2015最後のモノローグ

今日で今年も終わりですね。「貧乏商店」の寛珍は今日の朝に仕事終えあちこちの片付けや掃除に追われて今一息ついているところです。

dscf2404.jpg

どら焼きを焼く機械にも「お鏡さん」をセットしどうぞ来る年も宜しくお願いしますと手を合わせました。昔実家で子供が仏壇に手を合わせるので父母が感動したことがありました。しかしそれは帰省した際「手土産」を持参したのですがその持参した手土産を食べたくて手を合わせただけとはとても言えなかったことがありました。

dscf2405.jpg

いろんなのがボードに貼っていまして、婿に来た私はこちらの行事、お宮さんやお寺の作法が分からず困っていたら当時宮世話していたK君が

dscf2406.jpg

「大方参拝者はこのような挨拶されますよ」とアドバイスくれたことがあり、当時ほんとに嬉しかったです。大切にしていたんですが今年からこの宮世話さんの挨拶受けがなくなり結局私は一度もこの挨拶することなくただボードに貼ってあるだけで終わってしまいました。「んじゃ参拝して一言も告げなかったのか?と言われそうですが実は私たち同世代の仲間はこの年末年始とお盆には揃って神社とお寺にお参りしまして、神社ではおけさんに挨拶してもらって私は神妙にうつむいているだけと言う連中一の「手抜き男」なんです。宮世話さんへの挨拶がなくなったとはいえ参拝そのものは今日も明日の行うつもりなんですが今年に限っていつも4人で参拝する神社、今回私一人なんです。今までの中で何とも言えない一人参拝は寂しいです

dscf2408.jpg

そのボードに同じように貼っているのは娘が小学生のころの「肩もみ券」「お手伝い券」でして、思い出したように「これ手伝ってくれ」と言ったら「忙しい」と断られました。んじゃ「肩もんでくれよ」と言ったら「なんでそんなことせなあかんの」と言うのでこの「約束手形」を見せたら「期限切れです」・・・・仕方ないなあ~と思っていたら「お父さん・・・肩ってこらないんじゃないの?」と言いつつしぶしぶ・・・でもね、そんな汚いもの触るように揉まなくっていいんじゃないの?・・・これが子供の成長した時の対応です

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 18:25:02  コメント (0)

年賀状

忙しさの中

dscf2403.jpg

まだ年賀状書いてないんです。明日で今年も終わりなのにどうしよう~世代で年賀状も変わり、最近は喪中葉書が多くなりました。今年もご近所さんに不幸があったりしましたが友人関係でもがっさんのお母さんやへぶちゃんのお母さんが他界されたりと頂く葉書は喪中葉書だったりします。現在はこうしたのが多いですが20~30年ほど前なら結婚したとか子供が出来た、その子どもの写真入りの年賀状が多かったです。又、年賀状に一言添えたりしているのもあったりしました。困るのは抽象的なコメントで「あの事・・・今年もないしょでね」とか「互いに今年こそはあれやめようね」ってなのには貰った本人がなんのことと首をかしげるのもあります。貰ってこっちが恥ずかしかったのはD君の年賀状で「最近ご無沙汰でち〇ち〇夜鳴きしてませんか?いたわってあげて下さい」結婚して間がなく正月義父や義母達がいて 「猫か犬でも飼いたいのか?」と聞かれた事がありました。・・・・つまらんこと話していずに年賀状作りますわ

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:09:07  コメント (0)

カーボンクリーナー

半年に一度の割合でどら焼きを焼く機械の天板(焼く部分)の「カーボン」をとる作業を行います。大晦日にでもすればよいのですが大晦日にもスモークチキンの仕込みなどの予定入っている関係で今日にすることにしたんです

dscf2396.jpg

気温3度の寒い朝に向うは

dscf2327.jpg

彦根にある一刀軒さん。うちのどら焼きを焼く機械を購入した製菓関係の器具販売店です。ここでいわゆる焼き菓子用機械のカーボンを取り除く剥離剤を購入しました

dscf2398.jpg

仕事で使う機械なのでしょっちゅう焼いているとこのように天板も真っ黒。どら焼きの品質には影響しませんが熱の伝わり方がほんの少し違ってきたりもしますので購入当時に近いようにと掃除しています

dscf2399.jpg

この剥離剤、名を「カーボンクリーナー」と言いまして、取扱い要注意の品物なんです

dscf2400.jpg

天板にぬりぬり

dscf2402.jpg

一時間ほどそのままにしておいて拭きとったらこのような状態。明日からどんどん焼いてゆこうと張り切っている寛珍でした

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 21:39:16  コメント (0)