散髪しに行くまでの小ネタ

ええ加減散髪しないととんでもない髪形になっていたのでいつもお世話になっている「市田さん」へ行きました。その話になるまでの「小ネタ」です

dscn7921.jpg

昨日に増して気温の高い今日、無風でとても過ごしやすかったです

dscn7922.jpg

彦根市内の得意先へ向かう途中に見た幼馴染「あきちゃん」のお店。元気にしてるかなあ~

dscn7913.jpg

こうしたデザインの車がよく走っていますね。最初アニメ関係の会社の宣伝車かと思っていました

dscn7924.jpg

こうしたシール見ると彦根だなあ~と感じます。

dscn7915.jpg

このお店の前、パン屋さんだったころお世話になりました。今もそうですがこうしたお店はセンスあっていいですよね

dscn7923.jpg

このお店の野球関連の修理等には定評があります。店長、だんだんおやっさんに似てきましたな~特に声などそっくり。ちなみに店長は弟さんで兄さんは継がずに草津にいます。この二人のお母さんは元々湖北の方でたま~にですが「やんす」って言われます。40年ほど前は結構この方言が多かったです。ちなみにこのお母さんの旦那で他界したよしさんは私の実父の弟です。なぜかよし叔父さん、ニックネーム「もんやん」と言われていて父に聞いたら「昔紋屋さんが家に来て家の家紋の事で相談していた時よし叔父さん、幼かったから紋屋さんと言えずもんやんと言ったのが事の始まりだった」そうで、こうしたニックネーム、一言やひとつの行動で数十年も言われるのも良いような悪いような。

dscn7925.jpg

この付近としか言えないですが彼、他界して10年くらい経つんじゃなんじゃないかな?がっさんと言い奥やんと言いよく旅行したり遊んだりした間だけに春先、急に寂しくなったりします

dscn7926.jpg

春先に家内と旅行したいなあと思っていましたが中々スケジュールが合わず。先日のいなべ市梅まつりがちょっとした旅行だったようなもんです。当日のいなべ市の梅は1分咲きでしたが今日あたりこの写真のような咲きっぷりなんじゃないかな

dscn7928.jpg

すぐには飛び立たないこの雀、えらいのんびりした雀ですな。この鳥は当然飼ってはいけない鳥なのですが妙になれなれしく何かねだっているようにも思えます。

dscn7930.jpg

この隧道

dscn7931.jpg

1970年代に完成し、かれこれ50年近く能登川の東西をつないでいましたがこれが出来るまでは踏切だったそうです。そねで思い出すのはたこ焼き屋のおやっさん、能登川駅の西側にお住まいなのに「当時よしお君(義父の弟)が踏切渡って来るのを見ながら家を出たものだ。なんせ歩いて5分くらいやったからなあ~」と言われるのでおかしい言わはる(言う)なあと思っていました。実は元々駅の東側にお住まいだったそうです。

dscn7935.jpg

昨日の幹事会お疲れさまでした

dscn7936.jpg

散髪も中々行けなかったのでカットしてもらいつついろんな話をしていました。晴れが続きその関係で「花粉」もしこたま飛び散った昨日でしたがひどい人などほんと悩ましい春と思います。つい先日退職なされた方がどら焼きを職場に配るからと届けた時「好評だったよ」とお褒めの言葉をいただいたのですが、電話でのお話の中、数十年間勤務していた話をされたのですが花粉の関係でまるですすり泣くようにも聞こえ、受話器とるこちら側からは感極まっているように聞こえました。職場に思い入れがあるのだろうと思いきやなんのなんのやっとあの会社から解放されると喜んでおられ、今日からは好きなことして暮らすぞ~と早速旅行に行っておられます。それも花粉の心配のないエジプトへ・・羨ましいというか仕事に対しての考え方もこうして切り替えができるようになりたいです。ちなみにこの方のおられた職場は山あいの杉とひのきのたんまり茂っているそのど真ん中にある工場で職場の人間関係や給与、昇進は満足いくサラリーマン人生だったが花粉に悩まされたサラリーマン人生だったそうです。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 0:09:25  コメント (0)