今年は機械に

機械類の故障や寿命はついてまわるものですが今年ほど痛切に感じた年は無いと思えるほどの年です

img_0329.jpg

籾すりの機械。先日のコンバインに続いて不具合。農機具関係で緊急にクボタさんに来てもらったの、春からこれで4回目・・・

img_0331.jpg

もみをすらなきゃどうする事も出来ない状態。

img_0333.jpg

見てもらってとにかくベルトを交換しようが各部所細部にわたって見てもらっても結論からいえば「どうするかの決断してもらわねば」とのこと。ライスセンターの伝票とかも準備し始めようと思ったはもののその伝票自体ここ15年ほど見たことない・・・ほんと大慌て

img_0330.jpg

この下からにゅ~っと輩出するタイプはかなり古い型だそうで、後はお義父さんの結論待ち・・・買いかえるんですって。おおよそ20年ほど使ったこの籾すり機械、今後も同じくらいは大切に使って行こうと親子して決意新たに・・・ちょっと待っておくれやっしゃ。決意したはものの機械の寿命、20年・・単純に言ったら私・・・新しい籾すり機械と70歳超えるまで付き合う事になるんだなあ~ちゅうことは・・・しまいに「躰光寺唯一の自宅乾燥する人」になるんちゃうやろか?そんでその後も大切に使ったり買いかえたりし、40年ほど経ったら「今もなお伝統的な自宅乾燥をされている小森さんです」なんてケーブルさんとかが取材に来たりして。そして私の遺影の前で息子が「父は今から40年ほど前籾すり機を新たに買い替える時決意したそうで」なんて・・・ええ加減大げさに言うのよそっと。でも、40年後の話は作り話でも20年後自宅乾燥していたらほんと躰光寺で私の所と数件のみになるような気が・・・

img_0334.jpg

このクボタの車を向こうに写し、手前の車は別の為に来てもらった私の仕事関係の業者さん。井戸のポンプが壊れたんです。仕事関係で言うとこの間は冷凍庫が壊れたので難儀していたのに続いて今度は井戸。こればかりは水が何も出ないのでこちらも大弱りしてしまいました

img_0335.jpg

こちらは新たに取り付けたポンプ。従来のが200Wだったのに対し今回400Wにしました。インバータータイプでして、以前のポンプ取り付けたときとは格段よくなっているように思えます。600Wとか1KWとかまでは必要ないと思っています。うちの取引先に1KWタイプのポンプ2基取り付けておられる人がいました。何でもかんでも大出力主義の方でして、昭和58年当時、2000ccのエンジン搭載の車だけでも早かったのに2800ccのエンジンの車乗りなおかつ排気量を増やして大馬力を満喫していたといったあんばいでした。その方が結婚された時お祝いさせてもらったのですが嫁さんも大出力でいらっしゃりました。何事もそうですがその馬力や出力は用途に合わせねば・・・

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:03:51  コメント (0)