北へ向かいつつ

配達で北へ向かいつつのモノローグです。お付き合いのほどを

dscf2105.jpg

我が町では麦の播種準備の作業が着々とすすめられていました

dscf2106.jpg

隣町では畦塗り作業などされており、稲刈り後の各作業を皆さんしておられるみたいです

dscf2107.jpg

この施設の近くを流れる宇曽川。

dscf2108.jpg

先日の大雨の反動なのかはたまた堆積した泥なのかこの状態では野外活動の「ボート」が出せない状態です

dscf2112.jpg

国道8号線外町交差点付近。今日など比較的スイスイと走れましたが、この間まで名神高速道路が通行止めになっていた事もありかなりの渋滞でした

dscf2113.jpg

鳥居本付近。この駅舎を見るとなぜか落ち着くというか「癒され」ます

dscf2114.jpg

旧近江町あたりです。このコンビニ、近日オープンだそうです。この近くに昔〇大ハムの営業所があり、一度現金持って仕入れに寄せてもらった事がありました

dscf2116.jpg

長浜のお得意さんへの納品終え一路木之本方面へ。旧浅井町も秋が始まった雰囲気です

dscf2117.jpg

高月。能登川同様日本電気硝子の工場があり、こういったスタイルの煙突を見ると親近感がわきます

dscf2119.jpg

木之本。秋口の昼は静かです

dscf2120.jpg

このお店の名、ずいぶん昔に車で走り屋が車高を落としたりすることを「シャコタン」なんて言っていましたが滋賀の一部では「ゴットン」なんて言う人たちもいたのを思い出しました

dscf2121.jpg

木之本の坂道。地蔵さんのある側から駅のある方向に向け撮った写真です

dscf2122.jpg

木之本。大河ドラマでまた注目を浴びそうです

dscf2125.jpg

ハヤミ工産さんです。かん~なり前ここの社長さんにお会いする事がありお話をさせてもらった事があります。昭和58年頃だったと思いますがこの会社の製品ハミロン…(だったと思う)などについて熱く語って下さった事がありました。また、当時は電話機はコードタイプしかなかったことなどから生産も好調だとも聞きました。字が間違っているかもしれなのでひらがなで書きますがお名前、「ごろう」さんだったと記憶しています。今もお元気でおられるかなあ~

dscf2123.jpg

木之本駅近くを走る電車と後ろはヤンマーの工場。そしてススキ・・・秋になったなあ~とちょい感じた寛珍です

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 22:55:10  コメント (0)

朝から晩まで神埼組

とある不測の事態が生じ、神埼組仏教壮年会連盟のすべての仕事をせねばならなくなった私は今日、朝から晩までその仕事に追われっぱなし

dscf2110.jpg

前回に続きグループ研修会の開催のお知らせを30のお寺に向けて連絡、出欠の確認、御供えとかの手配、各仏教壮年会会長からの問合せに対する返答、開催グループのお寺の住職への会場をお借りする段取り・・・春、この役を受けた時にこんなことになってしまうとは夢にも思いませんでした

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 23:19:17  コメント (0)

東近江市ふれあい運動公園

来月13日に行われる商工会主催のイベントの現場を見に行ってきました。先日の台風による雨の被害が色濃く残るこの公園、心配もあり見に行きました

dscf2101.jpg

公園では復旧作業を各業者さん懸命にしておられました

dscf2102.jpg

公園内部ではないですがトラックや車が走るとタイヤ跡が深く刻まれてしまいます

dscf2100.jpg

駐車場も泥がひどかった事を伺わせます

dscf2099.jpg

測候付近ではまだ泥の後がはっきりわかる状態。イベント当日、このままでは風が吹くとかなりの土ぼこりが立つかと思われます

dscf2104.jpg

公園の外ではまだその傷跡が生々しく、先日の台風の特に雨の物凄さを物語っています。彦根でも芹川がもう少しのところまで(危険水位)せまったとか。災害に関してはいつ何時起こるなど予想不可能だけに備えこそはせねばなりませんが出来たら起こらないよう神に祈りたいと思っています。

Filed under: 湖国・近江だより — admin 19:39:58  コメント (0)