契約更新

4月は何かと契約更新などの時期でもあり、3月中に済ませられるものもあれば4月にならないとできないものもあったりしますね。また、首長が突然変わったりし(死去・落選)改めて契約を交わさねばならないものもあるやに聞いています

dscn8623.jpg

私が東近江市と交わしているふるさと寄付関連も契約時期でして、今年度より感謝の意味を込めてこうしたお礼の「のし」とか

dscn8622.jpg

市長のお礼の言葉なども送る際に同封と言いましょうか添付することになりました。市長、きれいな字です。で、契約書そのものはお見せ出来ないですが、契約書には収入印紙を貼る事があり、いわゆる「請負契約」の部類と言うことでビジネスの一環として貼る必要があります。で、例えば保健所などへの申請に関する書類には収入証紙を貼る事があったりしますが、保健所からの許可をいただくことはビジネスの請負でもなんでもないので証紙と言うこと(詳しく言うと地方公共団体関連なので)になります。で、この収入印紙ですが例えば不動産契約などの場合高額印紙を貼る事になるのですが10万円なんてのもありまして、これをもったいないからとはらずに放っておくと「脱税」にもなりますし、契約そのものの効力もなくなるやに聞いています。印紙で思い出すのは昔クリスマスケーキを得意先「P」のIさんから買えと言われ、私の得意先に配ろうと3500円のを16ヶ頼んだことがありました。当時30000円以上なら領収書に200円のを貼る事になっていたのでトータル56000円のに貼ればいいものをせこい{P」の社長のせがれ、29900円の領収書と26100円の領収書のふたつにして発行したんです。翌年も「付き合え」と言われたが皮肉って印紙でお困りにならないようにと8セットにしておきました。また、とある店の奥さん、その店で大勢で飲食し、領収書頼んだら3万円以上の飲食なんてされたことないのでと「切手でもええやろ?」といわれて目が点になったことがありました。勤めておられる(サラリーマン)の方にはあまり目にすることないかもしれませんが、印紙って結構馬鹿にならないもんなんですよ

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 12:17:43  コメント (0)

GW用に

今週末から始まるGWに合わせ、頂いたどら焼きを入れる化粧箱などを買いにオリトメさんへ寄せていただきました

dscn8611.jpg

包装しでもめでたい事用、仏事などGWにいろんなご注文があろうかと品選びしつつ目新しいものにも魅力感じたりのひと時でした

dscn8612.jpg

近江八幡駅西側の風景です。駅前にあった地元スーパーもなくなり少し寂しくも感じます。私の高校の頃は旧国鉄バスが「元八幡」と言う所まで通っていていつもこの通りをバスから眺めていました。今はそのバスも廃止になりましたが旧市内には当時の商店街の面影があったりで数年に一度通った時に思い出に浸ったりします。そういやこの近くに「てんとり虫」と言う名のゲームセンターがあったよなあ~

dscn8614.jpg

最近でもないのですがステーキハウスとでも言いましょうか要は焼肉屋さんが何店舗か出店するようになりました

dscn8615.jpg

先ほどの写真のもそうですが、この写真のお店も先ほどの店舗と距離が近いところに出来ていたりでちょい激戦かなっと思ったりもしています

dscn8616.jpg

このお店は昔からあります。この店にはかれこれ10年ほど前に家族で寄せてもらった事がありました。あの頃はまだ「あほほど」食べられたのですがここ最近はどうも脂っこいのが食べられなくなりました。

