この土日までに

どら焼きを焼きつつ通常の仕事しつつ農事関係の段取りしつつふと気づいたことなどのモノローグです

dscn6092.jpg

仕入先に行く途中に見かけたお店。こうした感じのお店持ちたいなあ~

dscn6093.jpg

仕入先で見たこういった形の入庫状況。このトラックは20トン超えでして、大きな問屋さんお場合は仕入れもトン単位なのでスケールが違いますよね。

dscn6095.jpg

最近コンビニも改装ラッシュなのかな

dscn6099.jpg

庄堺公園。ここで15日にイベントがあるそうでして

dscn6114.jpg

題して「フィットウィル彦根サンクスフェスタ」。私の場合この日の能登川ふれあいフェア―にも行けない状態なので「ふぅ~ん」ってな感じになっていますが

dscn6115.jpg

こうした体験コーナー、小学校の同級生K出さんが行うそうでみんな活躍してるなあ~と思っています

dscn6113.jpg

ちなみに我が同友餃子省の岩崎君も出店するとの事です。ちなみに名は餃子省ですが販売はプリンです

dscn6110.jpg

彦根の人々はこの選手の記録、ほんとにうれしく感じています。私の友人の奥さんも彼の幼少期のころ通っていた幼稚園(保育園かもしれない)の時仕事関係でその園にいたそうなのですがそうしたことでも「縁」を感じて喜んでいます

dscn6103.jpg

他人様ですがこの工房というかお爺さんがしておられた建具関係の仕事場がなくなるのは寂しいです。

dscn6101.jpg

ずいぶん前にやめられた飲食店で、ここの天丼が好きでした。こうして長年やってこられた店が店主の高齢等で廃業されること最近「絶めし」ってな言い方しているそうです。能登川でも私の記憶間違いなければ昭和50年代巡礼街道沿いに「やぐるま食堂」という店があったような気がします。八日市地区でも「ハート食堂」彦根でも都市化計画以前には彦根駅前にちょっとした大衆食堂、長浜では「まんちん軒」。チェーン展開する外食に押されてやめられたのではなく店主の高齢化、後継者なし、店舗が道路拡張等で立ち退きになったのを機会に廃業などいつまでもあってほしいお店がなくなるのはほんと寂しい限りです。私は建物は安普請でもいいので皆さんに好かれる店をやってみたく思っています。ただ、地域性のあるので一言ではコンセプトもお話しにくいですが飲食店はこの数年間減りっぱなしなんですよ

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 12:54:18  コメント (0)