あくびしながらの代掻き

今日は朝というより夜中にどら焼きを作り朝9時から代掻きしていました。

dscf3638.jpg

百姓していない方にとってはこの風景で「代掻き」といっても昨日とないが違うの?と思われることと思います。簡単に言えば田植えする直前、苗を植えられるように整地するってな意味合いです

 dscf3637.jpg

お義父さんとその甥にあたる方となにやらお話しておられます。彼、トラブっていたトラクターが昨日修理から帰ってきたとのことだそうです

dscf3639.jpg

田植えしておられる方も見られいよいよ農繁期だなあ~と感じつつ眠い目こすり続け・・・

dscf3640.jpg

風もなく天気も良いことがとにかく睡魔を誘います

dscf3641.jpg

田んぼ見たら

dscf3642.jpg

テニスボールが。ラケットが生えて来たら困るので(んなあほな)どけました。いろんなものが田んぼには落ちていたりします

dscf3645.jpg

向こう側では営農組合さんが田植え作業しておられます。話変わりますが、代掻きしながらふと思ったんですが私の子供も修学旅行に行ったりしまして、高校での修学旅行も各校いろんなところへ行かれますね。実は先週スモークチキンを買ってくださったお客さんで、その方のお子さんが通う高校は某国に行くらしいのでですが保護者はその行き先に大方反対で署名活動してでも変更してほしいとのことなんです。何が何でもそこに行かねばならない理由もさしてなく、とあるウィルスが蔓延した年以外はがんとして学校側は行く先変更しないそうなんです。私の関係する学校でもないこともあり学校名は控えますし行く先も控えますが、その方、保護者会で学校側に台湾や沖縄にと提案されたそうなんですがそれも却下。考え方といってはいけないし誤解招くが「がちがち」の学校も通わせた後困ることがあると 嘆いておられました。

Filed under: 農業 — admin 19:24:56  コメント (0)

昨日今日と

昨日は雨で今日は風がきつく、配達もそうでしたがトラクター作業もつらかったです

dscf3587.jpg

昨日の配達先で見たお店、ドラッグストアーです。彦根市内の南彦根駅西側にできたお店なのですが彦根市内こうしたチェーン展開するお店、私の知るだけでも5社あり(K・U・S・Tとこの店)まさにこうしたドラッグストアーも戦国時代に入った様相です。

 dscf3589.jpg

このラーメン屋さんのちゃんぽん、好きです

dscf3591.jpg

このテナントビルですが最近中々店子が入っていないようですね。立地としては南彦根駅の真ん前なのになぜに入られる人が現れないんだろうと思います

dscf3593.jpg

この看板の会社にかつて友人「伸ちゃん」が務めていました。今から30年以上前、彼が面接を受けるということで福井県は敦賀までついていったことがあります。「どうだった?」と聞いたら「Aちゃんみたいなリーゼントの人が面接してくれた」とのこと。無事就職ししばらく働いていた彼、保育士(当時は保母さんと呼んでいた)さんと交際していて、社内ではあまり社員と保母さんの交際をよく思っていなかったのでそれならばとあっさり退職し、M製作所に転職しました。なんと彼女(現奥さん)思いなんだと感動していたのですが、実際はそうでないと最近聞いて彼の当時の行動に吹き出してしまったことがあります。で、この会社のオートジャイロには定評がるそうです。で、オートジャイロというと航空機のイメージがあるのですが肥料まきの時に使うラジコンヘリなどにも搭載されているのかな~

dscf3599.jpg

マージャンなどもできるお店です。マージャンは今している人いるんだろうか?結婚してここ能登川にきてしている人見たことないですし、雀荘(じゃんそう)なんてのが彦根市内にもありましたがそれもあまり見かけなくなりました。私の友人も若い頃よくしていましたがどうもじっとしているのが苦手なものでしたので「買出しに行ってきたげるわ」などと言いいつもバイクや車でそこら辺をうろついていました。そうしたら友人から「お前~どこの店に行ってたんだ」とよく 言われたりしていました。そりゃテイクアウトの弁当屋に行くといって夜10時に出て夜中の2時ころに戻ってきたらあきれるわな

dscf3601.jpg

いつも調理器具などでお世話になっている「坂商」さんの店にとある器具を買いに行く途中に見たこのお店、向こう側のテナント募集のお店はかつておうどん屋さんでした。弟さんが彦根駅前で中か料理屋さんを営んでおられ納品でよくお世話になりました。

dscf3604.jpg

名神高速彦根インターから国道8号線に向かう途中に見かけたこの店舗。リサイクルショップなのですが

dscf3605.jpg

この「中華食品」というのが気になります。厨房機器でなく食品、例えば「冬筍」、ちゅごくの言い方で「とんすん」と言いますがこうした筍やそれこそもっと高級な中華食材でも扱っておられるのかな~ちなみにこの筍は種類「孟宗竹」でメンマに使われる「麻竹」より柔らかく和食の方々にも人気です。

