かんぴょう探し

学校給食で栄養士さんから「水口かんぴょう」をとご注文頂いておりました。国産使用という観点と地場産と言うことなどからの指定でした

img_9168.jpg

元々月初にいただいていた注文でしたが「かんぴょうの乾物の事だからいつでもある」と思っていたのがそもそもの間違いでした

ca3g0738.jpg

早速水口にある農協さん直営「花野果市(はなやかいち)」へ

ca3g0737.jpg

たいがいの農協さん系の直売所はよく似たレイアウトなのでこういった乾物関係、どこにあるのかおおよその見当がつきました。しかし、なんと予定購入数量に全く足りない事態。店員さんから「今の時期はないです、夏場にならないと・・・」こりゃ弱ったととりあえずせめてもの国産品でどこかの施設に売っていないか探し始めました。彦根、長浜、守山、瀬田などに店舗を展開する某C&C(キャッシュ&キャリー)に問い合わせたら「栃木と言う地名の書かれてあるかんぴょうはありますよ」とのこと。しかしながら元々中国製品が大半を占めるこの店ですので念のため店長に「その袋の裏、産地どう書いてある?」と問い合わせたら「中国です」とのこと。簡単に言ったら中国原材料を栃木で加工しているそうなんです。かんぴょうでは全国区ですが栃木の原材料でないとなると値打ないしな~

ca3g0734.jpg

アグリの郷栗東さんでかんぴょう見たら国産原材料のかんぴょう・・・ありました。でも予定数量に3PC足りない・・・この品の発売元見た長浜市の「近江の館」・・・しゃ~ない。ひとっ走りするか

img_9162.jpg

んで遠路はるばる水口から栗東経由で近江の館まできました

img_9163.jpg

国産にこだわった各品が勢ぞろい。陳列してあるかんぴょう見て本当にうれしそうにしていたからか店員さん「よほどお探しでしたのですね」と言われその経過を話したら驚いて、そしてわざわざありがとうと言われ

img_9165.jpg

黒豆茶を出して下さいました。ただ、急いでいたのでのんびり茶を飲んでいるわけにもいかなかったのですが熱いためグイッと飲むことも出来ず

img_9164.jpg

さましがてら店内見ていました。黒豆とかの販売もしておられるみたいです。大豆や黒豆など「転作」のイメージがありますが、こういった百姓視線で物事見るの・・・自分ながらに呆れています

img_9166.jpg

やれやれ・・・足りなかった3PC、この近江の館で購入しまずは一安心

img_9167.jpg

近江の館の店員さんから粗品でとうがらし梅茶を頂きました。これでも飲みつつ今日は一息つこっと・・・

Filed under: 業界こぼれ話 — admin 19:34:00  コメント (0)