学校は冬休み

学校が冬休みに入り、給食の食材(今でもこのことを給食物資なんていいます)納品もひと段落し、年末年始のどら焼き、クリスマス用スモークチキンお販売と飲食店や保養所向け食材納品をする毎日です。

dscn7043.jpg

金曜に研修に出かけていたので昨日、土曜の間に各納品したりしていました。お寺関係3カ所、法事関係2カ所、クリスマス用2ヶ所と卸4カ所でした。 これは能登川東小学校区の西側に位置する町の風景で、この町のとあるお宅へ納品させていただきました。

dscn7047.jpg

うちの集落ではゆた~さんがトラクター作業しておられました。

dscn7046.jpg

とある保養所への納品。昨日某企業のクリスマス会が行われその食材を納品させていただきました。クリスマス会、23日と当日でもないのにされるのには理由がありまして、会社の社員さんやそのご家族での催し(労働組合さん主催が多い)が23日にあり、24日や25日はご家族でと言ったあんばいなんです。ずいぶん昔、某会社のこうしたイベント用食材を納品したことがあったのですが手羽先のチューリップ(チューリップのような形に処理してある品)を受注し入荷したらただの何もしていない手羽先が入荷していて青ざめたことがありました。文句言おうにも仕入先はお休み(その年も23~25まで連休)、料理長に報告しクリスマス会当日の朝というかまだ夜中の1時から私一人でそこの厨房で1200本処理したことがありました。処理して納品完了し、帰宅したら手がグローブのようになっていました。 こうしたことなどでよく処理などしていたのが後からのスモークチキン仕込みなどで役に立っているのでなんでも人生経験するものですね

dscn7044.jpg

今回各方面に納品させていただいたうちのひとつが豚肩ロース、焼き豚などの素材なのですが、焼き豚も肩ロースで加工される方とバラ肉で加工される方の二通りがあり、これも加工される方とそのお客さんによって変わってゆくんです。もちろん私のお客さんに限ってなのかもしれませんが、ラーメン屋さんに関して以外、焼き豚は若いころは豚バラを処理して出されているお店が多かったのですが20年ほど前から肩ロースを加工される方が増えてきまして加工がしやすいからなのかと聞いたらそうでもなく「お客さんが脂身・・・食べられんようになった」との事でした。

dscn7048.jpg

仕事の事UPしようと車走らせていても気になるのが麦の圃場。これはK氏が耕作しておられ、今年麦の圃場にお借りしている圃場です。

dscn7049.jpg

ところがちょろちょろと「嫌なもの」見てしまい、来春どうなるのか今から心配しています

dscn7050.jpg

各圃場見て回っていたら偶然連中(同世代のお宮さんを世話する組のようなもの)の二人に出会い、世間話などしていました。今年の麦はきれいに植えられているねと言われ嬉しかったです。これも3回掘ってしっかりこなすのが良いよとおけさんよりのアドバイスのおかげと感謝しています。実はご存知10月は3週連続土日に雨が降り、とどめのように3週目には台風まで来たので「今年は2回掘ってしまい(終了)にしよう」とまで思っていたのですが、各トラクター作業してくださった皆さんが中には仕事休んでまで掘っていただいたおかげで計画通り3回掘ること出来、そのおかげをもってこうした美しい圃場が出来たことに感謝しています。その美しい圃場のもとになったとでも言いましょうかアドバイスくださったおけさんにはほんと感謝です。いま、会計関係で頭がこんがらがっていますがこんなこと書くと叱られるの覚悟で言いますと今になってあの時の補助、助成、交付にかかわることがこのためだとか、この作業が今のこのためだといまさらやっとわかってきました。とはいえ「わかってきたのだからもう一年組合長やれ」と言われたらどこかへ引っ越しでもします。引っ越しで思い出したのですが高校の友人で太郎坊宮さんの近くに住む彼、オーストリアのウィーンに引っ越しというか仕事の関係でいるそうで、偶然観光協会さんの方で彼の近所の方からイベントで彼のこときいたら「ウィーンにいる」との事でした。最初何かの店の名前かと思っていました・・なんでも近くで済まそうと思いつく短絡思考の寛珍です。長野に行かれる方の話も最初愛知川の長野かと思っていたくらいですので・・・行動範囲の狭い寛珍です

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 7:59:21  コメント (0)