天気の合間見て

月末で何かと時間ない土曜ですが雨が降らないからという事で小字「西浦」の稲刈りしました

dscn2309.jpg

近くの田んぼでは営農組合さんが稲刈り作業しておられました。このほど導入したコンバイン。中々のハイテクマシーンです

dscn2311.jpg

このコンバイン。今回営農組合が導入した初のキャビン付コンバインです

dscn2312.jpg

技術ある人にとっては快適な稲刈り作業であろうと思います。

dscn2314.jpg

まるで雪をかき分け疾走するラッセル車のようです

dscn2317.jpg

で、うちのコンバイン。とにかく稲刈りしてすぐに大津方面に行かねばならない事があったため焦って・・・

dscn2318.jpg

小屋にぶつけ

dscn2319.jpg

コンバインの爪・・・非常にまずいのねんのねん~

dscn2175.jpg

お得意さんがパン粉を切らしてうちに代用としてのパン粉の注文が来ました。元々このお客さんが使っておられたパン粉は日本食研さんのでこのパン粉ほどの上物はうちにはないがとりあえず普通のドライパン粉で代用して頂く事にしました

dscn2308.jpg

普通パン粉の中でもこの谷本食品さんのは中々良いパン粉でして、油で揚げてもむらがなく仕上がると好評です。

dscn2316.jpg

このお仏壇やさんに神埼組の関係で寄せて頂きいざ大津へ

dscn2291.jpg

パン粉を注文下さった得意先の納品しいざ大津へ。急いではいましたがあまり焦っても仕方ないので安全運転をと思ったらワンボックスカーの冷凍車が猛スピードで

dscn2292.jpg

駆け抜けて行きました。食品関係でもかつては白トラ(営業:緑ナンバーじゃない)で市場から市場へ者を短時間に運ぶ人たちがいました。映画「トラック野郎」はそういった人々がモデルだったと聞いています。現在の運送関係ではほとんど見かけなくなり会社の営業車でもあまり無茶な運転する人が減ったように思えていただけに「いったいそんなに急いで・・・」と思いました

dscn2293.jpg

大津の堅田のこのお店、お弁当屋さんなのは分かりますが屋号何かな~

dscn2295.jpg

このほど161号線沿いに出来たつけ麺のお店。つけ麺も各地に有名店が出来ましたね。このお店のこの場所に「ミッドナイトクィーン」ってなお店があったような気がします

dscn2297.jpg

今はこうした公園です

dscn2296.jpg

いわゆる市民の憩いの場になっています。ここにかつてビルがありまして、大阪万博を当て込んで造ろうとしたはものの途中で資金がショートし(資金不足に陥る)中断したまま20年ほど放置していた建物があったんです。その後持ち主が変わったりしたらしいのですがそのうち建築基準法が変わり工事しようにもできない状態のまま取り壊されることになったんです。日本初の「爆破」による取り壊しという事で当時は脚光浴びたのですが計算ミスからかうまく最後まで壊れなく余計に中途半端に残ったという事がありました。1970年前後・・・いろんな思惑が交差した161号線です

dscn2302.jpg

見にくいかもしれませんがカップルが利用するホテルなども結構あったそうです。こうしたホテル関係もそうですが今と違いそこまで交通量がなかったのでひそかにって言う事が出来たんじゃないかな~

dscn2304.jpg

飲食店の看板かと思いきや犬の美容室?でした。お品書きも様々ですね

dscn2300.jpg

そんなこと思いつつ大津にある同友ユースカイさんへ。稲刈り作業していた関係で夕方遅くに寄せて頂きました。早いものでこのユースカイさんも創立28年、先代の社長からのお付き合いです。

dscn2301.jpg

規模こそは小さな会社ですがいわゆる「野武士の集団」として彦根の会社からは恐れられていました。又、28年前当時シェアー(占有率)で納品項目では彦根の会社との逆転は不可能と言われていたのをやってのけた(逆転)K森氏、新規獲得は仕入れルートの確立していない会社にとっては不利と言われていたのにもかかわらず半年で50件の安定顧客を獲得したY田氏、当時最強と謳われた彦根の会社の「特販課」のセールスを退けるに至らせたS氏。物量(在庫やメーカーからの条件)、人員(ユース7人、彦根43人)どれをとっても負ける競争(シェアー争い)でもなかったのにユースカイは彦根に対し緻密な販売計画、すなわち企画で勝っていたんです。徹頭徹尾彦根はこの企画に負けたんです。そのモチベーションを今も持ち続けているユースカイさん。ほんと凄い会社です

dscn2306.jpg

そんなこと思い出したりしつつモスバーガーで夕食。今日は帰宅、何時になる事やら

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:27:42  コメント (4)

