春のうららかな

連日好天が続き、どら焼きを焼いていても眠くなる寛珍です。躰光寺では先週祭りが終わりましたが他の町等ではこれからGWにかけて各地で祭りが行われ、その時に帰省される方々からのどら焼きの注文などでありがたく思っています

dscn8356.jpg

ごらんの気温。4月下旬並みですな

dscn8359.jpg

久々のガソリン価格について。この数カ月これくらいの価格で落ち着いて来たみたいですね

dscn8360.jpg

今年の高校野球は滋賀から3校も選ばれましたね。私の知り合いもお子さんが該当高校に通っていて、大変なことに兄弟、この該当高校に通っているものですから親としてあっちで頑張れこっちで頑張れでほどほど疲れたと言っていました

dscn8362.jpg

このお店、やめられて寂しい限りです。

dscn8364.jpg

私の母校です。面白いことに校歌ってその地域の情景と言うのも入っていて、この小学校の場合「古く名におう金亀城」と言うくだりがありますが、金亀城、すなわち彦根城が出てきたりします。能登川東小学校に通っていた家内や子供たちは「鈴鹿の山に・・・」と見える風景が彦根とは違っていたりします。人の出身校にはあまり関心ないですがその歌から風景が思い浮かべられるのもいいものですね。昔塾か何かの勧誘でセールスマンが来た時「うちは私が教えますから」と言ったら彼、「私の方が教え慣れている」と言うので出身大学聞いたら大阪の国立大学、でも本当かどうかわからなかったので「学籍番号って覚えてる?」と聞いたら「なんですか?それ・・・」こいつ・・・てんぷら学生(在籍していないのにその大学に通ったりしていかにもその大学にいたようにしている人の事)やなっとわかり、ついでに「校歌って覚えてる」と聞いたらなぜか歌いだしたんです。普通大学の校歌ってほとんどの人が覚えていないのに誠に不思議なセールスマンだったのを思い出しました

dscn8365.jpg

彦根市役所も工事中です。元々この場所には印刷局がありました。

dscn8367.jpg

こうして旧港湾に咲く桜見ながら春を感じつつ仕事している寛珍でした

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 12:46:37  コメント (0)