昨日の事なんですが

昨日とは打って変わっての天気に嘆いている寛珍です。これは昨日取った行動の記録と言うより独り言なんですが付き合って下さい

dscn8469.jpg

各中学校ではここ最近問題が減少傾向にあるとも聞いています。問題が改善されたのではなく問題を起こしそうな学生たちが登校しないから学校内での問題が少なくなったように見えるだけとの話聞いてそういや昔みたいに「俺・・・悪ですよ」ってなかっこしなくなりましたもんね

dscn8471.jpg

あきちゃんもカメラ屋さんとして各方面で活躍していると聞いています。そういやがっさんの葬式の時も葬儀場専属としてカメラ持っていたもんなあ~

dscn8473.jpg

いつもひこにゃんはかわいいですな。

dscn8474.jpg

今はやめられましたがここに八百屋さんがあり、給油先が同じだったこともありよくガソリンスタンドでいろんな話していました。とにかく毎日ご夫婦で頑張っておられ、朝は朝星夜は夜星と言うくらいの仕事熱心な方でした。その分お酒もよくたしなまれ仕事終えた後にこの近くのおでん屋さんに入り浸っておられたのがついこの間のように思えます

dscn8475.jpg

この道を進むと「みかちゃん」が経営する美容院があり、家内もよく利用していました。子供が学校に行く頃になると中々寄せてもらうことが少なくなりましたがどうしているのかなっとよく夫婦で話したりしています

dscn8482.jpg

昨日は彦根市立城東小学校の入学式がありました。私も50年ほど前入学式に母親に連れられ出ました。妙な話私って根が暗いのかしょうむないことをよく覚えていたりしまして、当時入学式から帰宅し夕方4時頃だったかなあ~テレビつけたら歌手の「ピンキーとキラーズ」のメンバーがワンボックスカーで生活する、もしくは旅をするという番組だったのをうっすら覚えていて、その中でメンバーの誰かが生活費にか何かの為タイヤを売却したことが問題になったというのもうろ覚えとは言え覚えています。このドラマの題名がどうしても思い出せないですが、もしこのドラマの題名覚えておられる方がおられたら教えてください。

dscn8476.jpg

その小学校から一番近いところに住んでいる友人がいまして、いつも「通学が楽でいいなあ~」と思っていました。通学も私の場合商店街を通っての通学でしたしいろんなものを販売したり店頭に並べられていたので楽しかった思い出があります。で、この入学式からお母さんと共に帰る1年生の子らを見てびっくりしたのはスマホ片手に電話したりしていることに驚きました。人物を写真に収めるのもどうかと思ったので写してはいませんが、この先の信号で信号待ちしながら窓開けたらその子らの会話が聞こえてきまして「ライン」、「インスタ」・・・・驚くばかりです

dscn8477.jpg

学校の前のこの駐車場には昔銭湯があり、宿直の先生方も夕方よく利用しておられました。また、この隣には「暫」という大判焼のお店があり機械が回転させながらそれを焼いて行くのを飽きもせずに見ていました。あんこがたっぷり入っているのをおいしそうだなと思っていましたが50年後に嫌と言うほど作る身になろうとは・・・

dscn8478.jpg

ここに40年ほど前にテイクアウトのお寿司屋さん「寿司一(いち)」と言うのがありこの店ではないですが寿司一中央店でアルバイトしていたことがありました。その時の若手課長が現山月のオーナーさんであり、課長補佐が先日カリーナに乗ってとか話していた方でした。

dscn8479.jpg

近代的なビルの合間にあるこの食堂、いつも変わらぬ味で昔から好きで今も配達後に食べに寄せてもらってます。こうした昭和が色濃く残るお店に安心感と言うかほっとするのも爺さん寛珍なんだろうなあ~ちなみにこの間レンタルで「居酒屋ふじ」と言うのを借りて見ました。面白かったです

 dscn8480.jpg

マニアックな思い出ですが、この建物に40年ほど前喫茶店がありまして、名を「クェッション」・・・「?」と言いました。さすがこれ知っている人はほとんどいないだろうと思いますが、屋号が余りにも(当時)衝撃的で、子供心にひょっとして店の中にはショッカーの戦闘員とかアントマンとかが働いてるのかな?なんて思っていました。間違ってたらごめんなさい、アントマンはバロムワンの戦闘員で2015年のアメリカ映画の事ではないですよ。このバロムワン、友人がっさんと二人でいつもバロムクロスしていたのですががっさん急に怒りだし「なんで俺がいつもたけしでお前がええとこのぼっちゃんけんたろうなんや!」と言うので仕方なく代わったことがあります。でもがっさん、どっちかと言うとバロムワンのたけしでなく剛田武(ジャイアン)みたいなところがあったよなあ~おかげで私はスネ夫的存在になってしまっていました。成人してからも当時175㎝58Kgくらいの私と188㎝110Kgの彼とのコンビは色んなので形容されたりしました。彼が他界した後もマツコ・デラックスとクリス松村、ホンジャマカ、安田サーカスの太っていたころのヒロと団長・・・みんなよく当てはめてくれるもんですな。

dscn8481.jpg

実家のチューリップも見事に咲いていました。こうして乱高下する気温と日替わりのような天候ですが春のひと時の独り言しながら仕事していた昨日の寛珍でした

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 21:22:22  コメント (0)