乾燥機

8月も残すところ後2日となり、本来なら秋の兆しなんて言いたいところですが何かと暑い日々が続いていますね

dscn2289.jpg

今日は昼からちょい雨が降りました。隣のO町の稲刈り作業しておられた方々も撤収しておられました

dscn2290.jpg

うちは半分ほど刈り入れました。かんしゃく起こしつつ毎度のごとく「もうせん!」と言いながらの農繁期、残す半分も結局私がしなきゃならにのも・・・「しゃ~ない」の一言です。町内の方が家の人に「非農家出身の婿さんでやっているの彼くらいで(実は今現在百姓している婿さんは全て農家出身)今現在婿さんで彼以降百姓している人いないんだからそうそう役立たずとか言ったげなさんな」と言って下さってからちょい私に対する態度が変わったようで・・そうだそうだっ!

dscn2288.jpg

これ、別にビルの建設現場じゃないんです。稲刈りをコンバインでしてそのままじゃ駄目ですのでまずは乾燥機ってなのに入れて乾燥さすんです。知らないってのは怖いもんで「それそれ~っ」としこたま入れようとしたらお義父さんから「この(うちの)乾燥機は24石で、2反半ほど分しか入らないからむちゃに刈るなよ」と言われました。で、乾燥機ってどうなっているんですか?と聞いたら怒るのも驚くのも呆れるのも通り越えて「では梯子で登り上からのぞいて見ましょう」と優しく~当たり前ですが暗くてストロボたいて写したのが乾燥機の中身です

dscn2287.jpg

これがシャフトったら言うもんです。入れすぎたら米がここにつかえて折れてしまうそうなんです。これ折るくらい入れようと思ったら3反ほどの田んぼの刈ったのを全て入れないとそうはならないそうです。小字「殿衛」、3.3反。全部刈らなくってよかった・・・

Filed under: 農業 — admin 21:56:08  コメント (0)

月末・・・何やってるんだろう?

卸売りやどら焼き及びスモークチキン製造している私は特にこの月末など2学期に備えた学校給食分の手配段取り等しなきゃならない事が多く時間見てギリギリのところで百姓しているんです

dscn2285.jpg

百姓もさることながらこの仏教壮年会連盟、本音は逃げ出したいくらいです。昨日はこの名刺持って本山に行き聞法会館で差し出し先方、正明(みょうしょう)氏に「お名刺頂けませんか?」と伺ったら横向いて「あ~切らしてます」・・・ほんま無愛想だったなあ~と一日たった今も思います。

dscn2286.jpg

でも大切な打合せで寄せてもらったですし、観光で京都に行ったのではないから昼は遅めの昼食をこのレシートのお店で。ビールとか飲みたかったですが帰宅しての米の袋詰めが待っていると分かっていたので頼む気にもなれず、又会長と二人して匂いが気になるからとギョーザも一人前だけ。時間見てもう一人の副会長さんと能登川で飲みに行きたいもんです。

dscn2251.jpg

とある参加通知。この日、確か仏教壮年会連盟のグループ研修と重なるなあ~今後どんどん重なるので調整する以前の問題で、自分の立場上優先しなきゃならない方に行き、事情説明して同日同時刻の他のを堪忍してもらうようにします

dscn2243.jpg

今日の投稿はえらいとげとげしいなどと感じられる方がいらっしゃったら「正解」です。実は忙っそがしいさなかに稲刈りしましてお義父さんが体調すぐれないものですから見計らう時間もないのにうんせうんせとやっていたんです。ところがお義母さんがやかましく言うもんですから「もうせん!」と言って苗代の田んぼの稲刈り途中でやめて自分の仕事(仕込等)していたんです。家では家内と義母が話しており「実の親子やったら力合わせてこの難局を乗り切るのに」ってな話。余計に火がついて「ほんならH君やK君のような優秀な婿さんにでも稲刈りして貰えよ」「営農さんにでも頼んだらしてくれるだろう」「なんなら今からI君やKさんに電話でお願いしたろうか?」と・・・この週末までこの怒り、収まりそうにない寛珍です。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:09:39  コメント (0)