dscf3606.jpg

この看板、ずいぶん前から掲げられていまして、この植え込みの木が成長し、とうとう半分しか見えなくなりました。

dscf3608.jpg

この通りは昔こんなに広くなく、小学生のころなど交通量もさほどありませんでした。この近くには友人「おひろどん」の会社があったり、35年ほど前には「テイク」という喫茶店があったりしました。この喫茶店には当時はやりの「インベーダーゲーム」などがありコーヒー代よりゲーム代のほうがかかった時代でもありました。とある喫茶の元マスターに来たらああいったゲームを並べての時代がむちゃくちゃ儲かったと話しておられました。でも普通の喫茶店より店を閉められるスピードも速く、今も彦根市内でやっておられるお店は当時からそういった機器を置いておられませんでした。ある意味時代に流されなかった(変な流行に乗らなかった)お店だけが長続きしているんですね

dscf3609.jpg

京町通というより私は今でも「東新町」ってな言い方してしまいます。

dscf3610.jpg

このお店によくおばあちゃんとお仏壇のもの(線香とかろうそくとか)買いに寄せていただきました。

 dscf3611.jpg

ケーキ屋さんのあとがお総菜屋さん。そして今はテナント募集中です

dscf3613.jpg

いつも思うのですがこうしたテナント募集の建物、店子が入らない時期が続くとそこだけいわゆる「歯抜け」状態になり、その歯抜けが連鎖するとビルの運営にも響くんじゃないかと思います。飲食店の場合次から次へと店が出きては撤退する建物ありますが「立地が悪い」「テナント料金が高い」「放漫経営」でさえなかったら(味が悪すぎるのは論外)そこそこやっていけると思うんですが、数年前テナントに入って1~2年で辞められた方の話で驚いたのが「もっと儲かると思っていた」で、その方十分な年収あったのに彼の理想はその倍だったらしく、思わずその方に「都会での集客計算をこの滋賀に当てはめても無理ですよ」といったことがあります。 

dscf3623.jpg

甲良町では5月5日に藤まつりが開催されるみたいです。こうした祭り、私の実家彦根でも千代神社の春の大祭が行われいつも実家にて渡御を見ます。この「お渡り」でびっくりしたことがありまして、結婚して間がないころお渡りみていたら一人の女性が家内に話しかけ話が盛り上がっているみたいでして家内に小声で「どちらさん?」 と聞いたら局長さん(屋号ではないですが)とこの娘さん、つ~かあっちゃんのお姉さんと紹介され、思わず「私、躰光寺という所の神社の近くに住む・・・」と言ったら「わかってます」と笑われたこと思い出しました。千代神社のお渡りの長さにさぞ驚いておられたことと思います。とにかくすんごい距離なんだから・・・

dscf3628.jpg

昨日の帰宅間際はこのようにかなりの風でした

dscf3633.jpg

で、今日はトラクター作業

dscf3635.jpg

結構気温低く寒かったです。こうしたキャビン付きのトラクターは中、暖かそうですな~このタイプのトラクターに乗る方、大体右でハンドル握り左はひじ掛けのようなスタイルになられます。

dscf3636.jpg

ほ場変えての作業時に見かけた作業しておられる様子。こうして親子にて「我が家の田を守るぞ!」というのを見ると義父・・・張り切って「うちもSいっつぁんとこのようにならんといかん!」と張り切って田んぼに来てはぶつぶついわはります。

dscf3634.jpg

こうしたトラクター作業で隅のほうに土が寄るので確か一度トラクターニュートラルにして3秒ほどカチャカチャっとさしてから前に進むのが良いといったの思い出し早速実践しました。ばっちりです・・・明日は代掻き・・・朝からすると聞いていますがそうなると仕込んだりの作業は夜中やな~

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 17:29:26  コメント (0)

どら焼きのある風景PART214・初節句用

連休直前ということで皆さん明日からの連休にワクワクされているとことと思います。この連休には端午の節句もあり、とある方からお孫さんへのお祝いにとどら焼きの注文を受けました

dscf3632.jpg

こうした初節句はめでたくもありまたかわいいお孫さんの初の節句ということでお届けに上がっても私もにこやかに対応できます。仏事や葬式の時はどちらかというと神妙な顔で納品しないとにこやかにとはいきませんもんで・・・どうぞこうしためでたい時に美湖母湖のオリジナルシールでのどら焼きをよろしくお願いいたします

Filed under: どら焼のある風景 — admin 17:23:49  コメント (0)