多賀などふらふら

配達で多賀界隈をうろついていました

dscn7725.jpg

とある他所の圃場。きれいに育っています。うちの集落、農協さんの話では平米辺り平年より100株ほど少ないらしく育ちが悪いというか・・・おかしいなあ~ちょんと播種したはずなのに・・・

dscn7728.jpg

多賀の中にあったガソリンスタンドの現在の様子。近年ほんとに少なくなったガソリンスタンド、当時から比べれば燃費の良くなったので給油回数が減ったとかの関係もあると思いますがそれにしてもなんだか寂しく感じます

dscn7729.jpg

「馬頭人」という行事があり、時の「名士」がなされます。友人のお父さんもこの馬頭人に選ばれそれは盛大に祝われました。で、その友人である馬頭人された方の息子さん、東京で美術関係の仕事していると聞いたことあり、元気でやってるかなあ~とふと思い出しました

dscn7730.jpg

このお寺にはいわゆる「地獄」について書かれたのがあり、幼いころ見て「怖っ!」と思ったことがあります。生前の悪さと言っても軽微なもので地獄に落とされたらたまったもんじゃないですな。針だの血の池だの舌抜くだの「パワハラランド」ですな。

dscn7731.jpg

かつてこの近くで弁当屋さんを営んでおられた方がおられ、元々ビールメーカーの食堂経営なされていた方のお兄さんということでその弟さんから紹介受けたお客さんでした。口癖が「なんかええのないけ?」でして、ありとあらゆる変わったもの紹介していました。この方は紹介された品に「ピン」ときたら即決で購入してくださいました。弟さんはとにかく価格交渉に厳しい方でした。ご兄弟でこれほどまでにも違うのか聞いたら兄さんの仕事は弁当をとる人を増やせば売り上げが当然伸びるが工場の給食はいわゆる「喫食者数」に限りがあるのでどうしても原価を下げることに専念するんだと言われたことがありました

dscn7733.jpg

くつろげるようになっていてロケーションも感じよくなっていました

dscn7734.jpg

多賀大社には前いた会社で月初に必ず営業マンがみんなで参拝していました。

dscn7735.jpg

役場の駐車場でちょい書類整理していました。以前この役場に則本選手を励ます垂れ幕がかかっていました。

dscn7736.jpg

大君ケ畑方面が通行止めになっているようです。山の民として活躍の「やまかん」さん、元気にしておられるかなあ~

dscn7741.jpg

この辺としか申せませんが、私の母とものすごく仲良かった方が住んでおられまして、母が他界した時悔みに来ていただきました。母より5歳くらい若かったと思います。私が2歳くらいの頃から家でやっていた「ドレスメーカー」という学校というか洋裁教室で母の助手して下さっていた方でした。私が中学生の頃結婚なされって助手の仕事もやめられたのですが母はいつもその方としていた仕事が楽しかったと話していまして、来られた時にその話したら懐かしそうに喜んでくださいました。

dscn7745.jpg

自販機が並ぶこのお店、今も右側に公衆電話があるのがうれしいです。でも、うちの子らカードも含め公衆電話の使い方知らないのに驚きました

dscn7750.jpg

この春から保育園も運営されるんですね

dscn7751.jpg

芹川。春先の芹川が私は一番好きです。さて、明日こそはまた寒くなりますが土日辺り気温が上昇すると良いんですがね~いなべ市の梅、土日に「ぱっ」と咲いてくれると嬉しいなあ~

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:10:59  コメント (0)