どら焼きのある風景PART219・・・2回目の奥永源寺渓流の里スペシャルサンデー

先週に引き続き今週も奥永源寺渓流の里に寄せていただきました

dscn0982.jpg

今日は町内の河川清掃の日ですがこう言った仕事の事情で義父さんに出ていただくことにしました。

dscn0985.jpg

早朝の奥永源寺渓流の里の駐車場。中央部分にヘリのマークがあります

dscn1021.jpg

来月に訓練があり、そのとき駐車場が時間帯によっては使えないとの張り紙。

dscn1009.jpg

山間部ではこうした電線などがあり「山岳救助」などに関しては慎重なる操縦が要求されます。うちの近所の方でずいぶん昔、和歌山(たしか・・・)でヘリに乗っていて仕事していて(取材か何か)墜落(高圧線に引っかかったと聞いている)し、九死に一生を得られた方がおられます。ちなみにこの鉄塔のスタイル・・・・確か業界用語(?)で「ヒトデ」とかいうと聞いています。

dscn0988.jpg

駐車場で各来場者用に駐車スペースの調整しておられるこの方は元この地域の学校の先生でいらっしゃいます

dscn0984.jpg

この格好して出店準備しているとよく農協関係者と間違われます。今日もいきなり「みずかがみ」というお米ですがいつ頃取れるんですか?と神戸ナンバーの車のお客さんに聞かれなんで私に?とも思ったのですがそれ以上に水かがみの名前なんで知っているの?そんなに有名?と思って駐車場に戻ったら

dscn1002.jpg

ご丁寧に水かがみ水かがみ水かがみ・・・・・のぼりだらけ。これじゃもう収穫が始まったと思われても仕方ないですな~

dscn0992.jpg

ガスで湯を沸かしたりといつもの段取りで一息ついているjころ

dscn0990.jpg

隣の出展ブースの方々が来られました

dscn1004.jpg

南伊勢町からの観光PRの方々です。また、観光pRと共にサザエなどの販売もされています

dscn1003.jpg

南伊勢町のビッグダディ(失礼しました)・・・でなく魚介類でおなじみ「山藤」さんです。ちなみにその隣はイワナの塩焼きなどしておられる地元の方

dscn0997.jpg

このおやじ・・いつもスタートの時はすんごい炎と煙と灰を出されます。

dscn0998.jpg

お隣さんへスモークチキンを差し入れたらサザエをいただきました。この山間でサザエを頂けるとは~幸せです

dscn1018.jpg

これはこの道の駅の前は中学校だったのでその体育館がそのままいろんなことに使われています。校歌があったり学校だったんだなあ~と感じます。この旧永源寺町には何かと思いでありまして30年前私は食品卸の会社でこの永源寺地区の学校給食の担当していたころがありました。当時は政所小学校にも寄せていただいておりまして、納品にうががった時いつもお茶を頂いたりした思い出があります。また今・・・だったらもう言ってもよいと思うんですが、私・・・山上小学校のとある女性が好きで会社の慰安旅行のお土産を渡したらお礼にとキツネのぬいぐるみくれまして、その後何度となく話す機会もあったのですがこれと言って誘うこともなく終わった「若かりし頃」の思い出もたっぷりある地なんです。この人に会いたくて何かと理由付けては(商品の紹介など)しょっちゅう永源寺に行っていたのでおかげさんで当時在籍していた会社のデータ上この永源寺地区の売り上げは過去にも先にも私の担当時期がダントツでした。簡単に言えば好みでセールスしていたようなもんです。ちなみにこの方は永源寺の方ではなく確か浅井町の方で学校の近くに独り住まいしておられました・・・・・ほんと若かりし頃の話です

dscn1016.jpg

その学校の横を流れる愛知川。きれいな文字通り「渓流」ですね

dscn1024.jpg

そんなこんなで4時、後片付けして今回の2週連続の出店は幕を閉じました・・・よくよく考えてみたらどら焼きのある風景やのにもかかわらずどら焼きが写っていませんでした・・・すんません

