に一晩いたらしくよほど堪えたんだろうなあ

dscn2760.jpg

帰り際に立ち寄ったのは2週間前にも寄せていただいた「さかな館」。

dscn2764.jpg

昨日は到着した時間も2週間前より少し早かった関係でバスの台数も多く感じました。

dscn2762.jpg

いろんなお魚が売られていて(さかな館というくらいだから当たり前ですわな)皆さんお土産を買っておられました。前回はいくらを購入しましたが今回は何も買うことなく単なる休憩の場所として施設内をうろうろするだけでした。いくらで思い出すのは子供が小さなころ思いっきりいくらを食べたいというが高いので、とある得意先へ納品しいた模造いくらを余分に1つ仕入れて食べさせたことがありました。QPの「ドロップサーモン(だったと思う)」という品で、昔製薬会社がカプセルタイプの薬作る時に偶然出来てしまったのがいくらに似ていたからと流用した品なんですが、本物と間違えて思いっきり食してくれたのを思い出しました。フェイクニュース、フェイク料理という言葉が数年前流行りましたが流行っている当時何度となくこのイクラの事を思い出したりしていました。

dscn2765.jpg

ソースカツ丼は結構有名ですね。また、こうした丼も有名ですがラーメン屋さんも多くある場所でもあるんです。敦賀駅の近くに夜になると屋台のラーメン屋さんが出て冬場などふらっと出かけてラーメン食べたりしていました。

dscn2766.jpg

楽しく過ごせた慰安旅行、家路に向かうく皆さんの様子。いろんな話などしていた中で同じ食品業界にいる人との会話の中で大手飲料メーカーの食堂の大将が数年前に他界されていたことを聞いて驚きました。全然知らなかったです。それもずいぶん前の事らしく「後悔み」もなにも過ぎ去った時間が長すぎるのでどうすることも出来ないですが、昭和から平成にかけてお世話になった思い出がたくさんあります。こうして亡くなられたり現役を引退されたり後継ぎに任せて隠居、時代の流れから廃業(特に弁当屋さん)、閉店など平成の後半数年は寂しい話が多々舞い込んできました。私自身も年を取ったのでそうなるのも当然なのかもしれませんね。年の事もあってか私のブログでも絶えず「思い出すのは・・・」とか「昭和の時代は・・・」などの話多いですもん。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 5:21:17  コメント (0)

習慣

朝も早うから起きてしまいました

dscn2734.jpg

今日は自治会の旅行なんですが、小学生じゃあるまいし嬉しくて寝られなかったわけではないんです

dscn2736.jpg

今年は近年まれにみる値上げラッシュ。食品で価格が上がらないのは米くらいです。

dscn2583.jpg

この会社、私たちの世代では「伊奈精機」ってなこと言っていました。トイレで温水が出てと言うタイプ、TOTOも有名ですが開発はこちらの方が早かったん(1967年)です。私が設備屋にいたころの1984年にはすでにTOTOの方がメジャー感ありましたがなんと言っても戸川純さんのCMが余りにもインパクトがあったからじゃないかな~ネーミングもウォシュレットはTOTOさんの登録商標ですしこうしたタイプ全体の言い方としてはシャワートイレと言ったりしています。名前で言いますと親戚のいわさんが子供さんが結婚されたとき嫁さんの名がこれまた親戚の奥さんと同じ名で(ひらがなにすれば同じという意味で)名字が同じな関係で「困るなあ~」なんて言っていましたが先の嫁がれたほうが困るなあ~なのに・・・と思ったりしていました。屋号もそうしたこと思って「美湖母湖」にしまして、検索してもうちしか出ないようになっているはずです。お店でも得意先の名を検索したら東京のお店が出てきたりします。