dscn8618.jpg

安土から能登川に入る時の風景。着々と新しい道路の工事が進んでいます。このままだと隧道ができる前にこっちの道路ができるんじゃないかと思っています

dscn8619.jpg

お店の事に関してなので地面写すのみにします。これは昨日の事なのですが、とあるスーパーで買い物していてご年配の奥さんがレジを通り袋詰しようとカートを押したとき何らかの拍子にこけてしまわれたんです。時刻は夜6時半頃、お体大丈夫ですかと私も含めお客さん3人で広がってしまった品を拾ったりご婦人の体を心配したりしていたのですがレジの店員さん2人、知らん顔しているうえ品出しの男性も見てみぬふり。レジには誰もお客さんいないのにも関わらず素知らぬ顔するので拾っていたお客さんの1人が聞こえるように「不親切な店やなあ~」と言っていても素知らぬ顔に加え「なんで私達がそんなことまで気にかけないといけないの?」と超不機嫌。この時間帯、アルバイトさんのみで店舗運営されているのかと思いはするが私個人「そんなもんなんやろか?」と思いました。そういったことがあってか今日はやはりお馴染みの「フレマ」で買い物しました。これは「彦根弁」なのかもしれないですが「せんしょ焼く」人がどんどん少なくなってきたようにも感じました。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 21:46:54  コメント (0)

毎年の事なのですが

農繁期になると商売の事と百姓の事のバランスとでも言いましょうか時間の割り振りが大変です

dscn8606.jpg

昨日は自治会の役員会がありました。不動産開発業者さんが開発する住宅についての説明なども行われました。

dscn8607.jpg

また、来月に行われる自治会の行事についても説明などが行われたりしました。昨年はこうした会議(自治会・農業関係)に数多く出ていましたが、今年は会議に出る回数が少なくほっとしています。

dscn8589.jpg

能登川駅前に仕事で行きまして、とあるイベントのためにこの駅で降りられた方にどら焼きをお渡ししました。その方は県外の方でして、私の事を知りこの日に行われたアイドルグループのコンサートに向かう前にうちのを買ってと思われて、待ち合わせしてお渡ししました。その方「ジャンボと言うお店の前にいる」と言われて初めてこのパチンコ屋さんの店名がジャンボだと知りました

dscn8588.jpg

バス利用することない私ですが、たまたま目についたのがこの終バスの延長の案内。平日能登川からの終バスが夜9時51分になりましたと案内がありました。おおよそ10時が終バスとすると京都や大阪などで働いておられる方々で八日市方面、五個荘などにお住まいの方なら少なくとも9時頃の電車に乗らないといけないですし、ちょっと「一杯」ひっかけようものなら時間気にしながらとなるんじゃないかな~それならばこの能登川に早めに帰り、駅近くで飲んでいる方が気が楽なんじゃないかな?

dscn8586.jpg

紹介でもないのですがこう言ったお店で帰宅までに一杯ってなのもいいんじゃないですか?このお店のお酒は「薄桜」で、能登川の文字通り地元生産の美味しいお酒飲みながら仕事の疲れを癒されるのもいかがですか。このお酒、私はあまり知らなかったのですが最近私は能登川の方にはなじみ深いお酒と分かり、昨年の農事出役してくださった方々のご苦労さん会や連中講で飲んでいただいたことがあります。私は先月見学させていただいた酒造メーカー「月桂冠」も良いんじゃないかと思います。ま~中には酔えたらなんでもよいという方もいらっしゃるし、日本酒より焼酎、麦とか芋とかが好きな方もいらっしゃるので文字通り好み千差万別ですね。私のお世話になった方でとにかく酒好きな方がいらっしゃり、その方の仕事仲間が死去した時葬式の場で(当時自宅葬)「お勤め」終えて親族以外帰られたのに隅っこの方で飲んでばかり、喪主側から帰宅した私に電話が入り「悪いけど〇〇さん連れて帰ってもらえへん?」と言われて迎えに行ったことがありました。最近見かけなくなりましたが駅のホームでカップ酒をってなことする人でその方が亡くなられた後奥さんが電卓はじいてその方が今までどれだけ酒飲んだのか計算されたことがありました。1300円程の日本酒を2日に1本ペース、月15本、年180本。年間234000円でこれを亡くなられる71歳まで無茶飲みし始めた30歳ころからずっとと計算したら40年ほどで935万円程酒代に消えて行ったことになります。でもその方はほとんど「自前」で飲んでおられたのですが中にはまるで「だた酒」を趣味のようにしておられる方もおられ、飲み助にも性格・・・千差万別なんですね

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 11:57:41  コメント (0)