Filed under: どら焼のある風景 — admin 20:18:04  コメント (0)

7月最後の土曜は

明日も「奥永源寺渓流の里」でのイベントに参加する為燻したり前もって得意先へ配達したりの土曜です

dscn0973.jpg

鶏肉も数本なら加工していても食欲わきますが200本となるとこの炎天下「嫌」になります

dscn0974.jpg

燻しつつふと外を見るとお隣さんが植えておられるひまわり。昨日も思ったのですがやっぱひまわりは夏っ!てな感じですね。

dscn0968.jpg

燻し終えて能登川駅の東側にあるとあるお客さんへの納品時に見かけた風景。いよいよ例の隧道の工事も始まるのかなあ~と思っています

dscn0970.jpg

この盛り土してあるところに昭和時代喫茶店がありました。そんな時代のこと知る人も少なくなっただろうなあ~

dscn0971.jpg

その反対方向に目をやると「床熊」さんが見えます。私、今は息子の同級生の親御さんが経営なされている「市田理容店」さんにお世話になっているのでこの数年寄せてもらったことないですが今も彼は「ロックンロール」です。元々彼、50歳超えたら子供もひと段落するのでちょい「決めた」かっこうさせてもらうぞと言っていたらしくそれを実行しておられるみたいです。私の住む町にもこのお店の常連さんがおられ「こうちゃん」「けいちゃん」など皆さん散髪に行っておられるようです。私は元々友人「も~ちゃん」が経営するお店でカットしてもらっていましたが結婚してなにかと時間の都合がつかなくなってからはこの能登川にて散髪するようになりました。髪の毛で言いますと私のようなこの年になりますと今も「持ちこたえている」人と「そうでもない人」に分かれてきます。結婚して間がないころ消防団への勧誘があったのですがその時の方、最初年上と思っていました。その後年下と聞き人を頭で判断してはいけないと反省したことがあります。でも始まり(出会い)がそうだったので今もたまに敬語になったりします。とある寄合の時私が彼に敬語で話すので「お前のほうが年上なんだから対等な言葉使いしたほうが向こうも気楽だぞ」と言われなおそうと思ったことがあります。 その時そういったアドバイスしてくれた人が「あいつははげ散らかしているが若いんやぞ」と言われ妙な表現にその日一日中笑っていたことがあります・・・でも・・・だんだん人のこと言えなくなりました。

dscn0975.jpg

明日は河川清掃の日ですがイベントへの出店のため義父さんに出てもらうことにしました

dscn0976.jpg

こうした河川清掃、例えばこの川は「一級河川」ですので清掃などは地域の人たちの協力のもときれいにしますがこの川の何らかの変更は相当大変と聞いています。例えば極端な話この川にふたなどしようと計画したものなら実現するのにものすごい労力(事務的な)と時間、費用負担についての監督官庁との折衝、当然どこからどこまでかなどの隣接する自治会との打ち合わせなどで大変と聞いています。滋賀県の河川はすべて一級河川でどんなに狭い川幅のでも一級河川となれば今述べたことと同じです。とある方で川幅1メーターほどの川に水車のようなのを取り付け電気を起こそうと考案されたのですが、国土交通省から「ここに船舶が未来永劫通らないという証明を出せ」と言われて諦めたそうです。そんなこと言いつつ明日のイベントに備えて今からどら焼きを焼きますわ

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 12:40:07  コメント (0)

夏ですね~

愛東マーガレットステーションのまるごと食館さん裏の畑がきれいです。

42000443-e61e-4999-9ea1-ed2ca37136bd.jpg

ひまわりが満開です。夏!ですな~ お日様の場所が向こう側だったのでみんなあっち向いてこちらに顔向けてもらえませんでした(^^) 

Filed under: 湖国・近江だより — admin 23:32:46  コメント (0)