大祭前日やな~

大祭の前日ですが月末の年度末で祭りのことにまで気がまわらなかった寛珍でした

dscn3806.jpg

天気、明日は何とかもちそうです

dscn3807.jpg

お義母さんから「かんらん採れたで」と言われ炒め物とかにしようと思っています

dscn3775.jpg

某得意先。その宿泊施設に毎年春になるととある会社の新人研修が行われるのですが、その研修が時代遅れというか昔流行った軍隊調でしてうるさい事うるさい事・・・得意先の宿泊客なのでいわゆる「よその人」と思えばどおってことないですが、昔設備会社の空調メーカーの研修(いわゆる勉強会というか説明会)があり、全国から来られたのですがその中の会社がその軍隊調でして、大声で返事するわ気持ち悪いくらいにてきぱきと歩いたりするので我々そのほかの会社から勉強に来ている人間にとってこの8人くらいが「うっとおしい」存在でした。極めつけは風呂の時間、真っ裸でスクラム組んで例えていうなら「そ~らにひろが~るっでっかい太陽~っ!」みたいな歌を大声で歌い始めほんと迷惑したのを思い出しました。会社に帰り上司に研修報告したときその会社の話したら「うちは28人の社員、あちらは100人以上。そやけどな、経常利益はうちの方が上。大声張り上げて利益が出ると思ってるんかな~」と皮肉っておられました

dscn3804.jpg

セットするほど髪の毛なくなった私は家の者が使うこうしたの見てふと思うのですがこの「マイナスイオン」ってずいぶん昔流行ったなあ~でもマイナスイオンってな名称は学術的なものでなく存在自体が曖昧なんです。この流行った根拠の一つが滝などで水滴が急激に微粒化されると大きな水滴は正に、小さな水滴は負に帯電し大きな水滴は早く落ちてしまうことから周囲の空気は負の電気を浴びるという「レナード効果」なんですが、これが拡大解釈され滝や噴水の近くに行くと気分が爽快になるのは空気が負の電気を帯びているからとされ、やれ森林浴で気持ちが落ち着くのはマイナスイオンのおかげ、都会にはプラスイオンが多いからイライラするとまで解釈されてしまったんです。さらに「滝行など日本古来の修行はマイナスイオンを取り入れる先人の知恵」とまで謳われその手の家電製品が売れまくった時期があったよな~あたしゃマイナスでもプラスでもよいので毛が生えやしないかと思っています

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:53:22  コメント (0)

気がつきゃ

農業関係の書類や会合の案内ばかりに気を取られ商売人が所属している商工会からのに何も目を通さずにいまして。ふと我に返ったように確認し始めました

dscn3797.jpg

今後の色んな事柄についての文章、総会の案内、商売人が今後にかかわる事柄(例:軽減税率等)についてなどが同封されていました

dscn3792.jpg

総会が行われるこの日、農事関係で何もなかったよなあ~と不安です。商工会の場合各々(おのおの)の商売に関することですので農業関係の様にいわゆる「集団での」というのが少なく補助、助成、交付金も個人商店の場合農事関係に比べ極端に少ないのでここにきて商工会の方が楽だな~と思ったりしています。農業関係、詳しくは申せませんが例えば「水田活用・・・」と書かれてあるのは何に対するものなのか、しれはいつ各戸に振り分けるべきなのか、それも含む表はパソのどこにあってどのように処理するのかなどひとつの文章が来ると一日あ~でもないこ~でもないと過去の実績見てます

dscn3793.jpg

そんな中、地元消防団を応援しようという案内が入っていました。簡単に言うと団員さんやそのご家族が買いに(飲食なども含む)来られたら割引したりしてくれませんかという話なのです。