dscn2737.jpg

ちょいコーヒーでも飲もうと入れ物探していました。これにでも入れるかと手に取ったのが生保会社からの頂きもの。ひところ保険などの勧誘が頻繁だった時期もありました。婿に来た時最初に勧誘が来たのが農協でした。子供が生まれた時に来られたのですが、その保険が現在役に立ったりしています。そうした勧誘ならよいのですが電話での勧誘と言えば電気関係のオール電化じゃの太陽光じゃの。また、アパート経営などのお話。数年前、「銀行に預けていても・・・」と低い金利では現金、持っているだけでは価値が下がると言ったいい方される方もいらっしゃいました。金利などの事例えるので食品の事に置き換えて話したことがあるんです。現金 10000円銀行に預けても100円くらいにしかならないでしょと言う人がいましたが、私の場合そのお金で商品購入し11000で販売したら10%の利益ですし、食品は現金として手元に入るのが他の業種(建設など)より早いので儲けは薄くとも続く業種と思うんです。銀行の利子などを例える人たちの勧誘の品は今までかかってきたりした電話でたいがい胡散臭かったです。皆さんそうだと思うのですが、基本的に興味があれば勧誘受けずとも自らネットなり人に聞いてみるので予定にないものや考えもしなかった話の電話には応じないのが一番と思います。とある「ネットワークビジネス」ってな言い方し、「子を増やす」ことを目的にしている総菜屋の大将がいて、副業のそれが「実入り」が良いのでのめり込んでいまして私にもやってみろとよく勧誘受けました。私は「それは私の仕事ではありません」と断っていましたが、大将に言わすと「うまいこと断るなあ~」というので断り方はどんなのがあるの?と聞いたら一番の断り文句は「しません」「断ります」と単刀直入で、意外と引き込めるのが断る理由を述べる人だそうです。勧誘のプロなんて「イエス・バット方式」なんて言うように断りのセリフをなるほどなるほどと聞いていながらそれならこの方法でと相手がその条件に乗ってくるまで話を聞いては他の方法を提案したりします。とある勧誘でそれが食品なので私の方から提案したことがありました。人手不足で困っている親しくしている問屋さんに転職を促したり、私の方から「その食品よりこれからはこちらの方が良いですよ」と勧めたりしたことがありました。たいがい勧誘には慣れているその人逆に勧誘されたら結構困惑していました。数年後配達に来た人が「私は過去お宅に電話したことがあります」と聞いた時はびっくりしたことがあります。ぶつくさ言っているうちに5時半・・集合が9時半なので2時間ほど寝よっと

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 5:31:57  コメント (0)

気分屋のパソコンと向かいあいつつ

パソ・・おかしくなったらすぐ家内に相談、今日はたまたまうまく作動したみたいです

dscn2720.jpg

家屋の解体作業の様子。この解体工事って業者によって工事費様々ですね

dscn2722.jpg

苗などを育てるためのビニールハウスを設営しておられる様子です。組み立てておられたのは年配のご夫婦でした。私の知る人もこうしたハウスでお野菜を作っておられますが夏場のハウス内の作業はしんどいのを通り越して危険だと話しておられました

dscn2723.jpg

とある新聞販売店。学生のころ新聞販売店でアルバイトしていたことがありまして、配達でなく構内作業だったんですが、その作業は倉庫に山積みになっている洗剤とかを車に積み込み勧誘の人と共に「1ヶ月だけでも・・」とお願いするアルバイトでした。その時生まれて初めて安全靴履きました。理由はマンションなど結構ですと言われて扉閉められる前に足を扉に入れるためらしいのですが私はその行為はしていなかったものの当時(昭和55年)、こんな強引なこと都会ではしているんだと思っていました。取って頂く為には洗剤、野球の観戦チケット、商品券、ビールなどの券などなんでもありでした。

dscn2726.jpg

得意先から出てこられた団体さん。お店もこうした団体さんが毎日来られるとお店運営の計画が立てやすくまた予約がずっと先まであると食材発注もまとめて下さるので出入りする私としては大助かりです

dscn2728.jpg

愛東マーガレットステーションさんも外装工事中でした

dscn2729.jpg

ちなみにこの施設もうちのお得意さんです

dscn2732.jpg

能登川地区に出来る予定のドラッグストアの建設現場

dscn2733.jpg

この建設会社に私の友人がおりまして、学生の頃からの付き合いです。最近友人仲間からドラマ「下町ロケット」に出てくる財前部長っぽいなどと言われています

dscn2730.jpg

このお店、以前は仏壇屋さんでした。そのはるか前はスーパーマーケットで確か〇〇ママセンターって言っていました。その店の社長さんには当時よく面倒(買っていただく)見てもらいました。その頃は町のあちこちに小さなスーパー(と言ってもチェーン店などもあった)があり、なぜかお商売で成功された証のように御殿の様な家を構えておられました。彦根でもお城の様な家、長浜ではまるで首相官邸の様な事務所を兼ねた家などありました。こうしたスーパーも21世紀になったあたりから徐々に消えゆきました。甲賀の方にもそうした数店舗展開するスーパーがあったんですがそこの「若社長」、自分は大手スーパーのオーナーと同じような気分で現場のことなどノータッチで私は「この規模のスーパーでこんな事していて・・・」と思っていました。今はもう「ない」ですが・・・なんでもそうですが大手になるまでは経営者自ら現場に立たずとも良いから現場を把握しておく必要があると思います。とはいえ大手になりすぎると働く方が社長なり創業者の顔を見たことないってざらでして、ホンダの創業者、宗一郎氏が引退なされた直後、自社の展示会にふらっと顔を出されたときに受付の女性が「恐れ入ります、ここにお名前と職業をお書きください」と言われたとき完全に身を引く決心したとも本に書いてありました。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 23:22:09  コメント (0)