のんびりのモノローグ

先日家でいろんなことがあり春先にでも出て行ってやろうと思っていましたが、ここに来てちょっと落ち着いてきた寛珍です。実家には私の部屋もあるし別に急いで春先からでて行かなくともなどと思えてきました。

img_6152.jpg

娘から「漫画にもどら焼き載っているので・・・」とどら焼きをもっと売ってほしそうなそぶり。んじゃどこかの場所借りておでんとどら焼きの店頭販売でもしょっと・・・

img_6151.jpg

東近江観光協会さん。どら焼きを置かせてもらっています。来年からは観光協会さんが主催されるイベントで販売・・・がんばろっと

img_6115.jpg

とある会合に出席した時頂いたものです

img_6116.jpg

中には傷テープとでも言ったらよいのでしょうか、入っていました。この悪質商法、いろんな商法があります。最近では点検商法の電話があったりしました。公的機関風の口ぶりで、その機関から依頼を受けたかのごとくの話しぶりだったんです。実はその機関、私のよく知る機関だったので、何気なしに「〇〇課の依頼だったら仕方がないけどその場合業者登録コード番号を照合させてくれ」と言ったらガチャリ。又、私のようにお客さんと接することの多い商売人に対し私たちを利用してやれといった、例えて言うとねずみ講やマルチ、聞こえはいいが「ネットワークビジネス」などの勧誘が良くあります。返事はひとつ「それは私の商売ではありません」。最近印象的だったのは法律に反しているかがきわどいですが「〇〇保険(実際は保険じゃない)に入って活動しませんか」でした。この勧誘した男性、私のお客さんの息子さんでこの息子さん、私は彼が2歳の頃から知っているだけに(よく遊んであげた)「悪いな~おっちゃん〇〇保険に若い時から入っているでええわ」と言っているのに「おっちゃん、時代は・・・・」と講釈たれてくるのでとりあえず電話切って早速お母さんに「あかんやないか~あの子・・そんなことしてたら」と電話。お母さんも困惑。しかし勧誘実績がよいのか彼、性格も服装も車も言葉使いも変わってしまい、私の知る幼い頃の彼でなくなっていました。知り合いからのそういった勧誘は断った後ほんと後味の悪いものです。又〇〇買いませんか?〇〇と言う洗剤、サプリを広めてくれませんか?とかが多いですが、私の持論は本当によいものでそれがメジャーだったら宣伝一つでお客さんから「売ってくれ」と言うお話が来ると思うんです。ほんと「浜の真砂は尽きるとも・・・・」ですな。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 19:49:28  コメント (0)