商工会幹事会

昨日、1年ぶりに能登川商工会の幹事会に出席しました。この商工会、正式に言いますと東近江市商工会商業部会能登川能登川支部幹事会です

dscn7940.jpg

7時半からの会議に合わせ寄せていただいたこの商工会の建物。ここでの会議も臨時での会議がなければこれで最後になります。能登川高校近くにある建物も今月いっぱいでなくなります。えらい寂しい話です

dscn7941.jpg

このイベント、私のところにも出店案内が来ていました。出店料が最低5万円、もしくは売り上げの10%でして、単純に言いますと50万円の売り上げが最低いることになります。ちなみにこの50万円の売り上げ、私共の販売で言いますとスモークチキン1428本販売しなければならずふれあいフェア―と258祭りの合計本数分の販売しないといけないのも「酷」ですし、一日せいぜい200本くらいが製造の限界の私にとって7日間ぶっ続けでの燻しはちょい辛いので出店は遠慮させていただきました

dscn7942.jpg

いろんな書類などが整理などのためにありました。色んな情報の関係でこれくらいしか写せませんが

dscn7943.jpg

こうした「蛍」などのPRもあったなあ~と懐かしくもさえ感じます。

dscn7945.jpg

んなこと書けば「あほ~っまるでこの商業部が解散するみたいやんけ」と怒られそうですがもちろんこれからも発展しますよ。この会議、営農組合や農業組合の会議とまた「空気」が違います。ちなみに最初会議に寄せてもらった時どこのお店のどの方かわからず幹事に推薦してくださった近所の家電販売店の「ゆきさん」にどの方か聞いたりしていました。しかしながら「あの方はモンクさん」とか言われても店そのものがなに屋さんかもわからず文句言う人だからニックネームで言っているのかと思っていました。後は皆さんニックネームで呼び合い「よ~ちゃん」とか・・・屋号と人物が中々一致しなかったですが仲間に入れていただき今はよくわかるようになりました。こうした事業が始まる春、少しは「勘」が戻りつつある寛珍でした 

Filed under: 湖国・近江だより — admin 7:39:45  コメント (0)