取り残されたみたいな

平日、皆さんは職場にて頑張っておられたり、営業活動などされていますが家での仕事はなんだか取り残されたみたいにさえ感じます

dscn9359.jpg

麦刈りも終え、営農組合関係の主だった作業も終えこの土日は各団体(生産組合・営農組合)の「ご苦労さん会」があったりします。

dscn9361.jpg

私は今もこの携帯です。話すことくらいしか用がないのでと思っていたら家族で私以外がラインたらをしていまして、私に声がかからないことがあったりします。子供たちは「だってお父さんパカパカ(ガラケーの事そういうらしい)やもん」・・・あたしゃこれで当分行きますっ!たたんでポケットに入れるので便利ですもん

dscn9362.jpg

かしわ燻していて外見たら日差しのきつい事きつい事。こう言った時に思い出すのは(出ました~寛珍の毎度のセリフ)歌で「真夏の海はフォーエバー~お前がそばにいて・・・」とか「ここかと思えばまたまたあちら・・・」「暑中お見舞い申し上げます~」ってなのでして、この時期だと最近は「今頃くにの(この場合故郷)テネシー辺り刈り入れ時さと~」ってなのを口ずさんだりしています。 とにかく燻しあがるまでは持ち場離れられないのですることと言えば鼻歌くらいです

dscn9366.jpg

ここのファミマがすぐ近くに移転しました。こうしたタイプのコンビニの中でも最後まで運営しておられたので寂しくも感じます。こうしたタイプとは現在のコンビニは田舎ではやたら大きな駐車場があったり店舗も広かったりします。このコンビニはまるで昭和のコンビニっぽくも感じていました

dscn9368.jpg

ひところのようにSIO・・・言わなくなったんやろか?食品メーカーでも担当の営業マンなど誇らしげに名刺に書いていましたのに

dscn9371.jpg

家の中から見つかった包丁、「すまんが使えるように研いでおいてくれないか?」との事でしたので早速なんですが中々・・・で、これっていつから家にあるの?少なくとも私はこちらに来てから見たことない包丁なんですが・・・そんなこと言いつつ荒い砥石でとりあえず錆を落し始めました

 dscn9373.jpg

まずは大方の錆と

dscn9374.jpg

言いたかったのですが中々落ちにくいので

dscn9375.jpg

研磨剤で

dscn9376.jpg

おらかた

dscn9377.jpg

落とし、今度は目の細かいので

dscn9380.jpg

なんとか使えるあたりまで研ぎました。確か農家の中にはグラインダーとかあるのでそういうのがあればとも思ったりしていました。何かにつけもったいないと物を大事にする家ですがそもそもこんなに錆びだらけになるまでほおっておくこと自体がもったいない事と思うんですがねえ~

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 14:33:14  コメント (0)