昨日の続き

昨日、「奥永源寺清流の里」の予定地への視察、研修に寄せて頂きまして、その後酒蔵見学などし、その後物産振興委員会の会議、懇親会に出席させて頂いておりました。本来なら続けてUPするところなのですがちょい酔いがまわっておりキーを打ちこんでいても何書いているか分からなくなってきたので今日にその続きをUPすることにしたんです。

dscf7001.jpg

永源寺からの帰り道。かつて私の高校の頃の同級生D君が経営していたお店、ずいぶん前の事ですが不慮の事故で他界してからこのお店、そのままになっています。とにかく面白い友人で、若かりし頃友人が事故しまして今は元気に働き嫁さんや子どもさんもいるのですが当時意識が戻らず病院でみんな落胆している時D君が「えらいこっちゃんけ~」と大声で病院に。すると見舞いに来ていた仲間から「おいっ!Dっ!静かにせいっ!ここは病院やぞ!あいつが植物人間になるかもしれんのに・・・・」 と言ったら「し・・・植物人間ってか!?・・ほんなんやったら~毎日水やりに来なあかんやんけ~」と言ったりする友人でした。しかし友人の事故から20年後まさか自分が事故で亡くなるとは。彼なりのいい方するなら「死んだ本人が一番びっくりしているんちゃうやろか?」

dscf7015.jpg

んなこと思い出しつつ喜多氏の御好意で酒蔵見学をさせていただきました。こうした酒蔵、滋賀県には30ほどあり全国的にも多い方だそうです。

dscf7003.jpg

こうした帽子はもとより手洗いなどして蔵の中へ

dscf7004.jpg

文政年間に出来たこの酒蔵、こちらでは昔ながらの伝統ある製法を守りおいしいお酒を作っておられます。この絵にある樽はこちら様でも昭和30年代頃までは木で作られた樽にて作っていられたそうです。

dscf7006.jpg

中々近くで見せて貰うことが出来ないところまで見学させて頂き感激です。又、お酒の場合、温度、湿度などに神経を注いでおられその「プロの目利き」には敬服します。杜氏さんも11月頃から春先の桜の咲くころまでおられ、こうした「酒作りのプロ」が日本酒のおいしさを守って下さっているんだなあと思うと又々感激

dscf7008.jpg

このアコーデオンのようなので「ぎゅ~っ」とお酒を搾っておられるところでして、この絞った後のが「酒粕」なんです。わたし・・・酒粕ってローラーのようなので絞って成形してるのかと思っていました

dscf7011.jpg

試飲。しぼりたてなど様々なのを試させて頂きました。芳醇な香り、深い味わいなど言葉で言うのは簡単ですがとにかく「物が違う」と言うのを実感しました。で、社長さん、「この後の懇親会にこのお酒、持ち込んでもよろしいですか?」とここには写っていませんが男性に聞いておられ、会場の八日市ロイヤルホテルへの持ち込みについて話しておらまして、私、事情分からなかったものですからなぜにこの男性に聞いているんだろうと思っていました。答えは簡単、男性、ロイヤルホテルの社長さんでした。

dscf7013.jpg

こうした飾り物、「新酒が出来ましたよ」という合図ですな

dscf7014.jpg

昨年度のはこちらへしまっておられます

dscf7016.jpg

続いて会議の会場「八日市ロイヤルホテル」へ

dscf7018.jpg

5時から始まりまして、各会員さん達も資料等に目を通しておられます

dscf7020.jpg

ふるさと納税について、納税に関し自治体からそのお礼に地元特産品を送ろうという動きの話、2015びわこ総文について、来年の会場等での物品販売についての案内、先だって行われた東近江秋祭りの反省点や今後の課題などの取りまとめ、HPの更新方法についてのおはなし、旧五個荘で毎年行われる雛人形スタンプラリー景品内容についてなど多岐にわたっての報告や意見交換かわされました

dscf7023.jpg

んで、懇親会。ここでつい調子に乗って飲んだものだから昨日は中途半端でUPを終えてしまったんです。観光資源に関し、私の生まれ故郷彦根に比べると広域(琵琶湖沿いから三重県境まで)ですし、各所には見どころこそはありますが中々「パンチの効いた」見どころがあるわけでもないようにも思えてしまいます。しかしながら史跡名勝だけにあぐらをかいていて「楽しさ」や「賑やかさ」が失われたらただのさびれた史跡名勝めぐりで終わってしまうことなど考えると。この東近江、掘り起こすといろんな楽しさが見えてくるような場所なんじゃないかな?今からのは冗談と言うか妄想ですが、能登川にいる私の場合、琵琶湖沿いに桟橋作り船で大津などから来て頂き、ノルマンディ上陸作戦ならぬ「能登川ディ~(能登川で)上陸作戦」ってなイベントを打って バスで永源寺まで見所をめぐって頂きその後は湖東三山、多賀大社、彦根城、長浜ってなコースにしてもらえたら面白いんじゃないかと・・・こんなの妄想し始めたらしまいに三重県から来て頂いた方に自転車で能登川まで坂道を楽に降りつつ観光とかきりがないですわ。んなこと言いながら12月の二団体の会議、親睦会(忘年会)も無事終わり今週末の土日、いよいよJAのイベントです。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 15:22:09  コメント (0)