月末雪降らず助かった

今日は今年最初の月末と言う事であちらこちらに配達に行ったり集金などしていました

dscf2651.jpg

ダイハツのディーラーさん。このメーカーもトヨタの子会社になり今後の展開がどのようになるのかと思っています。軽四輪も昔と違いずいぶん進化したと思います。まず広さ、昔のとは違いFF車になった事もあってか比べものにならないくらい車内が広くなったと思います。スピード、昭和の時代にはそんなに出なかったスピードですが今や普通車とそん色なく走れるようになりました。そしてなんといっても燃費、私たち夫婦は最初アトレーと言う車に乗っていたのですが4駆とはいえどんなにエコ運転してもリッター辺り8Kくらいしか走らなかったが今や13Kほどになったとか。軽の中にはリッター辺り30Kほどの燃費が登場するまで技術が向上しました。税金も安くて喜んでいる私ですがじわじわ税金も上がるとの事。どんな話ししていても最後には税金の話し・・・辛いですわ

dscf2653.jpg

餃子省さん生ビール始められました。仕事で寄せてもらったり、車で寄せてもらってさえいなきゃ餃子を「あて」に一杯・・・といきたいところなんですがね~さて、UPしている今得意先から連絡がありましたので申し訳ない・・今日はこの辺で

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 18:35:38  コメント (0)

あちらこちらへ・・・

湖西方面への配達しつつの感じたりした事の・・・・・・です

dscf2601.jpg

大中辺りでは夏場あちらこちらでスイカの直売されています

dscf2600.jpg

この時期だとイチゴですね。このイチゴもいろんなブランドがあり熱心に取り組んでおられる方もあります

dscf2602.jpg

工事中と思われるこのマンション。もう四半世紀前になりますがリゾートマンションってな言葉が流行り、別荘のマンションバージョンのようなのが流行った時期がありました。別荘、マンションに限らず静かな空気の良い田舎に来られる方も多く、得意先の調理員さんが都会から「田舎暮らしもよいんじゃないか」と思って某保養所の調理員しつつご夫婦で近くの空き家を購入して暮らしておられました。30年ほど前の話でその時その方40歳前半だったのですがいざ今になると 不便さが身にしみてきたと話しておられました。

dscf2603.jpg

琵琶湖大橋から見る比良山系。テレビのニュースでは積雪の事を報じていますが今現在はどちらかと言うと雪がないので妙な気持ちになっています

dscf2607.jpg

昨年閉店したお店の後に

dscf2606.jpg

新たにまたお店がオープンしました。今回もイタリア系のお店です。こういった場合厨房機器などがそのままだとすぐにでもオープンできるので楽だろうなあと思います

 dscf2610.jpg

いろんなお店、オーナーさんが変わったりしますね。継続することの難しさを感じたりしますが、そう思うとこのお店はいつからやっておられるのかな~

dscf2612.jpg

こうした道路の標識、見にくいと思いますが✕している真ん中、「大八車」が描かれていますが私、こうして滋賀県内ぐるぐる回っていますが最近見たことないですし、リアカーでもそうなんですがそもそも一般道でもそれを引いて歩いたら通行の邪魔になるご時世なのでこの大八車の絵はそろそろ書かなくても良いような気がするんですがね~

 dscf2613.jpg

これが真冬の161号線かと思うほど残雪も含め雪が全くない状態です

dscf2614.jpg

私の得意先の特別養護老人ホームさんの車両です。この施設ではナンバーがうまい具合に統一されていまして

dscf2615.jpg

大方の車が4165・・・すなわち「良い老後」となっています。

dscf2616.jpg

午後2時頃です。冬の琵琶湖は少しさみしく感じますね

dscf2617.jpg

このお店、久しぶりに見ました。ずっと続けておられたことに感激

dscf2627.jpg

昔勤めていた会社では業務用無線でやり取りしていました。ところが勤めていた会社の社長はとにかくせっかちで納品など車から離れていても「〇〇応答願います〇〇応答願います」をしつこく連呼しつつポケットベルも何回も鳴らしつつとにかく無線に出るまで凄かったんです。そして無線に出ると「おい~っどこにおるの~っ!」と怒り出し「なんのために無線あるのかわからんわ~」と勝手に呆れられたりしました。各会社の営業マンの車にこうした無線がついていた古き良き時代から今や携帯、とある会社では支給された携帯にはGPS機能がついているものだから誰が今どこにいるのか丸分かり・・・

dscf2652.jpg

五個荘にあったとあるお店が閉店しました。このチェーン店の能登川店が出来る予定でしたが都合によりこのお店と共に能登川での話しもなくなってしまいました。個人の飲食店も含め外食産業はその時の流行りなどの空気、立地などロケーションの変化などで左右され、ほんと継続の難しさを考えさせられます。私の場合、仮に飲食点したところで私の年齢から干支が一回転(12年)程しか運営できないんじゃないと思っています。それがゆえに店するとしても資金回収の観点から「掘っ建て小屋」の姉さんのような店しか作れないと思っています。そう思うと皆さん開店に向け大金を借りたりと勇気あるなあとつくづく尊敬すらしています

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 17:15:01  コメント (0)

観光振興セミナー

来月私共の所属する東近江観光協会の勉強会があるので勉強しに寄せてもらうつもりです

dscf2594.jpg

東近江の観光と言えば永源寺や五個荘の町並みなどがあります。今回講師として大手旅行代理店の統括部長さんがお越しになります。彦根生まれで彦根城の近くにいた私は観光客の方々がいつもいるのが当然のように過ごしてきました。さて結婚し能登川に住むと、住みやすさではこの上ない環境と思うものの観光となるとはてさて「みどころ」が言えないのが正直なところです。 観光は史跡名勝だけでなくその街の空気と言いますか雰囲気を楽しむのもひとつじゃないかと思ったりしていまして、そう言った雰囲気を楽しんだりする観光を「着地型観光」と言うらしいのですが旅行の「プロ」からどのようにすれば賑わうのか勉強したく思っています。昔この協会の方々との親睦会で「能登川に温水プールがありますが、どうせの事あれ・・・プールじゃなく温泉施設にしたら?」と冗談で話していたら「そう言うあほな発想がいいんですよね~」と言われました。あほは余計です!

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 23:29:56  コメント (0)