どら焼きのある風景PART254・渓流の里3周年記念イベント

昨日、今日と永源寺にある「奥永源寺渓流の里」にて3週記念イベントがあり出店させていただきました

dscn1005.jpg

現場に向かう道中、山上小学校付近の交差点です。給食物資の問屋さんい勤めていたころ当時同僚の「きりちゃん」が雪が積もった日にいすゞ「ファスター」と言うトラックで納品しようとしてこの坂が登れ切れずに難儀したというのを思い出しました

dscn1007.jpg

ダムの下を見ると工事車両のダンプカーが並んでいました。この付近の工事もずんずん進み、この道路を年数回通りますが毎年道路がきれいになっているので驚きます。それもこうした工事関係者の力添えがあるからなんですよね

dscn1010.jpg

天気予報に反して晴れていて気持ち良いです

dscn1011.jpg

しかし晴れて日が差していいても11度とは「晩秋」だなあと感じています

dscn1012.jpg

9時過ぎ時点でもこうした道の駅はいろんな車やバイクが一休みに来られます

dscn1013.jpg

バイクも80~90年代と違いフルカウルスタイルのが少なくなったような気がします。又、現在ではほとんど2サイクルエンジンのバイクは見かけなくなりました

dscn1018.jpg

今回私の右隣は木工品の販売される方で

dscn1022.jpg

左隣は「おまえもお茶の味が・・・」のCMでおなじみ八日市の「ますきち」さんです。二五八祭りに続き連続してのお隣さんです。

dscn1036.jpg

つい買ってしまった「抹茶ラテ」おいしいんです

dscn1037.jpg

ますきちさんのそのまた隣では

dscn1038.jpg

イワナの販売をしておられます。

dscn1020.jpg

先ほどの木工品販売の方の向こうでは南伊勢町からみかんの販売に来ておられました。

dscn1015.jpg

売店前では毎度おなじみのたこ焼き屋さんやJAグリーン近江さんなども出店しておられたりで3周年記念、にぎやかにスタートしました

dscn1019.jpg

今回のどら焼きのラインナップとしては粒あん、こしあん、白あん、抹茶あん、栗あん、紅いもあんの各シリーズ6種で、この時期なので冷たいクリームやチョコなどは予定から外しました

dscn1027.jpg

チキンは毎度のごとくの陳列で、普通平たく陳列するのに対しいわゆる「垂直陳列」にて皆さんにアピールしています

dscn1028.jpg

どのように出来上がるかなども娘に絵で描いてもらいアピール。この絵もかれこれ4年ほど前の絵です

dscn1021.jpg

観光バスがどんどん来始めました。妙な話こうした道の駅の午前中のバスの停車はおおよそトイレ休憩が多く、バスに乗り込むときにひとつふたつどら焼きを買って下さる方はいるがあまりチキンは売れません。午後からの場合、家に持って帰る時などに買って頂けるのですが、そこが道の駅での販売の経験からくる結論です。で、それじゃ春の三重県での梅まつりは観光バスくるが売れているじゃないかと思われるかも知れませんがあの場合は観光バスの目的地でもあるので滞在時間が違いますので・・・

dscn1029.jpg

ものを取りに関係者駐車場に足を運んだ時に見た紅葉。きれいでした

dscn1026.jpg

この敷地外ではなんだか私が興味示しそうなのがありました

dscn1042.jpg

この建物は元々「政所中学」でして、3年前大改装してこうした道の駅として生まれ変わりました。この階段上り

dscn1041.jpg

見る景色は素晴らしかったっです

dscn1039.jpg

ちなみに鉄塔、関電さんの方から「ひとで」ってな言い方しているんだよと教えてもらいました

dscn1031.jpg

ご存知飛び出し注意の看板。この東近江市が発祥と思うとちょい人に言いたくなります。

dscn1033.jpg

交通量が多く、このような

dscn1034.jpg

タンクローリーなどの大型トラックも頻繁に通ります。このタンクローリー見るとBBCのCMで「あり~がと~あり~がと~」と歌っているのを思い出しました。ちなみに知らない方にお伝えしますとBBCって琵琶湖放送の事です。

dscn1043.jpg

んなこと言いつつ夕方になるとごらんのとおり。道の駅の人の引き方って極端です

dscn1045.jpg

帰り道、日も暮れるのが早いので本当に山の晩秋ってな感じです。昨日と同じように現在4時過ぎ、今日も永源寺で売ってきます。

Filed under: どら焼のある風景 — admin 4:05:42  コメント (0)