猛暑配達

とにかく暑いが合言葉の数日間です。

dscn9697.jpg

O町では玉ねぎの収穫しておられました

dscn9698.jpg

今日は救急車をよく見ました。とにかく暑い今日

dscn9699.jpg

暑いと言っていても仕方ないので配達っ!で、先日も話していましたが福堂町にあるこの木ですがどうみても斜め向いているようにしか思えないんですが、何かの宗教上の理由でもあるのかな~秋にこの町に行く予定あるので聞いてみよっと

dscn9702.jpg

スイカの販売も全盛ですね

dscn9704.jpg

36度とは中々のものです。こうした数字見ると余計厚く感じます、気温確認しなきゃよかった

dscn9705.jpg

ラーメン屋さんのあとにできたこの自転車屋さん、いつも色んなサイクリングの方々で賑やかです

dscn9706.jpg

このお店はボディーと書いておられますが中にはボデーと書いていたりディーゼルをジーゼルと書いていたりするお店もあります 。私なんぞも古い人間でしてデズニ―ランドと言ったりして子供によく笑われていました

dscn9707.jpg

いつもこの辺り通過するときはお昼の営業が終えられたころ。かといって営業時間に合わせて行動取るわけにもゆかないですし

dscn9708.jpg

木戸地区付近は結構住宅が密集しているように思えます

dscn9712.jpg

後ろから来た車が乱暴な運転するので巻き添えはごめんとばかり左側に寄ったら

dscn9713.jpg

追い抜いて行き今度はその前の車をあおっていました。

dscn9715.jpg

こうした風景見ると滋賀県と言うよりどこかの太平洋に面した道路走っているような気にもなってしまいます

dscn9716.jpg

いま、「びわいち」のための自転車が通れる道を整備しておられまして、こうした企画、楽しいし滋賀の魅力、琵琶湖のすばらしさを伝えるのにとても良い事と思います

dscn9719.jpg

ここってな場所までは申せませんがこの近くに家がありまして、その又近くには田んぼがあったりしました。のどかだったのですがこの道が出来てからはその景色や環境が一変してしまったようです。彦根の実家近くも道路拡張したりされ「都市化計画」ってなうたい文句で着々と進んでいますが人の会話も行き来もなくなり見た目の都市化の美しさと引き換えに人情味などの風情がなくなってしまったような気もします。学校給食でも日野町の某小学校など使われてはいませんでしたが昭和59年当時「おくどさん」があったくらいで、割烹着着た「給食のおばちゃんたち」が頑張ってお昼を作っておられたころの方が本当の「食育」だったような気がします。食べ終えたら当番の子らが食器など返しに来て「有り難う~」と元気よくお礼言っておばちゃんたちも「よろしゅ~おあがり」・・こうした会話も食育には大切と思うんですが・・・と・・妙なところで脱線・・・すんません

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:22:10  コメント (0)