師走手前のモノローグ

明日から師走になりますが今年はいろんな体験、経験したなあ~とはや「振り返ったり」している寛珍です。でもおでん屋とかこの年末には又今までしたことのない経験するかと思うといったい私はいくつまでこういった経験、体験するのだろうと妙に立ち止まってしまいます。前置きとは全く別ですが月末のモノローグ、お付き合いのほどを・・・

img_6078.jpg

彦根の実家にある時刻表。めったに電車に乗らない私ですが、実家にはこの時刻表とは別に近江鉄道の時刻表もあります。ふと「能登川では近江鉄道の時刻表、関係ないものな~と思ったりしました

img_6088.jpg

長浜での一枚。雪のシーズン間近だなあと感じます

img_6081.jpg

保育園の建設。これから急ピッチで行われるのかな~

img_6107.jpg

彦根市内日夏町の交差点。きれいに整備されました。ここの交差点、少し直進する時道路が「それて」いましたがまっすぐなり気持ち良いです。こういった少しずれた交差点で私が普段感じるのは国道8号線五個荘の柳瀬の交差点で八日市方面に行くとき愛知川沿いならば直進でよいのですが旧能登川町内から行こうと思うと右折して左折してとちょい面倒です。まっすぐならないかなあと勝手なこと思ったりしています

img_6080.jpg

とある車屋さんにあった昔の日産ローレル。懐かしくってず~っと見ていました

img_6110.jpg

これは1982年に北海道に行った時の写真。場所は小説にもなった塩狩峠です。お盆に行ったのですが今でしたらまずお盆に旅行など行けないです。ここ最近パソ開いてもユーチューブで「懐かしの」ってなのをついつい見てしまいます。シャネルズ、クリスタルキングなど・・・。自分の年を考えると振り返ることがあっても不思議でないですが、婿って当時を知る友人知人がいないので「思い出話」は出来ず、まるで過去の存在がなかったような生活です。有難いのは躰光寺に脈々と受け継がれている「連中」という制度(?)でして、同世代と言う事もありいろんな意味で助けてももらっています。

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 12:22:57  コメント (2)

業界の単位

業界と言ったら大袈裟ですが家庭でも使われたり百姓でも使われている単位があちらこちらにありますがよくよく知らずに使っていることがあります

img_6105.jpg

これはよくてんぷらなどに使ってもらっている海老です。

img_6106.jpg

このようにぎっしりエビが入っています

img_6104.jpg

このエビ、今は誰にでもわかるように1.8Kgの箱って書いていますが以は4LBSって表記してありました。これは4ポンドですって意味でして、1ポンドは約450g、すなわち1.8Kgという事として解釈され、大方はポンドにて表記されていました。ポンド・・・なぜか私はポンドと聞くとプロレスの「青コーナ~180パウンド~〇〇~っ!」というアナウンスを思い出します

img_5704.jpg

田んぼでよくつかわれるのが「1ヘクタール」って言葉ですが、このヘクタールと言うのは正確に言うと「1ヘクトアール」と言い、ヘクトは100倍という意味なんです。すなわち100アール=1ヘクトアール・・・んでこのヘクトと言うとここ最近気象などで使われている「ヘクトパスカル」ってな言葉がありますね。1980年代は「ミリバール」って呼んでいましたが今はヘストパスカルです。マニアは同じように気圧を計る単位atmという記号を使ったり(結局今もなんのことか分からない)するらしいですが、このヘストパスカルのヘストも田んぼのヘクトアールと同じように100倍って意味があります。んで1気圧は1013.25ヘストパスカルと決まっているらしくこれが標準大気圧と呼ばれているらしいんです。今回、農業関係では台風シーズン時、この天候、特にこのヘストパスカルをどれだけに気にしたことか・・・でも結局小難しい天気図見ずに天気予報で晴れか曇りか雨かだけ聞いて安心したり心配したバカな寛珍でした

Filed under: 美湖母湖モノローグ — admin 20:22:42  コメント (0)

お浜御殿

11月も後わずか。初冬の彦根、松原を通ってみました

img_6090.jpg

松原では「かぶら」を干すためこのように準備がなされています。それこそ彦根人は「えびす講」が終わり、この松原の風景を見ると「いよいよ師走に近づいたな」などと思います

img_6103.jpg

12/4までの間、お浜御殿庭園の特別公開が行われていましたのでちょっとのぞいてみました

img_6102.jpg

閉園直前だったですがなんとか入れてもらえました

img_6093.jpg

この立派なお屋敷はもと彦根市長故井伊直愛(なおよし)さんの家で、ご存じ直愛さんは直弼さんのお孫さんでもありました。

img_6100.jpg

この旧彦根藩松原下屋敷庭園は11代藩主井伊直中によって造営された庭園です。

img_6098.jpg

汐入式の池など工夫を凝らしたこの庭園は国の名勝にも指定されているほど立派です。ちなみに汐入式とは海(この場合湖ですが)の水位と連動して池水面が上下することによって渚の景色が変化するよう意図された手法らしいです

img_6101.jpg

んでこの家には当時井伊市長が住んでおられ、子供の頃「元町子供会」でここに皆でお泊まりして市長さんからいろんなお話を聞かせてもらったことがあります。「昔の殿様」というイメージで緊張していましたが、夜、ステテコ一丁でごろんと寝転がりながらプロ野球見ておられる姿見て「な~んだ、うちの父さんと変わらないやん」と妙に嬉しかったのを思い出しました。

Filed under: 湖国・近江だより — admin 19:32:11  コメント (0)