dscn3795.jpg

これは滋賀県知事あてに出す申請書類です。近く飲食店をとまるで怨念のように考えている私はもし成就(成仏じゃないよ)したらこうしたスタイルで皆さんに飲食してもらおうかとも思っています。また、こうしたことなどの説明会、講習会、政策に関する講習会などもあるので勉強に行きたいのですが今年は無理なのかなあと思っています。27年度の組合長さんは「11月くらいまで頑張られたらあとは事務処理くらいでそこら辺までの辛抱ですよ、今年度は役員ではないがなんなりと言ってね」とアドバイスいただき物凄く嬉しかったです。

 dscn3799.jpg

オープンされたKさんのお店、かっこ良いな~私など小屋でも建ててカウンターとちょこちょこっとしたテーブルのおでん屋さんでと思っていますので少なくともこちらさんのような高級なイメージとはかけ離れていますわ。私が考えてるような倉庫の出来損ないのようなのに果たしてお客さん、来てくれるんやろかとも思うのですがそれも「身の丈」にあってるとも思うのでそれで行こうと思っています。

dscn3801.jpg

そして今日も農協さんへ。数々の分からないことを教えてもらいに寄せていただいています。これまた詳しい事は言えないですがとある方が退職と言いましょうか引退されるらしく正直自分本位ですがもう1年いてほしかったです。この春から商工会も人事が変わりますし私は百姓関係の責任者として一年生、息子や娘もおのおの一年生。全てひっくるめての真新しい春になりそうです

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 15:40:32  コメント (0)

今年最後の小ネタ

ってな言い方で今日のタイトル・・・乗り切ろっと

dscn3784.jpg

来月麦の畦畔の除草に使う薬剤が入荷しました。希釈倍率100~150倍。ちゅ~ことは10リッターで1Kリットル作れる計算になります。今回300リッタータンクと500リッタータンクをスタンバイしますのでこのふたつのタンク分だと10ℓので十分ということになりますので残りは農協さんに返品することになろうかと思います。

dscn3776.jpg

ほんとに気になる店です

dscn3777.jpg

この「傷んだ舗装をなおす」というの・・・舗装という意味そのものが道路とかの耐久力を増すためにコンクリート、アスファルト、砂利など敷きつめる事なのでなんだか違和感あるようにも思えますが言葉としてあっているらしく頭痛を治すと同じ意味と解釈しました

dscn3778.jpg

得意先「餃子省」さんへの納品の帰り道。この付近には幼馴染が多くふと「ぶんちん、病気したらしいが大丈夫かな~」とか「パンクロ、今も教官してるかな~」とか思ったりしてしまいます。餃子省オーナーシェフのまこちゃんから今年小学校の同窓会があるらしいとの事ですがあるとしたら秋らしく、たぶん非農家ばかりの私の出身小学校なので私が麦の播種しているころに開かれそうで私・・・欠席せねばならないんだろうな~

dscn3779.jpg

この芹川沿いの道路の桜が満開になるのも近そうです

dscn3780.jpg

前行く冷凍車は私の古巣「山大商事」さんの配送便です。来年でこの会社を退職して30年目になります。同期で残っているのはN君くらいです。今から思えば結構楽しくサラリーマン生活していました。と、言うのも営業成績こそは気にしつつの毎日でしたが経営責任取らずに済みましたもん。

 dscn3781.jpg

私は実家近くのこの景色が好きです。ひところ(昭和40年代)少し高めのフェンスが張られてありまして、多分小学生だった私はこのフェンスが高く思えたんでしょう。こう言った時間のこういった雰囲気の時自分の胸の中でいつも「石畳の坂を登れば海の見える丘に・・・」という柳ジョージさんの歌を思い出します。今はもう聞こえない連れの(この歌ではおふくろですが)下手なカラオケ(この歌ではブルースですが)と替え歌したりしていました。もう春と言ってよいと思いますね。いよいよこの土日は西郡神社、春の大祭。この2日間の前にしなきゃいけない仕事(どらとか)しておかなきゃ・・・

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 21:59:42  コメント (2)